コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2017 第20ステージ

ぼどなぁぁぁぁぁるぅぅぅぅぅ!!!!!

サガンが失格になり、マイカのリタイアが確定したとき、「こうなったらボーラ・ハンスグローエはボドナールががんばるしかない。頑張れボドナール!まだTT残ってるから!」みたいなことをツイートしていた、コロロンです。

そしたら本当にやってくれたよ!
すごいボドナール!!


ボドナールの走行順は、比較的早めでした。
その直前まで暫定1位だった、キャノンデール・ドラパックのテイラー・フィニーのタイムを1分以上更新したタイムでゴール!

ボドナールのあとから、現世界王者のトニー・マルティンや、ボドナールと同郷で現ポーランドTTチャンピオンのスカイのクヴィアトコウスキーがゴールして行きますが、ボドナールのタイムを抜けない!
クヴィアトは1秒差で、暫定2位でした。

あと気になるタイムを出しそうなのは、コンタドールと、フルーム。

コンタドールはボドナールから21秒遅れでゴール。でもいいタイム!


そして、最終走者であるフルームが走り出すのですが、
ボドナールがステージ優勝できるのかが気になって半分忘れかけてたけどフルームにとってはステージ優勝と一緒に気になるのがマイヨ・ジョーヌ

……とは言ったものの、フルームはタイムトライアル得意だから、大きな落車でもない限り、総合1位は守れます。

総合での今日の注目は、2位のバルデと3位のウラン

バルデがは、もともとあんまりTT得意ではないのですが、第一中間計測地点で、すでにウランから19秒遅れ、この時点で総合2位と3位が入れ替わります。

バルデは調子が悪そうで、しまいには現在総合4位であるスカイのランダから逆転されそうなタイムになっていきます……。

対してフルームは絶好調。

フラム・ルージュではバルデの後ろに迫って来ます。

バルデはなんとか総合1秒差で、ランダに勝って3位!
そしてフルームのタイム。
ボドナールとのタイム差は、6秒!ステージ3位


そんなわけで、ボーラ・ハンスグローエのマチェイ・ボドナールがステージ優勝!!


ほんっっっとうによかった!

ボドナールは、ペーター・サガンが出ているレースには、ほぼ必ずいてサガンのアシストをしている選手です。
ということは、自分の成績のために走る機会がなかなかないと思うのですよね。
特にツールは、サガンはポイント賞をとるために連日動くので、ボドナールも当然そのための仕事をしなければならず、それこそ翌日のタイムトライアルのために力をセーブする、みたいな戦い方ができるはずないんです。

残念なことが続いた結果としてだけれど、それでも手に入れた機会だから、なんとか勝利をつかんでほしいと思っていたので、本当に良かった。

ボドナール!!!おめでとう!!!


そして、総合順位。
1位はスカイのクリス・フルームが守りました!
2位は、今日逆転、キャノンデール・ドラパックのリゴベルト・ウラン
総合タイム差は54秒!
ちなみに今日はウラン、ステージ8位でした。ウラン、タイムトライアル速いんだね。覚えておこう。
3位は、アーゼードゥーゼルのロメン・バルデ。フルームとのタイム差は、2分20秒でした。
バルデから1秒遅れて、4位がスカイのミケル・ランダ。
……1秒差でも、最終日は争わないものなんだろうか。

ポイント賞と山岳賞は今日はそもそもポイントがつかないので変わらず、マシューズとバルギル。
新人賞は、オリカ・スコットのサイモン・イェーツが守りました。


それと、スーパー敢闘賞(大会全体の敢闘賞)が決まりました。
サンウェブのワレン・バルギル!


一般の人の投票だと、もうダントツの圧勝でロット・ソウダルのトーマス・デヘントだったらしいのですけれど、結果としてバルギルになったようです。
ちょっと残念だけど、フランスのレースだからなあ……。



まあ何はともあれ。
とりあえずボーラが一勝できてよかった!
しかもそれが、いつも裏方に徹してがんばっているボドナールで、本当に本当に良かった!!

Amazon.co.jpアソシエイト