コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2017 第7ステージ

ぶどうぶどうぶどうー。ぶどうーのワイーンはー。
あたまあたまあたまー。あたまーがーまわーるよー。

そんなわけで(どんなわけだ)、ワインを飲みながら観戦する、ワイン畑でつかまえてなツール第7ステージ。
すんなり決まった4人の逃げと、横風に翻弄されながら、表面上は穏やかに内面多少ピリピリとしながらついて行ったメイン集団、ってな感じの一日でした。

逃げのメンバーは、UAEエミレーツのマヌエーレ・モーリ、キャノンデール・ドラパックのディラン・ファンバーレ、フォルテュネオ・オスカロのマキシム・ブエ、ディレクトエネルジーのヨアン・ジェーヌの4人。
モーリとファンバーレって、どこどこのレースで勝ったから、とかじゃなくて、なんとなくレース展開の要所要所で見かけるうちに名前を覚えた、みたいな選手です。
ど派手な活躍をする選手じゃないけど、安定して大きなレースに出てて、ふっと名前が印象に残っている、というような感じ。

意表をついて逃げ切り勝利とかになったら面白いなーとか思いましたけど、まあやっぱりツールはそんなに甘くないですね。
メイン集団は残り6.5km地点で、先に脱落したヨアンを吸収。そしてきっちり残り6km地点で、残り3人全員吸収しました。


吸収完了した時点での先頭は、オリカ・スコット。
そこから各チーム位置どり合戦を繰り返し、デマールとブアニがばちばちやり合ったりしながら、気づけば残り1km地点のフラム・ルージュ。
ここでしっかり集団先頭にあがってきたクイックステップは流石!

そこからさらにすすんで集団先頭はディメンションデータ、二番手がエドヴァルド・ボアッソンハーゲン、その後ろにマルセル・キッテル

そこから完璧なリードアウトでボアッソンハーゲンが飛び出します。ゴール向かってボアッソンハーゲンの右側がマシューズ。左にキッテル。
キッテルが上がってくる!

そして、ボアッソンハーゲンとキッテルが同時にゴール!
どっちか本当にわからない。
スローを見てもわからない。
写真を見てもわからない。

かんっぺきに一緒に見える。

でも、やがて結果が発表。
ステージ優勝は、キッテル!!

クイックステップ・フロアーズのマルセル・キッテル、今ツール3勝目!!

本当に何度写真を見ても、どうしても二人の差がわからないくらいの差でした。
心情としては、エーススプリンターを失ったばかりで、まだチームとして今大会のツールで1勝もあげていないボアッソンハーゲンにとってほしい気持ちがあったのですが、
自分の勝利だと聞いたときのキッテルのほっとした笑顔を見たら、一瞬全部ふっとんで「よかったねキッテル!」ってなった。
くっ……。こ、このイケメンめっ!!(注:ほめてます)
ただ、ボアッソンハーゲンのゴール後の映像も映してほしかったなー。
ボアッソンハーゲンは、なんでも強いってイメージがあったんですが、ここで純スプリンターのキッテルと張り合えるほどのスプリントができる選手とまでは思っていなかったです。
惜しかったね。



さて。4賞ジャージに関しては、
マイヨ・ジョーヌは、スカイのクリスフルーム。マイヨ・ア・ポア・ルージュは、アスタナのファビオ・アル。マイヨ・ブランは、オリカ・スコットのサイモン・イェーツ。この3賞は変化なし。
そして、マイヨ・ヴェールクイックステップ・フロアーズのマルセル・キッテルの手に渡りました!
敢闘賞は、キャノンデール・ドラパックのディラン・ファンバーレでした。


正直、今日は残り50kmから20km地点くらいまで、落車(ワイン飲んで酔っ払って寝落ち)してしまったのですが、
それでも別に寝る前と起きた後では、残りkm数とタイム差くらいしか変化がなかったです(笑)
……初日から今日まで、各レース最初から最後までほぼ見てたから、ちょっと悔しかった。自業自得だけど。


でも明日は山岳ステージなので、きっと今日みたいな穏やかなレース展開にはならないでしょう!


ちなみに明日の第8ステージは、自転車イベント(プロ観戦者への道)でできたお友達と、外出先で見る予定!
そうなのです。「プロ観戦者の道」イベントは偉大なのです。一緒にレース観戦ができる友達ができたのです。
やいのやいの言いながら、ご飯とかお酒とか楽しみつつ、レース見るんだー!

Amazon.co.jpアソシエイト