コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2016 第8ステージ

1級山岳ゴールの平坦ステージ。

今日は、11人の逃げ集団ができて、そのままずっと進む日でした。
残り50km地点で、先頭と集団に10分近いタイム差があり、
残り10kmまで来ても、まだ9分のタイム差がありました。

まごうことなき。逃げ切りのステージです。


さあ、今日のステージ優勝候補は、この11人。

スムクリフ(アスタナ)。
ワイテンス(ジャイアント・アルペシン)
ドモン(アーゼードゥーゼル)
グティン(カチューシャ)
レストレポ(カチューシャ)
シェリー(エティックス・クイックステップ
ファンレンスブルク(ディメンションデータ)
カッタネオ(ランプレ・メリダ
ケムヌール(ディレクトエネルジー)
シェトゥー(コフィディス
スウェイツ(ボーラ・アルゴン)


最後の山のふもとにくるまで、レースがほぼ動かず、ステージ勝利に向けて動き始めたのは、残り10kmを切ってからです。

残り9.6km地点
先頭集団でジャイアント・アルペシンのワイテンスが、アタックをします!
そのまま単独でちょっとだけ逃げ、残り8km地点のスプリントポイントを1位通過します。

残った追走の10人から、さらに2人飛び出し、ワイテンスを追いかけます。
スムクリフと、レストレポです。

残り7.2km。
スムクリフとレストレポが、ワイテンスにおいつきます。
合流してすぐ後、レストレポの単独アタック!!

スムクリフとワイテンスは、チェックしません。
レストレポ、単独先頭です。


残り3.7km。
先頭は依然、レストレポ。
それを追いかけていたスムクリフとワイテンスが、後ろから追いついてきた元逃げ集団に追いつかれて合流します。


残り3km。
元逃げ集団から、ケムヌールが飛び出しました!
レストレポを一人で追いかけます。


残り2.2km。
順調に進む、先頭はレストレポ。
それを、後ろからケムヌールが猛追してきます。
前からのバイクカメラの映像だと、ときどきちらってケムヌールの姿が見られます。


残り2km。
ものすっっっっごい坂を、レストレポが登っていきます。
すごい勾配。


残り1.6km
レストレポに、後ろから追走の一部が追いついてきました。
ドモン、ラグティン、シェリー、もう一人くらいいるか?お客さんが多くてわかりません。
合流後、レストレポは遅れていきます。
かわって、シェリー、ラグティン、ケムヌールの3人が先頭になります。


残り1km。
一旦先頭から遅れた、ドモンが追いついてきました!
先頭は、ドモン、ラグティン、シェリー、ケムヌールの4人です。
ケムヌールがスピードをあげ、アタックをしかけます!

ここで、シェリーが若干遅れてしまい、
先頭はケムヌールと、そのアタックについていったドモン、ラグティンの3人になります。

残り300m。
ランプレのカッタネオが後ろから追いあげてきました!

残り200m
もうちょっとで、先頭の3人にカッタネオが追いつく、というところで、ラグティンがアタック!
ドモンが後ろにつきます。
でも、その差は広がる一方です。


カチューシャのラグティン、優勝です!!
ドモンが2位、ケムヌールが3位でした。


さあ、次は総合の動きが気になるところです。


残り2kmくらいで大きく動きます。
集団の先頭は、3名。
フルーム、キンタナ、コンタドールが3人一緒になって走っています。
バルベルデはちょっと遅れた模様。

残り1km手前で、キンタナがアタックします!
フルーム、コンタドール、ついていけません。

キンタナ、残り500mラインを通過。
離れて、次がフルーム。
その次が、チャベスバルベルデコンタドール、カハルラルのパルディリャの4人のグループです。


そのままキンタナがペースを落とさずにゴール。
次はフルームがくるかと思いきや、フルームの後ろからコンタドールが一人であがってきました!
フルームをかわして、ダンシング登ってきたコンタドールがゴールです!キンタナとはだいたい25秒くらい差くらいでした。
昨日落車して、足にテーピングとか巻いていたのに、さすがヒーローコンタドールって感じです。

今日までのマイヨ・ロホを着ていたBMCのアタプマが大幅に遅れたので、
総合勢で今日1番タイムをかせいだキンタナが、マイヨ・ロホになりました!


それにしても、ものすごい勾配の坂でした。
坂の勾配がきつすぎて、スローモーション見てるみたいでした。

Amazon.co.jpアソシエイト