コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2016 第14ステージ

TTも一つ目が終わって、ひと段落した感じのあるツール・ド・フランス

え、私だけ?
休息日よりもよっぽど区切り感があるのですが。

ツール・ド・フランス2016

そんな中、本日も集団は、風との戦いです。
ほぼずっと向かい風のレースだったらしく、レース開始時間が15分前倒しになりました。

向かい風ってことは、むちゃくちゃ平均速度落ちるんですね。
だからか、ちょっと早めにスタートしたのかなって思っています。


実際、レース主催者側の予測速度が40〜44kmだったのですが、
実際は時速33km前後くらいで走っていました。


私、初めて見ました。
最初に、逃げ集団ができないレース。

逃げ集団って、「今日は逃げてポイントとるぜ!」とか「今日は、逃げ切り勝利ができそうだぜ!」とか様々なモチベーションでもって構成されるのですが、今日は向かい風。
逃げにのると、少ない人数で走らなきゃいけないので、「絶対疲れて吸収されて、おいしいとこないじゃん」っていう心理が働いたのだと思われます。


ゆっくりゆっくり、レースは進みます。
ゆったりゆったり、選手は走ります。


そんな中でも、一応できた、4人の逃げ集団。
レックス・ハウズ(キャノンデール)、チェザーレ・ベネデッティ(ボーラ・アルゴン18)、マルティン・エルミガー(イアム・サイクリング)、ジェレミー・ロワ(エフデジ)。


残り25kmくらいには、集団との差は20秒以下だったので、すぐ吸収されるんだろうなと思っていたのですが、粘ります。
4人でくるくるまわり続け、差はまた開いて40秒くらいに。

しかし、それでもいつしか、一人ずつ脱落していきます。

残り14km。
最初に、ハウズがちぎれました。

残り9km。
今度は、ベネディッティが力尽きます。


最終的に、残り3.3km。
最後まで残っていたエルミガーとジェルミーロア。
逃げていた二人は、後ろを振り向いて、集団がすぐそこまで来ていることを確認し、握手を交わして、集団に飲み込まれていきました。


この一瞬、なぜかめちゃくちゃ切なかった。
本当はとってもいいシーンなんだとおもうのですが、なぜか『死ぬとわかっているのに、強敵に立ち向かっていく男たち』みたいな雰囲気に見えてしまったんです……。

あれかなー。
去年見た、明石家さんまさんと生瀬勝久さんがタッグ組んでやってるカンパニーの「七人ぐらいの兵士」っていうお芝居と重なったのかなあ……。
あの芝居、あまりにも笑えて泣けて面白くして素晴らしくて、本当に好きすぎて、当日券とか並んで結局3回見たからなあ……。

それはさておき。


レースは、スプリンター決戦へ向かいます。

残り1kmのフラム・ルージュは、ロットかコフィディスかカチューシャが先頭で集団がなだれ込みます。(チームカラーが一緒で、見分けつかない……)

残り200mくらいから、キッテル先頭となって、一斉にみんなスプリントバトルへ!!
しかしキッテルは前にでたカヴェンディッシュの後ろに沈みます。

最後は、カヴェンディッシュサガン、クリストフ、そしてジャイアント・アルペシンのデゲンコルブの4人が並びます。

その中、勝ったのはカヴェンディッシュ!!
なんと今ツール4勝目!
圧勝ですね。


2位はクリストフ、3位がサガン
4位は、やっとですね!ジャイアント・アルペシンのジョン・デゲンコルブです!!怪我から復帰したデゲンコルブ!!
デゲンコルブは、春先のトレーニング中の交通事故で、ずっとレースに出られていませんでした。
今もまだ指が完全に治ったわけではなく、今ツール中も、いつもと違う指で変速をしているそうです。

4位だけれど、ここまで全然上位でからんでなくて、ずっとずっと心配していたので、ここに来てステージ優勝争いに関われるくらい復活してきてるんだってわかって、本当に嬉しい!!よかった!!


総合勢やリーダージャージは昨日と変化がありません。
フルームがマイヨ・ジョーヌです。



そして、
昨日リタイアしたフランスのピノが、オリンピックも欠場することがわかりました。

先日リタイアしたコンタドールも、リオ欠場が決まっていますし、オリンピックイアーの年のツール・ド・フランスって、本当にリスキーなのですね。

でもまだ、オリンピックの後にブエルタあるから!
早く良くなってほしいです。

Amazon.co.jpアソシエイト