読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2016 第2ステージ

今日は、平坦ステージです。
冒頭、3人の逃げがきまり、特に差をつめることもせずに、和やかな感じでレースはすすみます。

山が二つくらいあって、最後は平坦なステージなので、おそらく集団で追いつくだろう、みたいな感じなのです。

しかし。
残り38km地点で、BMCのフィリップ・ジルベールが動きました!
メイン集団から、逃げの3人へのブリッジをかけます!

これが決まって、逃げ集団は4人になります。


そのまま、スプリントポイントを1位でジルベールが突破しました。
そのまま、残り15km地点で集団に吸収されます。

BMCは昨日、1位のスカイと7秒差だったので、スプリントポイントをとったことで、ボーナスタイムで4秒マイナスされるので、ちょっとだけジルベールがトップとのタイム差を詰めました。

残り12km地点で、カチューシャのマシャドがアタックを仕掛けます!
残り11km地点、集団から数人飛び出しが起こり、結果的に5人の選手が集団から飛び出して、マシャドの元へ向かいます。

しかし、メイン集団もスピードをあげます。
ティンコフの横風職人ベンナーティの先導で、残り8.5kmくらいでマシャドは集団に吸収されます。

さあ、ここからは、ラストのスプリントバトルに向けての、位置取り合戦のスタートです。

ただ、今回のブエルタはスプリンターの選手自体の出場が少ないので、いつもよりも位置取り合戦に参加しているチームがちょっと少ない印象があります。


ボーラ・アルゴン、ロット・ソウダル、ディメンションデータあたりが前の方に出てきています。

残り2km。
カチューシャの選手が落車しました!

残り1km。
別府が来た!!!トレックもスプリントバトルに参戦です!
うおうっ!エティックスもいきなり3人くらい前にきました。
そのまま先頭に陣取ります。
最後のカーブ。
あ!すぐ後ろでディレクトエネルジーの選手が落車した!!
でも、前方は、そのままスプリント開始します。
カーブを曲がった時点で先頭だった、エティックス・クイックステップのジャンニ・メールスマンがそのまま1位でゴール!!

2位は、ボーラ・アルゴンのシュヴァルツマン。3位は、オリカのコルト・ニールセン。
4位に入ったスカイのクヴィアトコウスキーが、マイヨ・ロホ(総合1位のリーダージャージ、赤色)を獲得しました!

今日は、スカイのケノーが着ていたので、スカイ内でマイヨ・ロホの受け渡しって感じですね。

そういえば、新城がステージ15位に入っていました。
スプリントバトル参加していたのですね、気づかなかった!



最後の方に落車はあったものの、
なんだか今日は、基本的にぼーっと穏やかに見られたレースでした。

ちなみに、タイム差は数秒ごとに分単位で変わってしまいに消えたり、
総合順位の発表では二人にマイヨ・ロホの表示がついていたり、と、何を信じていいのかわからない感じの表示がいっぱい出てきました!


今年71回目のブエルタ・ア・エスパーニャ
「え。71回もレースやってるのに、この現状……?」
とかって声が頭をよぎらなくもないですが、
きっとそれを考えたら負けなので気にしない方向でがんばりましょう。

広いこころで、海を見よ!!

Amazon.co.jpアソシエイト