コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2017 第2ステージ

今日は203.5kmの平坦ステージです。
山岳は、始まってすぐの6.5km地点と、ゴール前12.5kmのところに4級山岳があるだけなので、スプリンターの争いになると思います。
ちなみに中間スプリントは、ゴール地点から121km地点にあります。


アクチュアルスタートからすぐに、プロコンチネンタルチームの選手を中心に、アタックがかかります。
ローラン・ピション(フォルテュネオ・ヴィタルコンセプト)と、トマ・ブダ(ディレクトエネルジー)。そこに、テイラー・フィニー(キャノンデール・ドラパック)とヨアン・オフレド(ワンティ・グループゴペール)も入ります。

そしてこの4人による逃げがすんなり決まり、すぐにやってきた4級山岳ポイントでは、きれいにフィニーが飛び出して、そのまま1位通過。山岳ポイントを1ポイントゲットします。

メイン集団は逃げから約3分ちょいくらいの間隔をたもったまま、レースがすすんでいきます。

メイン集団を引くのは、ロット・ソウダル、クイックステップ・フロアーズ、ディメンションデータが中心。
それぞれ、アンドレ・グライペルマルセル・キッテルマーク・カヴェンディッシュという、本日の優勝候補となるスプリンターを擁するチームですので、タイム差が開きすぎないように調整をしているかたちです。


ただ、ちょっと気になるのが、タイム差です。約3分。
総合が絡まない平坦ステージにおいて、平坦ステージでの逃げとのタイム差って考えると、かなり短めな気がします。
さらにメイン集団は残り140kmくらいになってからカチューシャも前を牽引し出し、タイム差を2分10秒代に詰めはじめました。
登りとかもないので、偶然このタイム差になったわけではなく、明らかに意図的にタイム差を縮めている気がします。
逃げの4人に、中間スプリントポイント取らせないつもりなのかな?

しかし、135kmくらいになると、今度はまた徐々にタイム差を広げはじめました。
何が何でも、絶対に万が一にも、逃げ切り勝利は許さないという意思表示?
……んーむ。よくわからん。

しかし、残り130kmを切ってきたくらいで、だんだん天候が厳しくなり、125kmくらいにはかなりのざーざー降りになりました。

ううー。中間スプリント手前から降るって、タイミングが悪いよー。危ないよー。
絶対メイン集団、かなりの高速スプリントするだろうに……。


雨は止むことなく、残り121kmの中間スプリント地点が近づいてきます。
先に中間スプリントポイントに来た逃げ集団では、またもやフィニーがとびだしました。
その反対側から、ブダもスプリント!
ブダのが速い!
フィニーは直前でスピードを緩め、中間スプリント1位通過はディレクトエネルジーのブダがとり、そこからフィニー、ピション、オフレドの順番でスプリントポイントを通過していきます。

その2分25秒後方にいるメイン集団。
5番手通過を争う、スプリンターの戦いがはじまります。
バーレーンメリダ、ロット・ソウダル、クイックステップ・フロアーズ、カチューシャ・アルペシンなどが集団前方でトレインを組みだしました。

ポイントまで近づいた時点で、バーレーンのコロブレッリが他のスプリンターたちより先に飛び出しますが、そのとなりで遅れてスプリントを開始したカチューシャ・アルペシンのクリストフがぐぐっとのびて、クリストフがスプリントポイント5番目の通過者に!
ブアニ以外のほとんどのスプリンターがこのポイント争いに参加してスプリントをしていましたが、雨だったからか、それほどバチバチのあわやぶつかる!?っていうスプリントにはなっていませんでした。

そこから、またずーっっっっと、同じくらいのタイム差を保ったまま、レースは進んでいきます。
雨は気付いたら止んでました。

ふう、とりあえずよかった。
と思ってぼーっとしてたら、残り70km切ったあたりから、また降り出します。


大雨の中、残り40km地点で、逃げ集団とメイン集団とのタイム差は約1分30秒になりました。
メイン集団を引くのは、エフデジとカチューシャ。
エフデジは、今日はデマールで勝負だと思います。

残り37km。
タイム差が1分を切ってきました。
先頭ではちょっとフォルチュネオのピションが遅れ気味ですが、なんとかついていってます。


残り30km。
タイム差が40秒を切り出したところで、メイン集団で大落車発生!!
円形のロータリーに入る入り口付近の水溜りかなにかで、右端の前の方にいたカチューシャの選手がすべり、その左側にいた選手や後ろにいた選手が軒並み落車しました!
カチューシャ、スカイ、ロットNL、アーゼードゥーゼルの選手が、片っ端から巻き込まれた感じです。他のチームの選手も混じってて、全部で2~30人の選手が転んでいます。
主に総合系の選手たちや、そのアシストの選手が多く転んでいる模様。フルームやバルデ、ポートも巻き込まれた!?

幸いなことに、それからちょっとして、転んだ選手たちは全員走り出したようです。
メイン集団では、ボーラが先頭を引き出していますが……後ろから前をひいているチームメイトたちに話しかけてるの、ユライにーちゃんかな?
たぶんちょっとスピードを抑えよう、みたいな感じだと思います。
程なくして、なんとかみんな遅れた選手たちはメイン集団に合流しました。
残り22kmで、逃げ集団とメイン集団との差は約30秒。


残り20.5km。
先頭では今日のもう一つの4級山岳ポイント争いがはじまります。
4人縦1列に並んでいた状態から、まずはピションがアタック!すかさずついていくフィニー!
フィニーはピションの左側からあがっていきます。
でもきびしいか……、と思った瞬間、山岳ポイント目前のところでスピードをあげてギリギリ先に通過!

キャノンデールドラパックのテイラー・フィニー、山岳ポイント独占です!(計2ポイントだけど)

そのままフィニーは、残した3人と合流することなく、一人で飛び出していきます。
ワンティのオフレドだけが後ろからおいついてきて、先頭は二人になりました。

その約40秒後ろにメイン集団。
雨で降りで、なおかつ急なカーブが多いので、メイン集団は慎重に走っています。


先頭が残り12km地点。
先頭はフィニー&オフレド。
その後ろが、すでにピションとブダを吸収したメイン集団。タイム差は約50秒。

あ!やっと晴れて来た!!


残り8km!
タイム差37秒。
メイン集団では、位置どり合戦が始まっていて、エフデジやロット、クイックステップが徐々に上がってきています。
……んー。グライペルが単騎であがってきてない……。ここ最近、調子いいときには、早めに一人で集団の前方にいて、逆にアシストを探しているシーンが目立つ気がするのですが。


残り5km。
タイム差は30秒。
メイン集団の先頭は、ロット・ソウダルの鉄人アダム・ハンセン!!
ただ、道が広いので、横いっぱいに並んで他のチームもトレインを組んでいきます。
クイックステップやボーラも、集団の前に出て来ました。


残り3km。
逃げの二人とメイン集団とのタイム差は、20秒!!
ディメンションデータ、エフデジ、クイックステップ、みんなトレイン組んでます。

残り2km。
タイム差10秒!
うわああ!ギリギリ、無理かぁ!!


残り1km。
逃げの二人が吸収されました。集団先頭はロット・ソウダル!
集団右端からボーラ・ハンスグローエのアシストの選手が先頭に躍り出ます!その後ろにコフィディスの選手!さらにその後ろがサガン、ブアニ!


ゴール前の直線で、ほぼ全チームのスプリンターがざざっと横にならんだような状態に!
その中から、まるで押し出されたかのように、少し飛び出した位置にいたのがサガン
今いくと早すぎるのがわかるのか、ものすごく後ろや横を見ながら、スプリントのタイミングをはかります。

あ!サガンの真後ろにいたブアニがスプリントをかけた!
その途端、一気に本気モードでスプリントを始めるサガン
しかしそのとなりから、バーレーンメリダのコロブレッリが上がってきて、サガンを抜く!
コロブレッリに決まったかと思ったけど、まだゴールが遠い!

コロブレッリの右手側からあがってきたキッテル!
その二人の間をぬって、キッテルの後方にいたグライペルがスピードをあげてコロブレッリを抜く!
でもキッテル、さらにその前に出でる!
キッテルのすぐとなりにデマールが迫って来ているけれど、届かない!

クイックステップ・フロアーズのマルセル・キッテル、ステージ優勝!!
キッテル、感極まってゴール後に、両手で顔を覆って泣いていました。
自国スタートのステージでの勝利。すごいプレッシャーだったのでしょう。
おめでとう!キッテル!!
2位はデマール。3位がグライペルです。
コロブレッリは6位、ブアニが8位で、サガンは10位でした。


本日、マイヨ・ジョーヌは動かず、スカイのゲラント・トーマスがキープしました。
2位は、5秒差のBMCのシュテファン・キュンク。もちろん本日も新人賞ジャージゲットです!
ポイント賞ジャージは、本日ステージ優勝したキッテルがゲット!
ついでにボーナスタイムのおかげで総合でも現時点で3位にあがってきました!トーマスとは、6秒差です。
山岳賞は、現時点で唯一山岳賞ポイントを持っている(4級山岳は、1位通過した人にだけ、1ポイントしかポイントつかない)、キャノンデールドラパックのテイラー・フィニー!
そして敢闘賞は、フィニーとともに最後まで逃げた、ワンティ・グループゴペールのヨアン・オフレドでした。
最後の最後ギリギリまで全力で逃げてたフィニーとオフレドが、二人とも表彰台にあがれてよかった!




それにしても、雨こわい!!
とりあえずはあの落車に巻き込まれた選手はみんな落車後走っていたようなのですが、あとから痛みが出てくてリタイアすることも多いので、集団落車の影響が気になります。


明日もスプリントのステージではありますが、綺麗な平坦ではなく、細かいアップダウンがひたすら続くステージです。
……雨、降らないでほしなあ。

Amazon.co.jpアソシエイト