コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジロ・デ・イタリア 2017 第17ステージ

今日は、じわじわ登りのステージ。
最初2級山岳が2つあって、そのあと3級山岳に対処しつつ、ずっとずっとじわじわじわじわ登っていくような高低表です。
私、このコースの、もっと素人版の距離縮小版かつもうちょい斜度を全体的にゆるやかにしたコースがあったとしても、絶対に登りたくない。


最初、3人の逃げが決まります。
ガスプロム・ルスヴェロのブルットと、UAEのモホリッチ、そしてキャノンデールのピエール・ローラン。

逃げ集団の後ろには、これを追う追走集団。39人。
多い!!
多すぎて、雑然としています。統率があんまりとれてない感じ。
ローランは、途中で逃げるのをやめて、こっちの追走集団に合流します。
先頭は、残された2人で協調して逃げるのですが、ブルットが途中で離れ、最終的にモホリッチ一人で逃げ続けます。

ちなみにメイン集団は、ほぼサンウェブが主導権を握っています。


残り60kmを切ってから、追走集団からアタックが出て、モホリッチを吸収します。
ローランとか、がここに入りました。

残された追走からはディメンションデータのフライレ、モビスターのゴルカ・イサギレ、トレックのジュリアン・ベルナールの3人が飛び出し、先頭集団を目指します。
先頭集団(いっぱい)、第1追走グループ(3人)、第2追走集団(いっぱい)、メイン集団(たくさん)、の構図に。

残り48km地点くらいで、、第1追走グループの3人が先頭集団においつきました。
先頭集団は、これで25人!さっきまで逃げていたモホリッチを始め、UAEが先頭でひきはじめました。
UAEは、この先頭に、ルイ・コスタとコンティ、ポランツェが入っていて、4人です。一番人数を逃げに入れました。

この後ろに、まだ追走集団が残っていて、そのずっと後ろにメイン集団が控えています。
メイン集団は、逃げと追走がざわざわし始めたくらいから、サンウェブ以外のクイックステップやロットNLユンボが引き始めます。


残り44km。
先頭集団とメイン集団の差は、約11分くらいです。
先頭集団にはローランやBMCのヴァンガーデレンとかが残っています。
総合順位争っているチームの選手では、モビスターのサザーランド、ゴルカ・イサギレ、エフデジのジェレミー・ロワなどなど。
そのうちやってきた中間スプリントポイントでは、ディメンションデータのテクレハイマノが飛び出してポイント奪取!

そして、まだメイン集団の牽引はモホリッチへ。
逃げ続け、ずっとずっと先頭で風をうけているモホリッチ。
できるアシストの仕事は、過酷だ。

残り35kmで、先頭集団とメイン集団との差は、約10分くらいになりました。徐々に縮まっては来ています。
その間にまだ残っている追走集団。先頭集団からは、約5分くらい遅れているので、ちょうど真ん中くらいにいます。


残り25km。
先頭とメイン集団とのタイム差は、9分25秒。
先頭集団、まだモホリッチが引いている……。すごすぎる。

メイン集団では、クイックステップががんばっています。
なんでさっきからずっとクイックステップがメイン集団でがんばっているのか、よくわからなかったのですが、UAEのポランツェ、現在、マリア・ビアンカ争いで現状4位なのですね。今日マリア・ビアンカを着ているユンゲルスとは、7分38秒差。
だから、逃げ集団にポランツェ含め4人UAEの選手が入って、ポランツェの総合順位をあげようとしているし、クイックステップは必死にメイン集団をひいて、タイム差がひろ上がらないよう追っているのです。


残り20kmをきって、タイム差は約8分30秒になりました。
メイン集団、今度はチクラミーノを着たガビリアがひいています。
先頭集団では、未だモホリッチが引き続けています。
尋常じゃない。


残り17km。
ついにモホリッチが役目を終え、先頭を離れました。俯いたまま、さっきとは比べ物にならないゆっくりな速度で、ペダルをまわすモホリッチ!
お疲れ様!超かっこよかったよ!!できればもうちょっと映してあげて、カメラさん!!


と、モホリッチが抜けた先頭集団では、すぐにフライレがアタック!!すかさずコンティがチェックに向かいます。
これを皮切りに、先頭でどんどんアタック合戦がおきます。
コンティがアタック、バルビンがアタック、ポランツェがアタック、とにかくみんなでどんどかアタック!!

何度か繰り返す中、残り13.8kmでUAEのコンティのアタックがきまりました!
このとき、メイン集団との差は、タイム差7分を切っています!

しかし、追走になった集団から、またどんどんコンティのところに選手があがってきます。
モビスターのゴルカ・イサギレ、ウィリエールのマッテーオ・ブザート。
続いて、キャノンデールのマイケル・ウッズもきました。トレックのベルナールもいる?
BMCのヴァンガーデレン、UAEのコスタも合流。

いっぱい集まってきたので、コンティがまたアタック!
またみんな、ついてくる。

もう一回コンティが行く!!
みんな、ついてくる!

そうやっているうち、後ろに一旦取り残されていた、元先頭集団の選手たちもまた前に合流します。
人数が増えて、またアタックとチェックのエンドレスリピート!!


残り7km。
キャノンデールのローランが仕掛けたアタックが、決まります!
追走になったほかの選手たちは、UAEを先頭に追いかけ始めます。


残り5km。
ピエール・ロランが単独先頭。
13人の追走集団が、約20秒後ろにいます。
メイン集団は、7分11秒差です。


残り4km。
追走集団、アタックとチェックの繰り返しで、うまくまわりません。
だれもいかないなら行くぜとばかりに、コンティとクイックステップのドリス・デヴェナインが前にでて、またまたコンティを先頭に引きはじめます。

その間、じわじわ差をひろげていく、独走中のロラン。

残り3km。
ロランと追走は、約30秒差です。
これは、ロランかなり有利!?

残り1.5km。
25秒差。
追走集団は、微妙にもめながら、デヴェナインが先頭をひきます。

ロラン、残り1kmを切りました!
ほぼ勝利は確実!
なんどか後ろをふりかえりながら、走り続けるロラン。
残り200m地点をすぎ、ようやく笑顔になって、右手でガッツポーズ!
残り100mからは、両手をひろげて、スポンサー名をアピールし、嬉しそうに、本当に嬉しそうにガッツポーズしながら、ゴール!!!

キャノンデール・ドラパックのピエール・ロラン、ステージ優勝!!
遅れて、24秒差で飛び込んできた追走集団。ここは、ルイ・コスタが先頭をとりました。
でもこの追走集団には残れなかった、UAEのポランツェ。この後ろの集団で、ロランから2分14秒遅れてのゴールとなります。 

ロラン、ゴールしてからも、とってもとっても嬉しそう。
去年、アメリカ籍のキャノンデールに移籍して、でもなかなか結果が出せずにいたロラン。
今回のジロでも総合での入賞が難しくなってからも毎日のように果敢に攻めて、きょうやっと、グランツールでのステージ優勝を果たしたのです。
もらい泣きしてしまった。



さて。
まだまだ後ろにいるメイン集団。
結局、ロランとは7分54秒差で、集団ゴールとなりました。


そんなわけで!
総合のタイム差はまったく動かなかった本日の4賞ジャージの結果!
マリア・ローザは、サンウェブのデュムランのままとなりました。
タイム差も変わらず、2位31秒差キンタナ、3位1分12秒差ニバリ。4位のピノーが2分38秒。5位はザカリンで2分40秒です。
ポランツェは、総合10位に浮上しましたが、現在総合8位のユンゲルスには、1分58秒届かず、マリア・ビアンカクイックステップ・フロアーズのユンゲルスがキープ!
リビアはメイン集団後方で無事ゴールしたので、チクラミーノキープ。
山岳賞も、昨日と一緒でランダがキープです。


ロラン、表彰式でも、とってもとっても嬉しそうでした!
毎日毎日、必ずと言っていいほど、逃げに入ったり勝負に絡んだりと、諦めない走りを見せてくれていたので、どこかでこの頑張りが結果に結びついてほしいと思っていました。
よかったね、ピエール・ロラン。
そして、本当に頑張ったね、マテイ・モホリッチ!!

Amazon.co.jpアソシエイト