コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ2017の第17ステージはすごかった。

昨日、ラストの超級山岳上り始めの時点で寝落ちしてしまって、残り3kmくらいで目がさめて、コンタドールのアタックがみられなかったのだけれど、でもどうしても、どうしても、どうしても書きたいから遅れても昨日のレースのこと書く!!概要だけでも、自分のためにも書く!


昨日は、超級山岳がラストにあるステージで、最大勾配が28パーセントという、言葉をきいただけでどきどきするステージでした。

逃げは6人。
アラフィリップ、ヴィレッラ、デマルキ、モレーノ、コルトニールセン、そしてプロコンチームから唯一入ったアクアブルー・スポーツのデニフルでした。
ヴィレッラは山岳ポイント狙いの逃げ。
残りの選手は、ステージか、もしくはコルトニールセンは前待ちか、という感じ。


2級山岳山頂は、ヴィレッラがとったものの、そこがものすごい霧!!
数メートル先が見えない視界不良の中、ヴィレッラは遅れ気味になり、逃げ集団は5人になります。
メイン集団では、今大会は1週目からそこそこ調子のいい、バーレーンメリダのニバリが下りで飛び出します!

先が見えなくても飛び出すニバリ!さすが!すごい!かっこいい!
でも、下りが終わって結局メイン集団に吸収されます。
そしてこの霧の中、遅れてしまったのが、ボーラ・ハンスグローエのラファウ・マイカ!
下り終わってから、チームメイトに連れられメイン集団に戻りますが、ラストの超級山岳ポイント狙うには、ちょっと足を使ってしまった感があります。


そして、最後の超級山岳へののぼりで、逃げ集団は、デニフルが単独先頭にたち、一緒に逃げていた4人は順々に遅れていきます。


一方のメイン集団では、まずはオリカ・スコットがアタック!
エースのチャベスを連れて、アダム・イェーツが飛びした!

何人かここに続きますが、でも結局、メイン集団に吸収されます。

そして、満を持して飛び出したのは、今回のブエルタ絶好調!すでにステージを2勝している、アスタナのミゲル・アンヘル・ロペスモレーノ!!

そして!
やっぱり来た!
このステージも来た!
絶対に来ると信じてた!!!

トレック・セガフレードアルベルト・コンタドール!!
ロペスモレーノに続いて飛び出していきます!


けれど、ロペスモレーノがちょっと失速。
するとコンタドール
そのまま一人で、怒涛の勢いで、超級山岳を上っていくのです!!


これ!!ねえ!!28パーセント!!



そして、コンタドールの勢いに続けとばかり、メイン集団からは、ニバリ、カチューシャのザカリン、サンウェブのケルデルマン、キャノンデールのウッズなどがぞくぞくと前に飛び出し、追走集団形成!!
総合2位以下の猛攻!

でも、動かないスカイ。動けないスカイ。
いつもならここらへんから動いてもおかしくないフルームが動きません!

フルームが!
バットデイ?!!


どんどん先頭に迫るコンタドール
逃げるデニフル!
スピードをあげるニバリグループ!
アシストを信じて耐えるフルーム!

そして……ゴールに現れたのは……。

デニフル!!


アクアブルー・スポーツ、ステファン・デニフル、グランツール初ステージ優勝!!

2位がコンタドール!!28秒差!!
惜しかった。でも本当に素晴らしい走りだった!!

3位から6位がデニフルから1分4秒遅れて、ロペスモレーノ、ニバリ、ザカリン、マイカ。

その後もぞくぞくとゴールして、フルームは1分46秒遅れのゴール。


総合順位は1位から6位まで変わらなかったんだけど、一気にタイム差が縮まってきました。


嗚呼、思い起こしても素晴らしいレースだった!
ブエルタってこんなに、こんなに面白かったんだっていうくらい、毎日毎日面白い!!
終わってほしくない!


ただ!マジでスペインの時差はきつい!!!
がむばる!!

Amazon.co.jpアソシエイト