コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2017 第3ステージ

ベルギー、それは、チョコの国。
ベルギー、それは、ワッフルの国。
ベルギー、それは、横風の国

そんなわけで今日はベルギースタートの第3ステージ!アップダウンアップダウンの繰り返しがあって、ルクセンブルクを通り、最後はフランスに入って3級山岳がゴール地点となります。

昨日は、たった一回のアタックで決まった逃げ。
今日はそんなに甘くないはず!なんといってもツールの逃げだもの!!

って思ったら、なんか大きめのアタックの3回目くらいで決まった。


う、うーむ。
これが、普通なのかどうかがわからない。


最初は3人で逃げてたのですが、そこに後ろから3人が追いつき、計6人の逃げになります。メンバーは次の通り!
ニルス・ポリッツ(カチューシャ・アルペシン)
ネイサン・ブラウン(キャノンデール・ドラパック)
アダム・ハンセン(ロット・ソウダル)
ロメン・シカール(ディレクトエネルジー)
フレデリック・バカールト(ワンティ・グループゴペール)
ロマン・アルディ(フォルテュネオ・ヴィタルコンセプト)

集団とのタイム差は、4分いかないくらい。2分から3分半くらいまでを保つように、メイン集団がコントロールしている感じです。


レース序盤、18km地点にある4級山岳は、キャノンデールのブラウンがとりました。

メイン集団は、ボーラとかサンウェブが引いている時間が長い気がします。かなり落ち着いています。
中間スプリントが近づいてきたとき、タイム詰め過ぎちゃったからか、横いっぱいに広がって四角い集団になってました。
そのときの速度は、時速19km。
逆にこの人数でこの速度で走るって大変じゃないんだろうか。


先頭グループ、中間スプリントでは、一番最初にハンセンがしかけます!
すぐに反応したカチューシャのポリッツがいった。
……あれ。ハンセンすぐにやめました。

そのままポリッツがとります。
ハンセンは、結局4位通過。


メイン集団では、中間スプリントの7位以下のポイントを争います。
コロブレッリがいい感じで一つ前にいたのですが、ポイント地点直前でカベンディッシュにぬかれました。
コロブレッリ、昨日から思ってたけど、毎度毎度ちょっと速めにスタートしすぎている感じがします。
あえてロングスプリントなのか、それとも他のライバル選手たちとの争いの中でロングスプリントじゃないとスプリントができないような、位置どりの戦いが行われているのかまでは、私にはわからないのですが。


その次に現れた4級山岳では、カチューシャのポリッツが競合いに勝ってゲット。そのまま後ろの選手たちに合流せずに、次の15km先の3級山岳目指して一人飛び出していきます。後ろから一人、キャノンデールのネイサン・ブラウンが追いつきます。
先頭が2人、10秒ちょっと離れて4人の追走。メイン集団は、その約2分後方にいます。

3級山岳が近づいてくると、ブラウンが先にアタックをかけました!まだ全然ポイントが見えない、かなり早めのアタックですが、ポリッツ、追いつきません!
そのまま徐々に引き離し、ブラウンが3級山岳ポイントをゲット!



先頭が残り60kmになったところでメイン集団から3人のアタックがかかりました。
リリアン・カルメジャーヌ(ディレクトエネルジー)、ピエールリュック・ペリション(フォルテュネオ・ヴィタルコンセプト)、そしてきたぞ!!最強の逃げ屋、ロット・ソウダルのトーマス・デヘント!!

この追走グループが、しばらくして前の逃げ集団に追いつきます!
メイン集団とのタイム差は50秒。
でもこのタイム差がまた徐々に開き、1分30秒くらいに落ち着きます。

しかし、せっかく人数が増えたこの先頭集団の9人。協調が成立しません。
スピードはあがってるのですが、この9人のなかで、なんども中切れが起きます。
最終的に、先頭として残ったのは4人だけ。
カルメジャーヌ、アルディ、ペリション、そしてデヘント!

ほかの5人の選手は、スピードをあげてきたメイン集団に、徐々に吸収されていきます。
メイン集団は、クイックステップがメインでスピードをあげています。


残り40km地点で、先頭4人とメイン集団とのタイム差は約1分40秒くらいです。

先頭が残り35kmに到達したころ、最後まで一人で追走として残っていたハンセンが吸収されました。
これで、先頭4人、1分45秒遅れてメイン集団というわかりやすい構図になります。


残り25km。
先頭4人とメイン集団とのタイム差は、約1分15秒です。


残り22km。
タイム差が約1分5秒。
ここでまず、先頭でアルディが遅れます。まあ最初の逃げ6人に入っていたからね……。
そして次に、なんとデヘントが遅れる!

残ったのはペリションとカルメジャーヌ。
そしてカルメジャーヌがスピードをあげた!ペリション遅れる!
ディレクトエネルジーのカルメジャーヌ、単独先頭!

残り18kmで、先頭のカルメジャーヌと集団とのタイム差は、約1分!
メイン集団はかなりスピードをあげています。風は向かい風、逃げに不利です。


残り13km。
タイム差23秒!後ろは、オリカ・スコットが先頭でスピードをあげます。
と、集団後方で落車発生!スカイのキリエンカ、バーレーンのボルト・ボジッチが転んだ模様ですが、大きな怪我はなさそうです。


残り11km。
メイン集団では、カルメジャーヌを吸収する前に、すでに位置どりがはじまりました。
カルメジャーヌは、残り10kmのアーチをくぐったところで、ようやく集団に吸収されます。

曲がりくねった道の中、向かい風でスピードが上がらない状況下での位置どりに、集団はいつも以上にごちゃごちゃしている印象。
先頭はBMC。クイックステップやロット・ソウダルも、集団前方に来ています。


BMCはヴァンアーヴェルマートが勝負をするのでしょう。
そして、クイックステップフィリップ・ジルベールが控えています。
ロット・ソウダルは、だれかな。ティム・ウェレンスかな。
あと、今日ずっと集団を牽引していたボーラはペーター・サガン、サンウェブはマイケル・マシューズがステージ争いにからんでくると思われます。


残り3km。
先頭はボーラ・ハンスグローエ。集団は縦1列です。かなりスピードが上がっています。
カベンディッシュやブアニなど、登りが苦手がスプリンターは集団から遅れていきます。


残り2km!登りに入ります!
かなり勾配がきついです。
ずっとずっとBMCが先頭です。二番手がBMCのエース、リッチー・ポート!


残り1km!
ポートがスピードをあげた!
その後ろについているのは、え、コンタドール!?
コンタドールの後ろには、ボーラの選手。後ろにサガンを連れています。
サガンがポートの後ろに回り込みました。

そして、サガンが踏んだ!
数回ペダルを回しただけで、一気に先頭に踊りでてしまうサガン
めっちゃ余裕!!後ろを確認しながらゴールすぐそこなのに、後ろを振り返りつつ踏んでます。どういう状況だこれ。
でもそこでペダルが外れた!!えええ!?ここで!?
その隙に一気にあがってくるアーヴェルマートと、ダニエル・マーティン
サガン、あんまり慌てた様子もなく、ちゃんと外れたクリートをはめ直して、踏み直します。
するとまた一気にそれで前に出るサガン!すごい、一瞬で立て直した!
アーヴェルマート遅れる!マーティンは食らいついていく!
しかしマーティンの右手側から、大きくスピードを上げて入ってくる黒と白のウェア!
サンウェブのマイケル・マシューズだ!

ゴール向かって右からマーティン、サガン、マシューズ!
勝ったのは、サガン!!

ボーラ・ハンスグローエのペーター・サガン、ステージ勝利

……あの状況でクリートをはずれて、そのまま勝てるサガンってやっぱり尋常ない強さです。すごすぎる。
スターは、ミラクルを起こすからスターなのですね。
2位はサンウェブのマイケル・マシューズ。3位がクイックステップ・フロアーズのダニエル・マーティンでした。
クイックステップはてっきりジルベールで来るものだと思っていましたが、ジルベールトップ10に入っていませんでした。


さてさて、4賞ジャージ!
マイヨ・ジョーヌは変わらず、スカイのゲラント・トーマス。ちなみに2位に、フルームが12秒差が入っています。
マイヨ・ヴェールも変更なし!クイックステップ・フロアーズのマルセル・キッテル
そしてマイヨ・ア・ポア・ルージュは、今日逃げに乗って、3級と4級の1位通過ポイントをそれぞれ一つずつとった、キャノンデール・ドラパックのネイサン・ブラウン!
マイヨ・ブランは、アーゼードゥーゼル・ラモンディアルのピエール・ラトゥールになりました。
敢闘賞は、最後の方に単独で逃げていた、ディレクトエネルジーのカルメジャーヌです。


今日のステージ争いは、もっとパンチャーの選手だけの争いになるかと思っていたのですけれど、
総合上位狙っている選手も普通にからんできていて、ちょっと不思議な感覚でした。

あと、何よりも、天気がよくて本当によかった。

Amazon.co.jpアソシエイト