コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジロ・デ・イタリア 2017 第20ステージ

1日あきましたが(私がレポート書いてないだけですが)、今日は第20ステージ!
勝敗がつくのは、明日のTTですが、今日は勝敗の見通しが立つ日です!
TTは他の総合優勝候補の選手に比べて、デュムランが圧倒的に有利なので、今日終わった時点でもしデュムラン以外の人が総合1位だと、デュムランとのタイム差がものすごく大事な意味を持つからです。

ちなみに、私の、本日のステージ優勝予想は、ピノー。
なんでかっていうと、3週目たぶん一番安定して調子がいい中で、今回まだジロを勝ってないからです。

今日はステージ優勝を狙ったのと、総合の前待ち作戦を含めて6人の逃げが決まりますが、ついていけなかったり、後続のアシストのためだったりと、だんだん減っていきます。
メイン集団では、モビスターが中心に牽引をしていました。

残り85km。
ここまで、ほぼずっと集団先頭を率いていたモビスター。そのアナコナが遅れました!!
同じく、ゴルカ・イサギレも遅れた!
残ったキンタナのアシストは、デラパルテとアマドールのみ。


集団は、カチューシャが前を引き、登りどんどんペースアップ。
アシストを削っていきます。
サンウェブも、残っているアシストは、ゲシュケのみ。


残り80kmで、カチューシャが先頭から下がり、また先頭はリーダーチームのモビスターの引きに。

残り76km。
またカチューシャのアシストの選手がまえに出ます。そこでザカリンが前にあがり、二番手についたところで、カチューシャがアタック!
そして、アタックした選手が抜けて、ついてきたロベルト・キセルロウスキーがひきます。
この動きについて来たのは、キンタナ、ニバリ、ティボ・ピノー、デュムラン、ユンゲルス、ポッツォヴィーヴォ、そして後ろからあがってきた、ランダ。
イェーツとモレマは遅れた!!

さらに前から、6人の逃げに入っていたカチューシャのマキシム・ベルコフが降りて来た!!
これで、マリア・ローザグループは10人になりました!

でも、結局イェーツやモレマが取り残された後ろの集団がおいついてきて、残り70km地点で、20人くらいの集団になります。


残り68km
アスタナのカタルドがメイン集団でアタック!
集団は見逃し、カタルドは一人で前を目指します。

一人で頑張っているのですが、結局カタルドは前に追いつけず、残り33kmで吸収。
動きそうで動かない!!

そしてこのながーい間に、どんどん後ろからアシストの選手があがってきます。


残り27km。
キセルロウスキー、パンク!!
そろそろ最後の登りなのに!!

この時点で、前はクイックステップフロアーズのドリス・デヴェナインスとBMCのディラン・トゥーンスの二人がずっとずっと逃げているのですが、
集団とのタイム差は、約2分30秒。


残り25kmきったところで、ようやくカチューシャのキセルロウスキーがメイン集団に合流しました。

集団牽引は、モビスター。
残り23kmでニバリがアタック!
キンタナはついていく、ポッツォヴィーヴォ、ザカリン、ティボ・ピノーが追いつきました!
デュムランが遅れます。

ここで、先頭から脱落したデヴェナインスを吸収。
先頭は、今一人で逃げいているトゥーンスのみです。
あ、デュムランが追いついた!


残り22km、他の選手も追いついて来て、今度はエフデジのライヘンバッハが集団を引き始めます。

するとここでザカリンがアタック!ポッツォヴィーヴォがついていく!
ここ数日、ザカリンがアタックすると必ずポッツォヴィーヴォついていく気がするぞ!!

そして今度はキンタナがアタック!ニバリもついていく!ニバリとキンタナが協調していく!
後方では、遅れたピノを、アシストのライヘンバッハが前を引く!



残り20km。
先頭を独走していたトゥーンスを、ザカリンとポッツォヴィーヴォが抜き去っていきます。
この二人、ずっとザカリンがひいている気がします。

そのザカリンの数秒後ろに、キンタナ&ニバリ。

そのまた後ろに、ライヘンバッハ、ピノー、デュムラン、ユンゲルス、モレマ、などなど。
イェーツは、そこからまた12秒ほど後ろに取り残されています。

ここでピノーが飛び出した!
速度を緩めて待っててくれた、キンタナとニバリに合流!
キンタナが先頭に出て、速度をあげます!
続いてピノー。
後ろはデュムランが先頭で追います。


前方では、ピノーにかわりキンタナがひく!
後方は、……え、ユンゲルスがひいてる。


残り18km。
えっと、デュムラン追いついちゃった。
そのままの勢いで、ユンゲルスが前にでます。
ああ、なんとかそっか、同じ集団にいる、イェーツをなんとかしたいのか。

そしてもう一回、ピノーがいく!
ニバリとキンタナが続く!

またデュムランが3人を追う展開!

先頭では、ピノーとキンタナだけが先頭交代中。
……ニバリは、手伝わないのかしら。
あ、やっとニバリが前にでた。


残り15km。
先頭では、ザカリンとポッツォヴィーヴォが二人で協調してどんどん前に行こうとしています。
20秒遅れて、ニバリ、キンタナ、ピノー。
さらに12秒後ろに、デュムラン、ユンゲルス、イェーツ、モレマ、ライヘンバッハ、ヒルト。

さあ、すぐに山頂!下りに備えて、ウェアの前をしっかり閉めるザカリン。ポッツォヴィーヴォを先頭に、山頂ポイントを通過!
後ろでは、山頂に向かって速度をあげるピノー!!
そして下りにはいったとたん、一気に前にでるニバリ!

マリア・ローザグループも下りに入った!
引くのは、下りでのアタックが目立つユンゲルス!


残り10km。
ニバリ、ピノー、キンタナが、ザカリンとポッツォヴィーヴォに追いついた!!
デュムランとのタイム差は、25秒!

ザカリンとポッツォヴィーヴォ、追いつかれたらステージ優勝のために力を温存するかと思ってましたが、先頭交代ちゃんと入ります。


残り5km。
タイム差、8秒!
ユンゲルスの猛追で、どんどんタイム差が縮まっています。

残り4km。
タイム差が12秒。後続はモレマが引いています。

残り3km。
タイム差が18秒!ちょっとタイム差が開きました!

残り2km。
タイム差が20秒!このままだとデュムランにタイム差をつけられますが、でも牽制はいったら追いつかれるよ!

残り1km。
キンタナが先頭で、カーブを下ります。
キンタナ、ザカリン、ピノー、ニバリ、ポッツォヴィーヴォ。
残り400m。
もういっかいコーナー!まがって直線。
ここで一気にポッツォビーヴォがあがってきた!後ろにピノーがつく。
ピノーがポッツォヴィーヴォの左側から、抜いた!ピノーの後ろにザカリン、その後ろにニバリ!
そこでコーナー!
そのままゴール!!

エフデジのティボ・ピノー、ステージ勝利!!

ほ、本当に勝っちゃった。びっくりした。

2位がザカリン、3位ニバリ、4位ポッツォビーヴォ、5位キンタナ。
続いて15秒差でユンゲルス、イェーツ、ライヘンバッハ、モレマ、デュムラン。



これでまた総合が動きました!

モビスターのナイロ・キンタナがマリア・ローザをキープ!
2位のニバリは39秒差。ピノーが3位で43秒差。4位が53秒差でデュムラン。
5位ザカリンは1分15秒差。6位のポッツォヴィーヴォ1分30秒差。

タイムトライアル前に、総合1位から4位が1分以内。
んー。デュムランが有利だな。


ユンゲルスとイェーツに、タイム差がつかなかったので、あとの3つのジャージは、変更なかったです。


明日は、もう最後なんですね。
第100回大会のジロが、終わっちゃうのですね。
どことなく、寂しいな。

去年はこの時期本気で眠かったけど、今年は去年ほどではありません。
なれたのかな。

Amazon.co.jpアソシエイト