コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジロ・デ・イタリア 2017 第8ステージ

今日は、2級山岳が真ん中にあって、アップダウンのあと4級山岳があり、最後はちょっとだけ登る、というステージ。
逃げ切りの可能性が高いステージらしく、最初なかなか逃げがなかなか決まらず、最終的に2級山岳手前で決まった逃げは16人!

その中に入った、アスタナのルイスレオン・サンチェス
基本的に勝敗よりもレース展開がどう動くかが好きなので、誰に勝って欲しいとかそんなにないんですが、どうしても心情的に、アスタナには今回のジロでどこか一勝でもとってほしい欲しい気持ちがちょっとあります。
と、なると、総合が動かないであろう今日は、そしてサンチェスが逃げに入ったってことは、可能性が高い日。


残り100kmで、この逃げとメイン集団とは1分35秒くらいの差がついてました。
メイン集団は、逃げに仲間を入れられなかった、プロコンチネンタルのウィリエール・トリエスティーナと、ガスプロム・ルスヴェロが引いています。

先頭集団が2級山岳に入っていき、逃げ集団の中から、CCCのブラニスラウ・サモイラウ、アスタナのサンチェス、トレックのローラン・ディディエが一旦飛び出します。
すぐに追いつく、一緒に逃げてた選手たち。
そして、綺麗に縦1列になった状態で、もう一回アタックがかかります!
サンチェスとサモイラウ!
先頭が2人、その後ろに14人の追走、追いかけるメイン集団の構成に。

そこから、さらにサンチェスが一人抜け出しました!!
サンチェス、独走開始!!


残り95km。
ここでメイン集団からバーレーンメリダジョヴァンニ・ヴィスコンティが飛び出しました。
置いていかれていた、追走の選手たちは、ぽろぽろとメイン集団に吸収されていきます。
UAEのコンティもメイン集団から飛び出した模様。

残り92km。
先頭は、ルイスレオン・サンチェス。追走との差は、約1分。そこから約15秒遅れて、追走集団がもう一つ。
さらにその後ろのメイン集団とサンチェスは、1分42秒くらいです。

でもまだ、追走集団の崩壊や飛び出しが続いていて、誰がいまどこで走っているのかわけわかめ

ただ、さっき飛び出してったヴィスコンティやコンティ、あとキャノンデールのヴィレッラは好調で追いかけてそう。


残り89km。
2級山岳山頂まで、残り1km!
先頭はサンチェスただ一人!独走!ここの山岳ポイントはとれるだろうけど、ここからどうする!!?

残り88km。
サンチェス、山岳ポイントゲット!
下りです!でも一人!!

1分遅れて、ヴィスコンティ率いる8人の追走集団が迫っています。
そこから約15秒遅れて、これまたどっかのタイミングで集団から飛び出していたアーゼードゥーゼルのクレメン・シェヴリエとウィリエールのフレン・アメスケタ。
そこから約30秒おくれてメイン集団。


残り81km。
先頭のサンチェスはものすっごくかっこよく下っています。
どの辺がかっこいいかというと、カーブのときに重心をかけなおさず、最初から各コーナーの曲がれるギリギリの角度を知っているかのように、コーナーを曲がり切るとき同じ角度で体を倒すところ!すごい!さすが

約50秒遅れて、8人の追走集団。
バーレーンメリダヴィスコンティ。ボーラ・ハンスグローエのルーカス・ペストルベルガーとグレゴール・ミュールベルガー。トレック・セガフレードのローラン・ディディエ。
UAEエミレーツはヴァレリオ・コンティ。CCCはサモイラウ。そして、キャノンデールダヴィデ・ヴィレッラと、ディメンションデータのクリスティアン・ズバラーリ。

一方、その後ろでは、メイン集団からあがってきたモビスターのゴルカ・イサギレ、ガスプロムのイヴァン・ロフニーが、第3集団であるシェヴェリエとアメスケタに合流。


残り75km。
8人の追走集団に、そのあとのシェヴェリエたちがいる4人の追走集団が合流!
この集団と、先頭のサンチェスとのタイム差は、約40秒。
メイン集団は、その後ろ1分差くらいです。


残り68km。
先頭はまだサンチェス一人!
登りが始まったので、サンチェスが速度を大幅に減速し、追走集団を待って合流しました。
一方、メイン集団からは、バルディアーニCSFのエンリーコ・バルビンとニコラ・ボエムの二人が抜け出します。


残り66km。
追いついてきたバルビンとボエムが、先頭に合流。
これで、15人の逃げ集団対、集団の構図になりました。この状態で、アップダウン区間をこなしていきます。
先頭集団とメイン集団との差は、約3分10秒差です。


残り60km。
逃げとメイン集団とのタイム差は3分35秒。
メイン集団は、カチューシャが先頭に出てひいています。

残り55km。
タイム差4分17秒。
タイム差、どんどん開いていきます。メイン集団はカチューシャがまだ先頭。

残り50km。
タイム差4分35秒くらいです。
カチューシャにまかせていると、どんどんタイム差が開いていくので、クイックステップがメイン集団を引き始めました。
すると、じわじわ詰まってくるタイム差。


残り45km。
本日二つ目山岳ポイントである4級山岳は、またサンチェスがとりました!
タイム差は3分差くらいに縮まっています。

残り40km。
タイム差約2分。

残り37km。
先頭のUAEエミレーツのコンティがスピードをあげました!
っていうか、これはアタック?
すぐ後ろについたのは、バーレーンヴィスコンティ。続いてボーラのミュールベルガー、モビスターのゴルカ・イサギレ、アスタナのルイスレオン・サンチェス
残りの選手は置いていかれた!

残り34km。
先頭5人、それを追う追走集団、メイン集団は先頭から2分38秒差です。
追走集団では、キャノンデールのヴィレッラがなんとかペースをあげようとしていますが、なかなか協調がうまくいかない様子。
メイン集団は、相変わらずクイックステップ・フロアーズです。

残り30km。
中間スプリントポイントは、コンティがとりました!
先頭の5人は綺麗にまわり、集団とのタイム差は、約3分。

昨日の時点で、コンティと現在マリア・ローザのユンゲルスとの総合タイム差が2分10秒なので、クイックステップはなんとしてもゴールでのタイム差をこれよりも縮めたいところ。
この中間スプリントで、コンティはボーナスタイムの−3秒をゲットしています。さらに、もしコンティが今日ステージ優勝をしたらボーナスタイムが-10秒つくので、もしものことを考えるなら、クイックステップは先頭と集団とのタイム差はを、1分57秒以内に抑えないといけません。

残り25km。
先頭とメイン集団とのタイム差は、2分56秒!
嗚呼、はらはらする……!

残り20km。
先頭5人。
追走集団は、あれ、9人に減っている。
メイン集団は、カチューシャも引き始めました。

残り18km。
メイン集団と先頭とのタイム差が2分30秒を切った!

残り17秒。
タイム差、約2分15秒。

残り15km。
先頭と追走の差が、約40秒。そして、先頭とメイン集団との差が、約2分5秒。

残り14秒。
先頭集団から、コンティがいった!アタックっていうか、とにかくスピードを緩めてない!

残り13km。
タイム差1分45秒。
でも登りと下りが入り乱れてて、このタイム差をどう考えていいかわからない!

残り11km。
逃げと集団とのタイム差は、1分48秒差。
ここで、ヴィスコンティがアタック!
すぐにコンティが追います!
ちょっと離れて、ゴルカ・イサギレとサンチェスが追う。
ミュールベルガーが遅れる!!

残り9.7km。
ヴィスコンティが追いつかれました!
ミュールベルガーが脱落して、先頭集団は4人になります。
メイン集団とは1分20秒差!
追走集団はこのあたりで、徐々にメイン集団に吸い込まれていきます。

残り8.7km。
ここでメイン集団から、スカイのミケル・ランダが飛び出した!!
メイン集団、追わない!!?なんで!スカイのエースだよ。いいの!?

残り7.8km。
先頭手段でサンチェスがアタック!
ヴィスコンティだけがついていった!
遅れてコンティとゴルカ・イサギレがおいつく。

残り7.5km。
ゴルカがいった!!またヴィスコンティが追いかける!!
サンチェスとコンティは、追いつけてない!?

一方、後方では、ランダが単独でメイン集団と15秒差をつけています!
バーチャルリーダーは、現時点ではスカイのランダ!

残り6km
メイン集団の先頭が、モビスターになりました!
ランダで出たことで、一気に総合勢が戦闘モードに!!


残り5.9km。
サンチェスとコンティが、ゴルカとヴィスコンティに追いつきました!!
結局また4人!!コンティを先頭に、下っていきます。

残り4km。
ランダがエフデジが引くメイン集団に吸収。
先頭とメイン集団とのタイム差は、約1分!

残り3km。
タイム差55秒。

残り2km。
タイム差49秒。

残り1.5km。
最後の登りが始まります。
タイム差は40秒を切りました!
先頭は、まだコンティ!

残り1km。
コンティが先頭で、大きなカーブに入ります!
あああ!!コンティが落車した!!うそでしょ!!?
二番手にいたゴルカ・イサギレが、先頭で坂をのぼっていく!続くサンチェス。
サンチェスの後ろにいたヴィスコンティは、コンティを避けるのにいったん速度を落として出遅れた!!

ゴルカが、後ろのサンチェスを引き離しました!ペースを落とさず一気に登ります!
追いかけるサンチェスとヴィスコンティ!!

そして、最後のカーブをぬけて、一番きびしい登りへ入るゴルカ!!
遅れて姿を現したのは、ヴィスコンティ!続いてサンチェス!

ああ!でも、サンチェス諦めた!
ヴィスコンティはまだくらいつくけど、でも追いつけない!

ゴルカ、一旦後ろを振り返って、勝利を確信!

モビスターのゴルカ・イサギレ、ステージ優勝!!
2位ヴィスコンティ、3位ルイスレオン・サンチェス
そこから追いついたメイン集団の選手が次々にゴールしていきます。
コンティは、落車したのでまだゴールには来ません……。


結局こんだけいろいろ攻防ありつつも、ユンゲルスはマリア・ローザを守りました。
他のジャージも、昨日と変わらず、ポイント賞はガビリア、山岳賞はポランツェ、新人賞はユンゲルスです。


今日は、ずっとずっと展開が読めずに、とっても面白いステージだったのですが……。
うう、あそこまで来たのに、コンティ落車かあ……。
かなり先頭でひいている時間がながかったから、ゴルカの登りの勢いを考えると、ステージ優勝は厳しかったかもしれませんが、でも、ギリギリまで逃げて最後1km切っての落車は、衝撃が大きかった……。
大きな怪我をしていなければいいのですが……。

Amazon.co.jpアソシエイト