読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2015 第1日目

初めて見た自転車レース
 
最初の感想。
「速い……。」
次の感想
「……え。ラジオ?」
 
そう!
自転車レースは、時間がもっそい長いので、解説も話あっち行ったりこっち行ったりするから、ラジオみたいでダラダラ面白い。
 
そのダラダラの中に、いろんな情報が詰まっています。
 
4強と言われている選手がいて、優勝候補である事。
タイムトライアルが得意なカンチェラーラトニー・マルティンという選手がいる事。
あとなんかよくわかんないけど、すごい注目されている、サガンって選手がいること。 
 
まあ全試合終わってからこの試合見たんで、この個人TTを誰がとったかは知っている状態で見たんですが、なんか解説でこのサガンの名前がすごく出てくる。
 
初心者からすると、誰さ?状態。
でもなんかずっと名前言うから、覚えてしまうんですな。
 
このレースを獲ったのはローハン・デニスでしたが、
印象に残ったのは
TTの元世界王者なので、カメラも注目して彼の走りを追うのですが、
コーナリングがね!すごいんですよ!
 
ロードバイクで曲がるときって、全身使って体ごと斜めにして重心かけて曲がるらしいのですが、大体の選手は、曲がっている途中で一旦重心を変えたりして、カーブに合わせて微調整をするのです。
 
「あ、このままいくとぶつかるから、一旦斜めった体を緩めて、少しカーブから離れて、もっかい斜めにするとちょうどいい」
 
みたいな感じ。
 
でも、カンチェラーラは立て直さないのですよ!
 
ずっと、カーブの曲がり角からロードバイクごと綺麗に斜めになって、その姿勢のまま重心をずらすことなく、ただカーブが終わるとスッとまたまっすぐに戻っている。 
 
まるで、
どのタイミングとどの角度でコーナーに入ったら同じ曲線を描く軌跡になるのか、
すべて知っているかのような美しさ……。
 
なんにも知らない初心者でも、ついつい見とれてしまいました。
 
 
でも、見終わって名前を覚えていたのは、サガンでした。
 
……もうね。
1日目に限らず、全体的にみんなサガンが好きすぎると思います。
毎日毎日毎日毎日、誰かしらサガンの話をしているんだもの!
もちろんそれだけサガンがゴールかスプリントポイントに関わってたからなんだけどさ!
 
 
こんなに解説や実況が、
「いやー、僕はサガンが好きですけどね」とか
「私はサガンのファンですから」とか
サガンすごいですねー」とか言ってたら、
 
聞いてるこっちも好きになるわ!!!
 
 
Amazon.co.jpアソシエイト