コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

クリテリウム・ドーフィネ 2017 第3ステージ

今日は平坦ステージなので、逃げに乗っているのはきっと山岳狙いの選手たちで、たぶん残り5kmくらいで捕まるだろうなーって思いながらぼんやりと見てました。

逃げ集団は、6人。
ロットNLユンボの、クーン・ボウマンと、アレクシー・ヴェルミューラン。
デルコ・マルセイユプロヴァンスカテエムのクアンタン・パシェと、エヴァルダス・シシュケヴィチュス。
それに、ディレクト・エネルジーのブライアン・ノロー。
ワンティ・グループゴベールのフレデリック・バカールト。

このうち、ロットNLのボウマンが、今日繰り下げで山岳賞ジャージを着ていたのですが(本当は現在総合リーダージャージのデヘントが山岳賞)、自分で片っ端から山岳ポイントを1位通過してじゃんじゃん山岳ポイントを稼いでいきました。


で、どんどんゴールが近づいて行くのですが、
風向きが横向きの追い風だったりして、ちょっと逃げ向き。


残り12km。
逃げと集団のタイム差がまだ1分30秒。

あれ。
これ、逃げの6人に、勝利の可能性がある……!?


残り8kmで、タイム差は1分15秒。
4kmで15秒しか縮まっていません。
集団は、クリストフ擁するカチューシャや昨日勝ったデマールで今日も勝ちたいエフデジが、必死の形相でスピードをあげようとしますが、あんまり他のチームの協力を得られません。
コカールいるのに、ディレクトエネルジーはどうしたんだろう?
コフィディスは、ブアニのリードアウト役で残すために、もうちょっと待つのだろうか。

でも、先頭6人では、ロットNLとマルセイユプロバンス2名ずついるから、逃げ集団で大幅な牽制が入る可能性も低いし、今がんばらないともうどうしようもないと思うのだけれど。


残り4kmで、50秒!!
先頭はまだみんな全力でまわって逃げています!

残り3km
あ!メイン集団、スプリンターチームがひくのやめた!?
なんか、ちょっとだけピリピリした感じがさっきよりも減ってしまったような雰囲気が。


残り2km。
先頭で牽制が入って来ました。
ただ、いわゆる「お前いけよ」「やだよ、お前いけよ」っていう、遅くなっちゃう牽制じゃなくて、『……どこで仕掛ける……!?』と、強めに踏むその足をアタックにしようかどうしようか迷いながら踏んでるっていう、スピード的に前向きな牽制な雰囲気。
だから、あんまりスピードが落ちない。


残り1km。
先頭は、行くぞ行くぞ詐欺の牽制から、普通の「お前いけよ」牽制になってきました。
ロットNLのヴェルミューランを先頭に、縦1列になります。
後ろをみながら、先頭を引き続けるヴェルミューラン。
それもそのはず、なんだかんだですぐ近くに、集団が迫って来ているのが見えている……!


残り300m。
前から4人目を走っていた、ボウマンがアタックをかける!!真後ろについたシシュケヴィチュス!その後ろにバカールト!!
でも、その縦一列のまま、誰も横に並べない!抜きにもかかることもできない!
誰も寄せ付けずに、ロットNLユンボの、クーン・ボウマン、ステージ優勝!!
2位がシシュケヴィチュス、3位がバカールト。

すぐ後ろから、11秒差で集団が入ってきます。先頭はデマール。すぐ後ろがコカールでした。


逃げ切ったー!!ロットNLすごい!!
確かに今回のドーフィネ、去年のツールで勝利をあげたスプリンターは誰もでていないのですが、それでもまさか今日、並み居るスプリンターチームを差し置いて、逃げ切り勝利が決まると思ってなかった!!


ちなみに、今日全部の山岳ポイント1位通過したボウマンですが、
それでも、今日の山岳賞ジャージは、デヘント。

どんだけ第1ステージで山岳ポイントを取ったんだ(笑)



明日は個人タイムトライアルです。
今日までは、デヘントが総合リーダージャージを守っていますが、
明日からは、フルームやコンタドールが、いよいよ総合に向けて大きく動く日になると思います。

ドーフィネの様子は、そのままほぼツールに直結するので、明日が今年のツールを予想する上で大きな指標になることでしょう。たぶん。

まあ難しいことはさておいて、TT好きだから楽しみ!!

Amazon.co.jpアソシエイト