コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジロ・デ・イタリア 2017 第12ステージ

ゆったりスプリントステージ!

毎日サイトをチェックしているシクロワイアードの編集長が解説だったので、いろんなお話が聞けて新鮮でした。
レースが落ち着いてるのもあって、モトの話とか、パンターニの話とかほとんどラジオの感覚で聞いていました。


今日はスプリントスステージ!
なので、逃げは3人いましたが、どっかできれいに捕まえるだろうなーっておもって見てました。

もうそろそろ吸収するんだろうかっていう、残り14kmで逃げの3人衆の中から、バルディアーニCSFのマエストリがアタック!
そこから一人で最後の逃げをするのですが、ボーラ・ハンスグローエが中心になって、追っていきます。

最終的に、残り7kmで吸収。
さあこっから位置取り位置取り!

結構道が広いので、ボーラやロット・ソウダル、オリカ・スコットが前に出てきます。
でも、残り4kmくらいで集団先頭に立つのは、モビスター。
危険回避なんだと思うけどスプリントステージのモビスターの牽引、けっこう今回のジロで目立つ気がします。
あ、でもモビスターの今前から二番目にいるの、ベンナーティだ。
……ベンナーティ、スプリントしないかな。

でもそこでまたおっきいカーブがあり、先頭がかわります。
またまた、ボーラハンスグローエ!
反対車線でトレイン組んだのはロット・ソウダル。
だんだんとクイックステップも前の方に集まってきました。


残り1.8kmで、ウィリエールのズパが単独アタック!
すかさずボーラが先頭で追いかけ、残り1kmで吸収します。
でも横からクイックステップがあがってくる。
ロット・ソウダルは、後ろの方から一人グライペルを連れてまっすぐ上がってきました!
ボーラのベネットの後ろにグライペルが入ったところで、最後のカーブ!
上手にボーラの内側にはいったクイックステップのリケーゼが、ガビリアのための綺麗なリードアウト!

ガビリアが、集団先頭のど真ん中で満を持して発射!
他のスプリンターも一斉にスプリント開始!

ただでさえ最近絶好調のガビリアが、先頭の一番いいポジションでスプリントしてるから、誰も追いつけない!

クイックステップ・フロアーズのガビリアがステージ3勝目!!
2位がウィリエールのマレツコ!3位がボーラのサム・ベネット

3勝目をきっちりとっていくガビリアはもちろんすごいのだけど、今日はマキシミリアーノ・リケーゼのリードアウトの完璧さが運んだ勝利に見えました。
リケーゼ、そろそろ位置取り合戦がプロトンではじまるぜってとこでパンクして、「うぉぉぉぉ!!」って感じで集団に追いついてきてたんだけど、
気づいたら一番前で完璧なリードアウトをこなしていました。


総合順位は大きく変動せず、サンウェブのデュムランがマリア・ローザをキープ中です。
マリア・チクラミーノは、もちろん今日ポイントを大きく重ねたガビリア。
マリア・ビアンカも変わらず、クイックステップのユンゲルス。
そして、最初の2級山岳でポイントとったので、ディメンションデータのオマール・フライレがマリア・アッズーラをゲットしました!
スプリントステージなのに、山岳賞ジャージが動いたんだ。


明日はど平坦で、山岳ポイントなかった気がするので、とりあえずフライレは明日ゴールすれば、山岳賞はキープの予定。
というか、よっぽどのことがない限り、明日は4賞ジャージ動かなそうかも。

Amazon.co.jpアソシエイト