コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2017 第17ステージ

今日は最初っからは見られていないのですが、スタートから約20km走ったところで落車が発生してて、現在山岳賞のバルギルや、ポイント賞のキッテルが大幅に遅れていました。
ですので、今日の注目はまず、山岳賞やポイント賞で上位につけている選手たちの動向。

すなわち、山岳賞暫定3位のロット・ソウダル、トーマス・デヘント。
そして、ポイント賞第2位の、サンウェブ、マイケル・マシューズ。

二人とも、サンウェブが主導権を握った大きな逃げにとって、マシューズは中間スプリントをゲットします。
デヘントは最初の2級山岳こそ1位通過をマシューズに邪魔されながら、中間スプリントをすぎ、次の超級山岳を目指して逃げからさらに飛び出して行きます。
なぜかデヘントについていくマシューズ。
先頭2人、追走集団、メイン集団という形になります。


ここでメイン集団が動きました。
コンタドールがアタック!そしてそれを追いかけるキンタナ!
豪華な山アタック!
二人とも、総合争いでは大きく遅れているため、スカイも特に追いません。

が、キンタナは途中でついていけなくなり、メイン集団に戻ります。


コンタドールはそのまま前に行き、前から降りて来たアシストのミヒャエル・ゴーグルと合流。
そのままゴーグルにしばらく引いてもらい、ゴーグルが役目を終えてからまた一人であがっていって、モレマやパンタノがいる大きな追走集団に合流します。

先頭では、デヘントとマシューズが二人だったのが、ナバーロが合流し、マシューズが脱落していきました。
やがて来た超級山岳は、デヘントがきっちりと1位通過。

そのあと、迫り来るトレックのパンタノがコントロールする追走集団に、デヘントとナバーロたちは吸収されます。
パンタノが引き、その次はモレマがひき、着々とコンタドールステージ優勝のための布石をうっていくトレック・セガフレード

1級山岳は、山岳賞候補の一人である、ロットNLユンボのログリッチェが1位通過しました。

残り44kくたいのところで、ログリッチェがアタック!
コンタドールと、ディメンションデータのセルジュ・パウエルスのみがついて行きます。


UAEチームエミレーツのダルウィン・アタプマ、アーゼードゥーゼルのマティアス・フランクが追いついてきました。
ゴールまで、残り38kmくらいです。
なお、メイン集団とのタイム差は、約3分。
そこにさらに、コフィディスのナバーロがおいついてきたところで、パウエルスがアタック!
グリッチェがすぐチェックにいっておいつきます。

パウエルスが再度アタック!
今度は見逃すコンタドールグループ。パウエスルが単独先頭になります。


残り35km
ナバーロが遅れていきます。コンタドールがいる追走グループは4人に!
グリッチェが先頭で、パウエルスを追っていきます。
その後ろにしっかりとついているのは、軽やかなダンシングを繰り返す、アルベルト・コンタドール
そしてログリッチェ、パウエルスに追いつきました!
今度は、徐々にマティアス・フランクが遅れていきます。


そのころ、メイン集団ではこの人がアタック!
クイックステップ・フロアーズのダニエル・マーティン


と、ここで、先頭集団においてログリッチェがアタックです!
これが決まる!
グリッチェ、タイムトライアルスペシャリストなので、一人でがんがん山頂を目指していきます。


残り32km
今度は追走から、アタプマがアタックです!

そしてメイン集団。
さっきアタックして出て行ったダニエル・マーティンを、スカイのランダが引くメイン集団が再度吸収。
続いて今度はバルギルがアタック!山岳ポイント目指して進んで行きます。


そして今度はバルデがアタック!
フルームがチェックに。ウランがその後ろにぴったりとつきます。ランダとマーティンもついていきますが、アルがちょっと離されています。
一旦落ち着いて、みんな集合。
そして再度バルデ!アタック!さっきとまったくおんなじ。アルが再び遅れます。さっき飛び出していったバルギルのところまで追いついてきました。
また後ろからアルが追いついて来たところで、今度はダニエル・マーティンのアタック!
攻撃が止みません。


残り30km。
先頭はログリッチェ。1分遅れてアタプマ。その約30秒うしろが、コンタドールら追走集団。

残り28km。
メイン集団でまたまたまたバルデがアタック!
ああ!コンタドールのところまで、メイン集団が追いついてきました……。

そして超級山岳。先頭はもちろんログリッチェ。時点通過は、アタプマ。
3位通過は、メイン集団からあがってきたバルデル。
続いてコンタドールを先頭に、合流してきたメイン集団。



残り22km.
先頭、独走で下り中のログリッチェ。
フツームたちメイン集団は、その約1分30秒後ろです。


残り17km。
先頭はログリッチェ一人。
1分25秒差でメイン集団。フルーム、ランダ、ウラン、バルデ、バルギルの5名。
1分48秒差で、コンタドールダニエル・マーティン、メインチェス、アタプマ、マティアス・フランクによる、追走集団。遅れていたアルがここに追いついて来ました。
そこからさらに約30秒おくれて、イェーツ&パウエルスの二人です。


残り10km。
先頭ログリッチェは変わらず。
メイン集団とのタイム差は1分16秒。メイン集団、けっこうきれいに協調をしています。
ただ、ログリッチェのペースが全然落ちないし、あんなに後ろから追い上げようとメイン集団がまわってるのに、タイム差そんなに変化がありません。


残り6.5km。
タイム差1分26秒。
グリッチェ、すごい。タイム差をじりじり広げている。


残り3km。
先頭のログリッチェとメイン集団5人とのタイム差1分22秒!!
メイン集団から約40秒おくれて、6人の追走集団。
その後ろにイェーツがいて、さらにさらに後ろにナイロ・キンタナがいます。


そしてTTポジションをたもったまま、ログリッチェが残り1km地点であるフラムルージュを通過して行きます。
そして、一度も振り返ることも、勝利の喜びを持て余して片手でガッツポーズをするようなこともなく、平静にしか見えない状態のまま、どんどんペダルをまわしていきます。
残り500m、400m、300m、200m、100m……。

ようやくここで手を離して、ちょっとはにかんだような控えめな笑みをうかべ、両手をそっと左右対称にかかげます。高さはない。幅はある。
そしてゴール!

ロットNLユンボの、プリモシュ・ログリッチェがステージ優勝!!
何あの控えめなガッツポーズ。超かわいい。
勝ち慣れてないみたいに見えるよ。まったくもってそんなはずないのに。


そしてやってくるメイン集団5人。
ボーナスタイムゲットするため、ランダ以外はスプリント!
バルデが最初に駆け出しますが、それをじりじり抜いていくウラン
結局この争いを制したのはウラン!強い!
グリッチェから1分13秒遅れで、ウラン2位、フルームが3位、4位がバルデ、5位がバルギルでした。6位が、スプリントをしなかったランダで1分16秒差。
ダニエル・マーティンが1分43秒差。メインチェス、アル、コンタドール、マティアス・フランクが1分44秒差。
サイモン・イェーツは3分14秒差でした。


そして表彰式。
壇上で、スキージャンプの着地ポーズを決めるログリッチェ。(←元スキージャンプの選手)
さっきのはにかみから一転して、お茶目ポーズ!
グリッチェ楽しい!

総合。マイヨ・ジョーヌは変わらずスカイのクリス・フルーム
そして今日ボーナスタイムをとった、キャノンデール・ドラパックのリゴベルト・ウランが、27秒差で2位!
3位が、アーゼードゥーゼルのロメン・バルデで、同じく27秒差。
同じ秒差なのに、順位が違うのは、TTのコンマタイム差を反映させてのことだそうです!

ポイント賞は、なんと本日、クイックステップ・フロアーズのマルセル・キッテル、本日レース冒頭の落車の影響からか、リタイアしてしまいました……。
繰り上がって、ポイント賞はサンウェブのマイケル・マシューズです。
山岳賞は、変わらずサンウェブのワレン・バルギル。
新人賞は、オリカ・スコットのサイモン・イェーツがキープ。
現在2位のメインチェスとは、今日のステージで縮まってしまったものの、まだ2分28秒あります。

敢闘賞は、再びコンタドール


コンタドールが勝てなかったことには、残念な気持ちはありますが、まだまだ、ステージ優勝に向けて戦っている走りが見れたことが嬉しかったです。
コンタドールって、かっくいー。
それと、ロットNLユンボはエース含めてここまででもう3人リタイアしているので、ログリッチェ勝てて良かったと思いました。
あと、リアクションが楽しかった。
今後もたくさん勝って、あのジャンプポーズを勝利の際のトレードマークにしていってほしいです。

Amazon.co.jpアソシエイト