読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ドロームクラシック

夜中Twitterチェックしてたら、別府が走っているフランスのクラシックレースの中継をやっていたのでネットでみていました。
まさか、フランス語の番組を見る日が来ようとは……。

残り10km地点くらいから見ていたのですが、
第一集団、第二集団、メイン集団、みたいな状態でした。

でも、第一集団からメイン集団まで確か30~40秒くらいしか離れていなくて、
残り5kmくらいだったかな。第一集団に第二集団が追いついて、10人くらいの集団になりました。
メイン集団もスピードをあげてきて、残り4kmくらいの時に、大体10秒差くらいに。

メイン集団にそこまでスピード上げる気配が最初なかったので、残り2kmくらいまでほっといてから吸収するのかなって思ったのですが、残り3.5kmくらいのときに、メイン集団の誰か一人(ダイレクトエネルなんとかみたいなチームだったと思う。フランス語わからんない)がアタック!
一気に先頭集団を抜いて一人先頭にたち、他のメイン集団の面々もそのアタックを追いかける形で、残り3kmくらいのところで先頭集団と合流。
けどそのアタックもあっというまに吸収されて、残り2kmくらいでオリカグリーンエッジが集団を率います。

そしたら、ものすごく狭くて急なカーブが現れて、いきなり選手が止まったりふるい落とされていくのです。
をおう。なんじゃこのコース、とか思ってたら、そのあと最大斜度16度くらいの、急な坂が登場。
まとまっていた選手が一気にバラバラになって、アーゼードゥーゼルの選手とエティックス・クイックステップの選手が二人だけ飛び出します。

そこで確か残り1kmくらいだったと思うんだけど、
そしたら、そこから、エティックスの選手がずっとアーゼードゥーゼルの選手の後ろについて、絶対に前にでないの!!
本当に!!絶対に前に出ないの!!

そんで、ほぼ1kmぴったりついて、最後の最後のゴールスプリントで、エティックスクイックステップの選手が逆転優勝。
そりゃそうだよ!!!そりゃそうなるよ!!!

先頭走ってたアーゼードゥーゼルの選手も、「まわれや」ってジェスチャーしなかったから、なんとかゴール直前に下りで引き離したかったのかなあ……。
うう。なんだろう。そして別にどっちのチームの選手が好きとかないんだけど、最後頑張ってひきはなそうとしてた、アーゼードゥーゼルのベイクランツ(読み方あってるかわかんないけど)を応援してたよ。

でも、焦らずにここぞというとこまで力を温存した、エティックスのヴァコック(で発音あってるかわかんないけど)の、作戦勝ちだったのかな。


ちなみに、勝ったエティックスのヴァコック、いつものエティックスの青ジャージじゃなくて、白っぽいジャージを着ていました。
クラシックだから、これワンデイレースでしょ?
ってことは、どっかのナショナルジャージだな、と思ったのですが、無学なものでリザルドの国旗見てもどこの国の選手なのかわからず。

仕方がないので、
エティックス・クイックステップの公式Twitterに飛んで優勝したヴァコックの名前のスペルをコピーして、グーグルで検索。
出てきたウィキペディアのページに飛んだら全然知らない言語のページだったので、英語ページを選択して、そこで出てきた国名をコピーして、グーグル翻訳で調べた結果、
チェコの選手だということがわかりました!!!

……くっ!
レース優勝した選手の国すら、ここまでがんばらないと調べられないなんて……!!

はやく、チクリッシモのワールドチームの全選手載っている号が出ないかなぁ。

Amazon.co.jpアソシエイト