コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2017 第16ステージ

今日は個人タイムトライアルです。
フルームの得意種目ですが、コンタドールだって二バリだって、決して苦手ではありません。

総合上位の選手が走りだす前の段階で、暫定1位はエフデジのルドヴィクソンでした。
ゴール後、思わず倒れ込んでしまうほど追い込んでいました。
でも倒れ込んで横目でカメラを見ている映像が、なんか妙にキマってました。
認めましょう。かっこいいです。


そんな全力のルドヴィクソンのタイムを、現在総合9位のコンタドールが抜いていきます!
第1中間計測で、ルドヴィクソンを5秒上回り、1位通過!

しかし、そのあとからやって来た、現在総合4位のサンウェブのケルデルマンがものすごいスピードで第1計測を通過し、コンタドールのタイムを一気に18秒上回ります。
そのあとからやってきた、総合3位のザカリンは、コンタドールとケルデルマンの間、コンタドールよりも2秒はやいタイム。
フルームは、コンタドールよりも5秒遅れる4位通過のタイムで、第1中間計測ポイントを通過していきます。
反面、総合8位のマイケル・ウッズや総合5位のチャベスはあっという間にタイムを落としていきました。

これは……今日1日でまた大きく総合順位の入れ替えがありそうです。


第2中間計測、またもやコンタドールが1位通過のタイムをたたきだします!
しかし、注目のケルデルマン、なんとこのタイムを27秒も縮めて通過していきます!
ちなみにチャベスはケルデルマンにすでに抜かれていて、この第2週間計測ポイントで、2分46秒ケルデルマンから遅れています。
ザカリンは、またもやケルデルマンとコンタドールとの間、ケルデルマンから19秒遅れの2位通過です。
二バリは31秒遅れ。ルドヴィクソンとおんなじで、コンタドールよりも4秒遅いタイムです。
ケルデルマン強い。
けれど、なんとフルームが、このケルデルマンのとってもすごいタイムを、さらに7秒更新します。
フルーム……速すぎる……。
背中がほとんど動かないのに、足がくるくるまわっている。


そうこうしているうちに、コンタドールがゴール地点にやってきます。
競技生活最後のタイムトライアル、フィニッシュです!
トレック・セガフレードアルベルト・コンタドール、ルドヴィクソンのタイムを、8秒更新!!暫定ステージ1位に躍り出ます!

その次にゴールした、キャノンデール・ドラパックのマイケル・ウッズはコンタドールより2分41秒遅れてのゴールです。
総合7位のアスタナのファビオ・アルは、コンタドールよりも2分4秒遅れて、同じくアスタナで、総合6位のロペスモレーノのタイムは、コンタドールより1分35秒遅いタイム。

この時点で、コンタドール、今日のタイムトライアルでこの3人を一気に抜きました!


そしてやってくるのは、爆走中の、サンウェブ、ウィルコ・ケルデルマン。
30秒コンタドールのタイムを更新し、暫定1位に躍り出ます!!
コンタドールもすごくはやかったけど、30秒って。30秒って……!

次にゴールに来たオリカ・スコットのチャベスは、ケルデルマンより3分32秒遅れてのゴールになります。かなり今日でタイムを落としました……。
そのまた次にフィニッシュしたカチューシャ・アルペシンのイルヌール・ザカリンは、ケルデルマンから30秒遅れてのゴール!!コンタドールとほぼ同タイムです。

続いてやってくるバーレーンメリダのヴィンセント・二バリ!
ケルデルマンより28秒遅れてのゴール!
おお!コンタドールとザカリンのタイムを抜いて、暫定2位!
ここまでずっとコンタドールより遅かったのに、後半にタイムを縮めて来ました!


さあ、残すはスカイのクリス・フルームのみ……!!
……って思ってたら、もう来た!?すぐゴールに来た!なにこれはやい!!


フルーム、ケルデルマンのタイムを29秒更新してのゴール!

なんということ!
チーム・スカイのクリス・フルーム、ステージ優勝!!
なんっっってつよい!なんっっってはやい!!
今大会2勝目です。

もちろんフルームがTT強いのはわかってましたけど、二バリやコンタドールだってそこそこTT強いのに、今日1日で1分近い差をつけてきました。


そして、今日の結果をうけての総合順位!
もうなんかずっとこれを書いているね!チーム・スカイのクリス・フルームが1総合位!
2位は、バーレーンメリダのヴィンセント・二バリで1分58秒差。
3位は、サンウェブのウェリコ・ケルデルマン。2分40秒差です。
4位は、今日ケルデルマンに総合タイムで抜かされてしまったカチューシャ・アルペシンのイルヌール・ザカリンで3分7秒差。
そして、トレック・セガフレードアルベルト・コンタドールが、フルームと4分58秒差の総合5位にあがってきました!

ちなみに、複合賞とポイント賞もフルーム。
山岳賞のみ、キャノンデール・ドラパックのダヴィデ・ヴィレッラが死守しています。


……コンタドール、最初あんなに遅れちゃったのに、どんどん、着実に順位をあげてきています。
「諦めない」って言って、毎日挑戦しつづけて、アタック失敗しちゃうこともあっても、少しずつ結果を出してきている。
もはやかっこよすぎて、どうしていいかわからない。


あとは。あとは。
なんとか、バキュンポーズを……どうか……!

Amazon.co.jpアソシエイト