読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2016 第4ステージ

今日も、平坦ステージです。今回のツールで一番長いレース。

定石どおり、4人が逃げて集団がそれを追う、という展開。
今日は平坦ステージで、ラスト500mがちょっと登るステージになります。


勝者予想は、カヴェンディッシュサガン、キッテル、グライペル、コカールなど、要はスプリンター!ほぼ昨日の注目選手と同じ顔ぶれですな。

今日はヴォクレールがしばらく集団を引いて、逃げを追っているような場面が目立ちました。
ディレクトエネルジーは、今日はコカールの優勝を狙っているので、それに向けて逃げを捕まえる働き、っていうことなんですかね。

昨日といい、今日といい、レースのスピードに多大に貢献しているヴォクレール
これで、私も今日はちょっとゆっくりめに寝られます。
ありがとう、ヴォクレール


逃げは、残り40kmを切ったくらいで3人になりますが、最終的に残り7km地点で全員吸収されます。
ここまで逃げたけれど、集団が泳がすペースまで握っていたように見えたので、
「逃げ切れるか!!?」っていう、予想できないドキドキはなかったです。
どこまで泳がすのかなーって感覚で見ていました。


逃げを吸収する数km前から、徐々に位置取りが激しくなるプロトン
残り6kmくらいには、BMC、ロット・ソウダル、スカイ、ティンコフあたりが、それぞれスプリントに備えトレインをくみます。
結構道が細く、ロータリーが多いので、位置取りの激しさも増していきます。

ただ、その中でも位置取りは、ロット・ソウダルがうまい印象。
残り3.5kmくらいの中央分離帯の位置が悪く、一気に集団が縦に伸びて、選手が絞られていきます。

残り2km。集団先頭はロット・ソウダル。グライペルのための綺麗なトレイン。

残り1km。まだちょっとみんなお見合いしています。
残り500m。まだお見合い。
残り400m。ちょっとスピードあがった。でもみんなまだ探っている。
残り300m。ゴール向かって左端のクリストフが出た!!
一斉に他のスプリンターも反応!
残り200m。
クリストフの左横のグライペルが伸びない。
その隣にいたキッテルが、クリストフを抜いて先頭へ。
キッテルの左側にいたサガンは伸びずにキッテルの後ろへ。
そのサガンのさらに左側から、
ディレクトエネルジーのコカール!!

コカールがどんどんつめてくる!
コカールがキッテルを抜いたかと思った瞬間、キッテルもまた最後の力を振り絞るかのようにほんの一瞬加速したかに見え、二人で自転車をなげる。
その瞬間がゴールライン


どっち!?全然わからない。
二人ともガッツポーズをしない。

スロー映像。
……これを見てもわからないぞ。
差、ないぞ。

そのあと、さらに写真判定などもあり、1cmもない小さな差で、
キッテルの勝利が確定!!


コカール、本当に惜しかった!
上空からの映像だと、コカールはスプリンター陣の中では、結構後ろの方にいたのです。そこから、猛然たる勢いで、誰よりも体を左右に揺らしながら、前方に躍り出ていましたが、キッテルに、ほんのわずか届かず……。


キッテルは、昨日とかも優勝候補だったのですが、タイミングがうまくあってなくて、調子悪いのだろうかとちょっと心配していたのです。
でも、今日勝てたので、よかったなと思います。
やっぱり、移籍後の選手の成績って、他の選手以上になんとなく気になっちゃいますね。



サガンは3位。
マイヨ・ジョーヌをキープし、さらにカヴェンディッシュからマイヨ・ヴェールも奪い返しました。



さあ、明日はいよいよ、今回のツール初の山岳ステージになります!
一気に注目選手がガラリと入れ替わるのが、ロードレースの面白いところ。
明日あたりから、山岳賞争いも、そして総合争いも、俄然面白くなる、はず!!


問題はただひとつ。
私が山ステージのレポート書くのが苦手だってことだけ!

……だって、山岳ステージの戦略って、難しくてよくわからないんだもん。

まあ、
そのよくわかんないところも含めて、楽しんで見ようと思います!

Amazon.co.jpアソシエイト