読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2016 第3ステージ

ツールのバナー使ってみた!じゃじゃん!!



ツール・ド・フランス2016


ってなわけで、今日は第3ステージ。223.5km。長い。
山は4級山岳が一つだけ。
うん。こういうのを、平坦ステージっていう気がする。
山も谷もない、ただ風だけが吹いている、っていう強風ステージになるはずだったようですが、あんまり風も強くない、穏やかなレースの日になりました。



今日は、ブルターニュ地方あたりを走るようなのですが、
序盤にフォルテュネオ・ヴィタルコンセプトのフォンセカが一人で逃げを決めます!
ブルターニュ地方は、ベルナール・イノーの出身地でもあり、自転車競技の盛んな地域で、
なおかつ、フォンセカは地元選手。

まあお客さんの盛り上がること盛り上がること!!


集団も、無理をして追うようなことはせず、
選手同士でおしゃべりしつつなごやかにレースが進んでいきます。


レースが少しずつ動き出したのは、残り90kmを切ってからでした。
残り88km地点で、ディレクトエネルジーのトマ・ヴォクレールが集団から抜け出し、フォンセカを追いかけます!
残り83kmを切ったくらいで、ヴォクレールがフォンセカに追いつきます。

今度は、二人で逃げることに。
集団との差は、5分30秒くらいです。


……いつの間にか、集団のペースが上がっています。
時速45kmくらい。


たぶん「げ、ヴォクレール逃げた。追え!」ってことで、スピードをあげたのでしょう。
こないだのジロのブランビッラの逃げのときも思ったのですが、
プロの集団の中の、格の差、扱いの差、みたいなものが、
そのあとどんなレース展開になるか、集団がどう反応するかの形であらわれるのが、面白いなあと思うのです。


個々の選手の反応っていうよりも、集団の総意、みたいなところで見て取れるのが、独特。



中間スプリントポイントが、残り53km地点くらいにあるのですが、
ここで逃げの二人と集団の差が、約1分。


と、思ったら、中間スプリントが終わったとたんに、また集団がペースを緩めます。
まだ吸収はしない選択をとりました。
あれ?ヴォクレールは捕まえなくていいのか?
そんなにタイム差あけないようにすれば、捕まえられるということなのでしょうか。



残り15km地点まできて、ようやくタイム差が20秒くらいに。
平均時速は、逃げる方も追う方も、55km前後。


残り10km地点。
まだ逃げいているが、もう、これは、厳しそう……。



そして、とうとう、残り8.1kmで吸収されました。
フォンセカがんばった!

でも、敢闘賞はヴォクレールらしいという情報が

……が、がんばったよ!フォンセカずっと逃げ続けたもん、がんばったよ!!
ただ確かに、ヴォクレールが追走を始めたおかげでスピードあがって盛り上がったから、ヴォクレールに敢闘賞をあげようと思うのもわかります。


さあ、逃げを吸収した途端に、各チームがスプリントに向けて位置取りに、ぴりぴりしはじめます。
残り5km地点あたりで、キャノンデール・ドラパックが上手にトレインを組みます。エティックスも前に出たそうですが、上手にトレインが組めずに一旦下がります。
残り3.8kmのほぼ90度のコーナーを抜けて、今度はディレクト・エネルジーが集団前方へ。

残り3km、エティックスが道路の右側、中央がディメンションデータ、トレック、その右からモビスター、コフィディスも中央、もうみんな、わらわらしています。
アシスト選手が入り乱れるなか、ラスト2kmのきついカーブを抜けて、エティックスが集団先頭でトレインを組みました!


橋を渡り、残り1km地点、フラムルージュをくぐります!
依然エティックスが先頭です。
一番有利なのは、エティックス・クイックステップのキッテルか!!?

最後にもう一度コーナーがあります。
曲がりきった時点で、前から三番目の絶好の位置についたのは、ロット・ソウダルのグライペル
後ろにディメンションデータのカヴェンディッシュ、そのまた後ろがマイヨジョーヌ着ている、ティンコフのサガン
あれ。キッテルがいない。


さあ、先頭のロット・ソウダルの選手と、二番目のディメンションデータのアシストの選手が離れます!
そのまま3番手につけていたグライペルが先頭でスプリント!!
グライペルの左側には、カヴェンディッシュがあがって来ます!
サガンは、グライペルの後ろ!でも前には出られない!
サガンの右にはディレクトエネルジーのコカール!


グライペルが来、あ、でもカヴの方が先、あ、でもやっぱりグライペル、いやちがうカヴ、うわあ、どっち!!??
二人とも、ほぼ同時にゴール!

グライペルが右手を挙げます!
え、じゃあ、グライペルなの?
あ、でもカヴェンディッシュもガッツポーズした。
本人たちもわかってないぞ。どっちだ!!?


スローのリプレイが流れます。
これは、
最後の最後で、カヴがグライペルを抜いてる……!!?


審議の結果、
ステージ優勝は、カヴェンディッシュ!!

おお!2勝目!
2位は、グライペル。3位はコカールで、サガンは4位。
5位に、私が密かに注目している、トレックの若手スプリンター、トゥーンス。

残り1kmまで有利かと思われたキッテルは、7位でした。



総合1位のマイヨ・ジョーヌは、サガンがキープ。
スプリンターの賞であるマイヨ・ヴェールは、今日はサガンの代わりに繰り下げでカヴェンディッシュが着ていましたが、
今日の勝利で、カヴェンディッシュの自分自身の成績でのマイヨ・ヴェールになります。

カヴェンディッシュ、好調ですね!

ちなみに、新城選手は本日67位でゴールした模様。


明日は、237.5kmで、今回のツールで一番長いレースです。
平坦ステージで、4級山岳が一つだけなのは今日と一緒なのですが、明日の方が起伏はあるそうです。


今日、走るペースかなりゆっくり目で、レースが終わるのも遅めだったので、
明日はもうちょっと早めにレース終わるといいなと思います。

ゆったりなレースも良いけど、翌朝が辛い……。

Amazon.co.jpアソシエイト