コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

やっぱりハンセンは走るのだ。

先日、グランツール連続出場記録を更新していたハンセンが、今年のブエルタの出場選手リストから外れた!と書いたのですが、

なんと。
ロット・ソウダルのエースで出場予定だったラファエル・バルスの練習中の負傷で出られなくなり、
代わりにアダム・ハンセンが出ることになったとのこと!

lottosoudal.be
www.cyclowired.jp


そうかー。そうなんだー。
直前でトラブルがあって出場選手が入れ替わることはそこそこあるから、可能性は0ではないと思ってはいましたが、本当にそうなるとは。


ただ、正直「いよっしゃぁぁぁ!やったぁぁぁ!」みたいな気分では、ない。
「やったー!」って気持ちもあるけど、でもそれ以上に「大丈夫なのかな……」っていう気持ちが強いです
だって、もともとブエルタ出場選手リストから外れた理由が、レーススケジュールの都合とかじゃなくて、まだツールから続く股ずれの痛みが治ってないから、なんだもん……。
8月4日の時点でまだトレーニングもできない状態だったって話だったし、ロットのホームページの発表でも「監督も医療スタッフも、股ずれが十分によくなることを願っている」みたいなニュアンスの書き方だから、まだハンセン治ってないってことですよね……。

やっぱりどんな選手でも、万全な状態で走ってほしいって気持ちはある。
怪我でつらそうな選手を見るのって、やっぱり辛い……。


でも、挑戦しなければ記録っていうものは生まれないわけで。
そして、なかなか挑戦できない、難しい大変なことだから、記録になるわけで……。


うー。うー。
なんとかここからの約10日間で、奇跡の回復力を見せて、「痛みなんかなくなっちゃった!」みたいになったらいいな。
そして、一旦メンバーからはずされたときの悔しさをばねにステージ優勝なんかしてしまえば完璧ではないか!


そりゃ、グランツールはそんなに甘くないって、わかってはいるけれど。
とにもかくにも、元気な姿で走ってほしいんだ!

Amazon.co.jpアソシエイト