コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2017 第5ステージ

今日は、山岳ステージです。
160.5km。

途中に3級山岳と、1級山岳があります。
ポイント的には、今日のステージ優勝者が、山岳チャンピオンになるステージです。
逃げ切り勝利を狙う選手が多いと思いますが、総合争いも絡んでくるステージでもあり、



今日も今日とて、アクチュアルスタートと同時にばばばっとアタックがかかり、逃げは結構すんなり決まります。
逃げたメンバーはこちらの8人。

ヤン・バークランツ(アージェードゥゼール・ラ・モンディアル)
ミカエル・ドラージュ(エフデジ)
エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ディメンションデータ)
フィリップ・ジルベールクイックステップ・フロアーズ)
トマ・ヴォクレールディレクトエネルジー)
トーマス・デヘント(ロット・ソウダル)
ディラン・ファンバーレ(キャノンデール・ドラパック)
ピエールリュック・ペリション(フォルテュネオ・オスカロ)


あっはっはっは!!
なんか。もう。ちょー強そうな逃げ集団。

ちなみに、でき心で逃げメンバーの年齢を見て見たら、20代がファンバーレただ一人でした。


この逃げがほぼ決まって、集団と30秒タイム差があいたときに、またもう一人、メイン集団から選手が飛び出します。
バーレーンメリダのツガブ・グルメイ。

TTポジションで走りますが、結局先頭には追いつけず、やがて集団に吸収。
よって、8人の逃げ集団VSメイン集団の構図になります。
今日はVSで間違ってない!
逃げ切り勝利を狙う逃げと、総合の争いだから!!

メイン集団は、かなり長いあいだ、BMCがとてもがんばっていました。
2分30秒〜3分30秒くらいで保ってたかなー。


残り58km地点にある中間スプリトでは、まずは逃げ集団の中からボアソンハーゲンがゲット。2位通過がジルベールです。
メイン集団では、サンウェブのマイケル・マシューズが一番先頭に立ちました。

マイヨ・ヴェールか……。
まだちょっと、「誰がとるんだろー♪」という風には、気持ちを切り替えられません。
今日ペーター・サガンは、昨日の裁定が覆る可能性にかけて、一応準備をしてスタート地点に現れたそうですね。
でも……結局失格が覆ることはなく、レースは続いています。



残り55km地点。
ここまで8人で協調しながら逃げていた逃げ集団から、ドラージュが脱落。
そこから1km先で、なんとデヘントもついていけずに逃げ集団から離されていきます!

3級山岳ポイントの残り500mくらいのところで、逃げ集団からバークランツがアタック!
そのまま1位通過!

そして、後続の追走をまたず、一人飛び出したまま登っていきます。
一旦約15秒くらいのタイム差をつけるのですが、結局後続が追いつき、先頭は6人に。


プロトンは、なぜか中間スプリントで飛び出したスプリンターの選手たちがなかなか戻らなかったのですが、やっぱりそのうち合流。




残り20km。
逃げの6人とメイン集団との差は、約2分。
メイン集団では、登りにもかかわらず、しっかりとしたトレインが各チームできています。


残り15km。
タイム差は、1分45秒。
メイン集団はBMC、アスタナ、スカイなどなど、総合争いに関わるチームがほとんどです。
タイム差、迫って着ています。


残り13km。
逃げの最後尾から、ジルベールがアタック!ヴォクレールが反応し、バークランツが続く!
ファンバーレが遅れる!

続いてボアソンハーゲン、ペリションも遅れる。
ヴォクレールも引き離され、バークランツだけがジルベールに追いつき、ぴったり後ろにつきます。



残り9km。
先頭がジルベールとバークランツが協調しながら走っていきます。
16秒遅れて、ヴォクレール、ボアソンハーゲン、ペリション。
先頭から39秒遅れて、ファンバーレ。
メイン集団は1分20秒遅れて、オリカスコットが引いています。
メイン集団、どんどん選手が遅れていきます。


残り6.5km。
ジルベールとメイン集団との差は、約1分。
ここでファンバーレはメイン集団に吸収されました。
集団の先頭はオリカからスカイへ。


残り5.6km。
追走集団からボアソンハーゲンが遅れましたが、もう一回戻って3人に!
先頭の2人とメイン集団との差は、35秒!
メイン手段はスカイのクヴィアトコウスキーがひいています。


残り5km。
ああ!ピノがメイン集団から遅れてる!
めちゃ地元だからかなり期待されていただけに、残念!
メイン集団は、ペリション、続いてヴォクレール、最後にボアソンハーゲンを吸収します。
残るは、先頭の2人……!!


残り4.7km。
タイム差は20秒。

と、ここでメイン集団からディレクトエネルジーのカルメジャーヌがアタック!!
次々有力選手が脱落してくスピードのメイン集団の中から、さらにアタック!?
かなり強い。

が、やっぱり集団の先頭を引いているクヴィアトは強烈。1km行かずに吸収されます。


残り4km。
ここでジルベールとバークランツ吸収!!
がんばった!超がんばった!
ジルベールとバークランツが肩を組んで健闘を讃え合います。素敵な後ろ姿!!

さて、先頭に躍り出たメイン集団。
依然として、スカイのクヴィアトコウスキーが引き続けています。


残り3.5km。
メイン集団からロット・ソウダルのトニー・ギャロパン、オリカスコットのクロイツィゲル、アージェードゥゼールのマティアス・フランクも遅れます!

まだクヴィアトが引いている……。


残り3.3km。
クヴィアトが仕事を終えました。
スカイの引きは、ニエベが担います。
トレックのモレマ、アーゼードゥーゼルからはヴュイエルモーと現在新人賞のラトゥールも遅れる!!


残り2.4km。
アスタナのファビオ・アルが単独アタック!!
ニエベは淡々と追う!

残り2km。
先頭のアルとメイン集団とのタイム差は10秒!
ここでサイモン・イェーツがアタック!
スカイは、マイヨ・ジョーヌ姿のゲラント・トーマスが先頭へ!


残り1.7km。
トーマスが仕事を終え、スカイのエース、フルームがアタック!すかさず、BMCのリッチー・ポートがその後ろにつく。続いてモビスターのキンタナ、クイックステップダニエル・マーティン、アーゼードゥーゼルのバルデその後ろにオリカのサイモン・イェーツと並びます。
ここで、今年のドーフィネ覇者、アスタナのフグルサングが遅れます。

残り1.4km。
あああ!キンタナが遅れた!!イェーツもおくれます。その後ろに、トレック・セガフレードアルベルト・コンタドール

残ったのはスカイのフルーム、ダニエル・マーティン、ポート、バルデ。
しかしこの4人が若干牽制気味。
一度置いて行かれた総合系の選手たちが、この隙に縦一列で迫って着ます。
コンタドール、サイモン・イェーツ、キンタナ、リゴベルト・ウランキャノンデール・ドラパック)、UAEエミレーツのメインチェス、最後尾が……あれ?ゲラント・トーマスです。
さっき、脱落したと思っていたのに……。


その攻防の間、アルはもう残り1km地点であるフラム・ルージュを通過!!
アルが踏み込む!
ダンシングがとっても軽い!

でもその後ろで、コンタドールたちがフルームグループに追いついてきた中、BMCのポートがアタック!
マーティン、フルームと続いて後ろから迫ってます。

だがアルの後ろには、まだ誰の姿も見えない。
アルはゴールポイント直前に、右手を大きくきあげてガッツポーズ!
アスタナのファビオ・アル、ステージ優勝!!
強い、というより、速い。軽やかなダンシングで圧倒的な軽さと速さを魅せてくれました。

そして二番手に入って来たのが、ダニエル・マーティン
3位がフルーム、4位がポート。5位がバルデ。
6位以下が、サイモン。ウランコンタドール、キンタナ、ゲラント・トーマス、となりました。
トーマス、10位に入ったんだ……。



今日の結果を受けて、総合1位がスカイのフルームになりました。
現時点で、2位が12秒差で、チーム・メイトのゲラント・トーマス。3位が、フルームと14秒差の、アスタナのアルです。
山岳賞は、本日のステージ勝利をしたアスタナのファビオ・アルが獲得になります。
新人賞は、オリカ・スコットのサイモン・イェーツ。
ポイント賞のみ変更がなく、エフデジのデマールのままです。

敢闘賞は、今日ギリギリまで逃げ続け、本日誕生日を迎えたフィリップ・ジルベール


まだ5ステージなのですが、もうこの時点でスカイのフルームがマイヨ・ジョーヌを着てしまっています。
と言うか、今年逆に、スカイしか着てないのか。

ただ、今日のステージの様子を見る限り、アルは今年総合1位争いに加われそうですね。
かなり調子が良さそうです。

Amazon.co.jpアソシエイト