コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ハンマーシリーズ 2017 ハンマースプリント

本日はハンマースプリント!
平地をガンガン攻める日です。
昨日の今日なので、どんなレースになるのか、まったく想像できません。


今日は、号令の号砲が鳴らないという珍しいトラブルから始まって、でもちゃんと普通のパレードランがありました。
そのあと、ちゃんと旗がふられて、普通にだんだん逃げができていきました。

最初に駆け出したのは、キャノンデールのヴァンマルク。
オリカのユアンなんかも、最初っから前に出ていきます。
やっぱり、トレインはできないのね。

1周目はキャノンデール・ドラパックのヴァンマルクがとりました!

1周目の逃げがそのままつづき、
2周目のボーナスポイント(2倍になる)の1位通過はトレック・セガフレードのスティーブン!
トレックは昨日0ポイントだったので、今日はがんばっていかなければならないのです。

3周目の途中で、逃げが潰れて大集団になります。
そこから新たにまた先頭グループができ、フィニッシュの直前でサンウェブのシンケルダムがとりました。

でも4周目に入ってすぐに、落車が発生!
さっきポイント1位をとったシンケルダム、オリカ・スコットのカレイブ・ユアン、BMCのダニエル・オスらが巻き込まれました。
ユアンは、ここでリタイアです。
今日は向いているだけに、惜しい……。

先頭では3人のグループができます。
あ!ニッポヴィーニファンティーニのマルコ・カノラが入っている!!
残りの2人は、トレック・セガフレードのストゥイブンと、ロット・ソウダルのワライス。

その頃、クイックステップ・フロアーズのガビリアが監督に「今日ホテル帰る」と話して、リタイアを決めていました。

4周目のポイント直前で、カノラとストゥイブンが競合い、とったのはトレック・セガフレードのストゥイブン。
逃げの3人がすぎて、4位以下のメイン集団が来た時に、スカイが3人でスプリントしてました。
それを見て、やっと「あ。団体戦だ」って思いました。

5周目は、ポイント二倍なので、ちょっと緊張感があがります。
逃げができては吸収され、また飛び出しては吸収され、最終的にやっぱりトレインを経由しないスプリント。
5周目のボーナスポイントをとったのは、チーム・スカイのエリア・ヴィヴィアーニ。

全部が全部、中間スプリントみたい。
まあ、中間スプリントなんだけど。最終も中間もポイントに大きな違いがないだけで。

でも、ほぼ毎周回一旦逃げや飛び出しがリセットされるので、どの選手が強いかわかって面白い。


6周目の途中で、オリカ・スコットのクルーゲが一人で飛び出しました!
うしろから他の選手たちもあがってきますが、クルーゲには追いつかず。

6周目はオリカ・スコットのクルーゲが1位通過!
残りの選手はまとめてスプリント!
いろんなチームが、スカイを見習って「とりあえずチームメイトをたくさん入れる!」って感じになってて、ちょっと面白い。
この時点で、チーム順位はトレックが1位で、2位がスカイで10.1ポイント差です。

7周目では、キャノンデール・ドラパックのヴァンマルクとニッポ・ヴィーニファンティーニのマルコ・カノラが先頭で逃げました。
そのまま2人で逃げ続け、
7周目はニッポ・ヴィーニファンティーニのカノラが1位通過!

さあ、最終周!
先頭はニッポのカノラとヴァンマルクが二人で逃げていく!

最後くらいは、トレインを組んだスプリントが見たい気持ちがあるのですが、でも前の方に残っているチームは多くて2名なので、トレインは成立しないだろうな。
明日の順位が、現時点でギリギリ8位くらいのチームが強調して、4人くらいでトレイン組めると面白いのかもしれませんが、そんなすぐに計算して判断できるチームいないだろうし。

最終周を前にして、チーム1位はトレック、2位がスカイで約15ポイント差、3位がロット・ソウダル、4位がキャノンデールです。

先頭グループは、カノラとヴァンマルク。そこから遅れて、バーレーンメリダのイバン・ガルシアが追走から飛びだし、現在3番手につけています。その後ろに、追走グループ。そのまた後方に、かなり後ろの方にいた気がする大きな集団が、いつの間にかがんがん追いついて来ました。


フィニッシュ地点まで残り150mで、ヴァンマルクがアタック!
カノラは追わない!ただ後ろを振り向いてちょっと気にしているだけ。
ボーナスポイントの最終周は、キャノンデール・ドラパックのヴァンマルクが1位通過しました!
2位通過はカノラ!

ガルシアは途中で吸収されていて、その後で飛び出してきたロット・ソウダルの選手が3位通過で、そのあとはほかのチームがどっ!とスプリント。
でも、スカイがいなかったような……。

そして、最終結果。
本日のチーム1位は、トレックセガフレード
そんでもって、2位が逆転したロット・ソウダル。3位が、キャノンデール・ドラパック!
スカイは4位になりました。


昨日は、うんうん唸りながら見てたけど、
今日は「チーム戦!!チーム戦!!」って頭切り替えて見て見たら、なんだかとっても楽しかった!
そっか。いつものレースだと、ある程度選手の名前や脚質知ってて、少しは見分けられないと楽しめないけど、ハンマーシリーズ方式だと、ウェアでチームがわかれば楽しめるんだ。


そして、いよいよ総合順位の発表。
昨日、今日の順位を足して、その合計値が一番少ないチームから順に順位が決まり、
1~8位、9位〜16位の2グループに別れてレースをするのです。

なので、この時点で9位以下のチームには、もう優勝の可能性はありません。

そして、その総合順位は。
1位サンウェブ、2位スカイ、3位ロット・ソウダル、4位ニッポ・ヴィーニファンティーニ、5位モビスター、6位キャノンデール・ドラパック、7位オリカ・スコット、8位トレック・セガフレード

TTT強いクイックステップもBMCも落ちた?!!
ワールドチームがぞくぞく振り落とされている中、唯一入っているプロコンは、ニッポ・ヴィーニファンティーニだ、すごい!!4位だ!


明日は、この総合順位ごとに与えられたボーナスタイムに、昨日、今日のステージ順位で与えられるボーナスタイムが加味された状態でのタイムが与えられ、そのタイム差でのスタートになります。

公式HPを見ていたところ、各チーム5人でのタイムトライアルで、さっきの1位〜8位のグループの中で、一番最初に4人目の選手がフィニッシュラインを超えたチームが優勝となるそうです。
ちなみに、あくまでも自分のチーム中で先頭交代してかなかくてはならず、ほかのチームにひいてもらうのはアウト、とのこと。



3日間のハンマーレースの中で、一番想像がつかなかったのが明日(っていうか、今日か)のハンマーチェイスなので、どうなるのか楽しみです。
あくまでも、チーム戦。チーム戦。チーム戦!←自分に暗示をかけている。


6/4追記

ごめんなさい。放送中は、トップ8のチームは上記の情報がでていたんですけど、ペナルティとかが加味されて、実際には下記の順位になったみたいです。


1位スカイ
2位サンウェブ
3位ニッポ・ヴィーニファンティーニ
4位ロット・ソウダル
5位モビスターチーム
6位キャノンデール・ドラパック
7位オリカ・スコット
8位ロットNLユンボ


翌日の、チェイスに続く!!

Amazon.co.jpアソシエイト