コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2016 第16ステージ

ひっさびさの平坦ステージ!!
逃げは6人でした。
冒頭、イェーツが落車したようだったのですが、レース自体にはいつもの、逃げと集団っていう、定石通りな感じの争いでした。


残り30kmくらいから、だんだん集団の中で位置取りっぽい気配がはじまり、だんだんいろんなチームが前にあがってきました。
逃げはずっと逃げ続けていて、最終的に吸収されたのは、残り12.2km。
逃げが吸収された直後あたりは、スカイが前をずっとキープ中。
こんだけ前に出ていても、きっとステージは狙ってないんだろうなあ。フルームを守るための牽引。


残り5kmくらいから、スプリントを争うチームが集団前方を占めるようになります。
ジャイアント、ロット・ソウダル、ディメンションデータ、ジャイアント、エティックス・クイックステップ、ティンコフ、あたりが前にいます。

残り4km。
今度はBMCが引きます!

残り3km。
ロットNLユンボの選手がアタックしました!それを吸収しながら、ジャイアントアルペシンやボーラ・アルゴンが集団先頭にあがってきます。

残り2.4km。
ここで、ティンコフのベンナーティが前のほうにあがってき……ちがう!!アタックだ!!!
ベンナーティがアタックしました!!
横風職人ベンナーティ、スプリントもできるベンナーティ、ここから独走で勝利を目指します!
もし集団がお見合いをしたら、勝てます、でもまとまって追われたら、難しい!!

残り1km。
まだベンナーティが逃げています!でも、直線が結構長い……これは、ベンナーティのステージ優勝は、厳しいかも……。
集団は、いつもなら位置取りでわらわらしながらスピードをあげているとこだと思うのですが、今日はみんなとにもかくにもベンナーティを1列になって追いかける展開に!!


残り500m。
エティックスのスティバルの引きで、集団がほぼベンナーティに追いつきそうです。

残り400m。
スティバルがやめて、エティックスは早々にメールスマンでのスプリントへ!
メールスマンはベンナーティの後ろを追いかけるような軌跡でもってスプリントをしかけます。
そして捕えて、抜いた!!

さあ、ここからが本当のスプリントです!
メールスマンがこのまま逃げ切れるか!
メールスマンの真後ろについてきた、BMCのドラッカーが、メールスマンの右手側からあがってきました!

メールスマンのびない!ボーラ、ジャイアントの選手にも抜かされてる!
BMCのドラッカーは、他の追随を許さず、前にあがってきた勢いのままゴールに向かって一直線でゴール!!
BMCドラッカーの優勝です!!

2位がボーラ・アルゴンのゼーリヒ、3位はジャイアント・アルペシンのアルントでした。
メールスマンは、結局4位。
総合上位陣は、順位、タイム、動かず。
ちなみに、別府選手は15位。新城選手は29位でした。

今日は、もしかしたら、日本人初のグランツールステージ勝利とかあるんじゃないかって、ちょっとだけ期待していましたが、ううー!!
残り2.4kmでのベンナーティのアタック、1ロードレースファンとして「かっくいー!!ベンナーティ目指せステージだ!ごーごー!!」って気持ちになると同時に、「新城は!!?別府は!?」って慌てている自分もいて、どう画面を見つめていたらいいのかわからなくなりました。(笑)


3周目、まだお二人に、ステージ優勝のチャンスあるのでしょうか。
……コースマップとかみても、どれが逃げ切りがありそうなステージとか、皆目見当がつかないのです。

ちなみに先ほど、休息日開けの17ステージの高低表見ました。
性能のいい枕のクッション構造みたいなステージでした。
ぽっこぽこしているの。こう、まるっこく可愛らしく、ぽっこぽこしてるステージなの。

Amazon.co.jpアソシエイト