コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017 第2ステージ

今日は風の強い平坦ステージでした。
てっきりツールの平坦ステージみたいに、早々に逃げが決まるんだろうと思いきや、
今日はなんと逃げができないステージでした!!

みんなが逃げたがってアタックがことごとく潰された結果逃げが決まらないっていうパターンはそこそこ見たことあるのですが、今日はそうではなくてみんなが逃げたくなくて逃げができないっていうパターン。

まあ珍しい。


それだけ横風分断って恐ろしい作戦だ、とどのチームも認識していて、その対策のために余力使ってるから、余計な作戦はしないってことなのかな。
ツールのときの印象で「どうせスプリントステージで逃げたっていいことないんだろ!」とかって、みんながみんな思っちゃった、とかだったらどうしよう……。


残り75kmあたりで、1チームだけ横風分断作戦を仕掛けました。
トレック・セガフレード!!
が、うまく決まらず、そのままの状態でレースは進んでいきます。
でも、トレックが仕掛けて来たってことは、コンタドールの調子がいいということなのでしょうか?
わくわく。

そこからしばらく、大きなアタックとかはありません。
途中で大きな落車があってリタイアする選手が出てしまったり、いきなりプロトンが止まったから「何!!?」って思ったら踏切で、ものすごい勢いで走り去る電車をみんなで見送ったりしながら、レースは進んでいきます。


残り31km。
やっとここで横風作戦!
しかけたのは、カチューシャ・アルペシン!
時速約70km!はっや!!
それに乗っかって、前から5番目の位置についていたクイックステップのトレンティンがささっと先頭に出て、中間スプリントポイントをとっていきます。

残り28kmを切って、一旦この動きがとまりました。
結局みんな合流。

中間スプリントにかこつけて、あわゆくばこのまま分断しちゃえって思ったしばらく攻撃を続けたけど、うまくいかなかったのでやーめた!っていうことかな。


残り26kmで、今度はクイックステップ・フロアーズが横風分断作戦を開始するか!!?
って思ったけど、一瞬で終わる。

どのチームも、攻撃をしかけるまでは行かないけれど、各チーム前に前にあがってこようとしているので、スピードがだんだんとあがっていきます。


今日の優勝候補は誰だろーな。
個人的には、さっき中間スプリントをとった、クイックステップ・フロアーズのトレンティンが有力なんだけど、去年ブエルタ2勝した、オリカ・スコットのコルトニールセンも気になるところ。
トレックにはデゲンコルブもいるけれど……どうしても、今回のトレックコンタドールのためのチームって感じがするから、どこまでアシストをしてもらえるのかって考えると、条件は決して有利ではないかなあという気もします。
昨年の交通事故から、デゲンコルブはグランツールでは勝てていないから、なんとかうまくいってほしい気持ちもあるのですが……。


残り15km。
集団の先頭はサンウェブです。縦1列、とまではいきませんが、でもそれに近い形で細長く集団がのびています。


残り13km。
先頭がアーゼードゥーゼルとバーレーンメリダになりました。
ちょっとだけさっきより速度感がおちたかな……。時速46kmくらいです。
大きな円状の枝分かれカーブ(ラウンドアバウト)が続いているからかもしれません。


残り10km。
そこそこスピードはかなり出ているはずなのですが、なんだか集団前方が詰まって来ている印象があります。
しかし、残り9kmを切って、各チームがんがんスピードを上げていきました。
最初はサンウェブがちょっとあげましたが、そのあとスカイが主導権を握ります。


残り7km。
スカイが先頭でどんどんスピードをあげていき、だんだん集団先頭が縦1列のかたちに伸びていきます。
スカイの選手が前方5人くらいでがんがんローテーションを組んで回しているのです。


残り5km。
先頭のスカイが減った。もう一人だけ?
代わりにまえに出て来たのはアスタナの選手です。
この時点で、時速は大体60kmくらいです。


残り3km。
先頭はスカイのスタナード!
時速は約70km!
その後ろにアスタナの選手がついていますが、となりにはクイックステップがトレインを組みだしています。

残り2km。
ここでクイックステップがいったぁぁぁ!!
ここで横風分断作戦とは!!さっすがベルギーチーム!
この分断で前方のグループに残った選手の中に、クイックステップは3人!


残り1km。
分断で残った先頭グループの中から、クイックステップの牽引役の選手が一人飛び出しました!
すっと抜け出したときに、二番目に位置しているクイックステップの選手がわざとそのまま追わずに、そのまま独走態勢に!
これ、飛び出したの誰だ……?
今日の優勝候補だった、トレンティンじゃない……。
ランパルトだ!!
慌てて先頭集団に残っていたBMCのオスが追います!


でもこの時点でかなり距離が開いています!
かなり追走グループが迫ってはくるものの、もうランパルトの勝利は覆らない!

クイックステップ・フロアーズのイヴ・ランパルト、ステージ勝利!!

2位が、同タイムで同じくクイックステップのマッテオ・トレンティン。
3位がアクアブルースポートのアダム・ブライスでした。


アシスト役の選手がそのまま勝利っていうと、今年のジロの第1ステージを思い出しますが、今回は横風分断後の先頭グループがクイックステップの主導下にあったのもあって、もっとチームの作戦みたいに見えた感じがしました。万が一追いつかれてもきっちりトレンティンが勝てるぞっていう、クイックステップ勝利の動線ともいうべきものが、残り1kmから見えていたような感じ。
やっぱり横風ステージはクイックステップが強いですね。風が吹けば、クイックステップが勝つ、みたいな。


さあ、4賞ジャージです!
マイヨ・ロホ(総合)も、マイヨ・プントス(ポイント賞)も本日の優勝者、クイックステップ・フロアーズのランパルトがゲット!
マイヨ・モンターニャ(山岳賞)は、今日は山岳ポイントがなかった為、昨日と変わらずニコラス・ロッシュ。
マイヨ・コンビナーダ(複合賞)は、BMCのダニエル・オス。今日はちゃんと壇上で表彰されました!よかった!


さてさて。
明日はもう早速、1級山岳2つ、2級山岳1つと、きっちり山を登るステージです!
でも山頂ゴールじゃなくって、最後の2級を下ってからのゴールになります。

……ぱっとステージ高低表を見たとき、アスタナのルイスレオン・サンチェスの名前が頭をよぎりました。
でも、最初の山岳だから、総合狙いの選手がいっぱい動くのかな。


レースはなにが起きるかわかりませんが、きっと明日は逃げ集団ができると思ってます!(笑)
でも、逃げがないレースっていうのも、そこそこ面白かったな。
集団牽引チームがいるのかいないのか、見ててもよくわかんないとこがよかった。

Amazon.co.jpアソシエイト