読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジロ・デ・イタリア 2017 第7ステージ と宣伝効果を実感した話

今日はもういいよね!
細かいレース展開とかいいよね!

だって、スプリントだったんだもの!
待ちに待った感のある、これぞというスプリントだったんだもの!

逃げが、ウィリエール・トリエスティーナのジュゼッペ・フォンツィと、ガスプロム・ルスヴェロのドミトリ・コゾンチュクのたった二人だった時点で、今日はきっともう間違いなくスプリントじゃないかって思ってました。

昨日が、スプリンター抱えているチームからすると、逃げ切られてしまった日だったから、今日はおそらくかなり警戒心高めでくると思っていたのです。


そしたらまあ案の定、20km前後からにょきにょきトレインができてきて、
集団ないの位置の変化のスイードがじわじわとあがっていく……。

残り5kmを切ってから、キャノンデールのコレンがアタックして、それをSKYのキリエンカが集団の先頭で追って、っていう展開をうけて、最後1kmを切って、あとはもう各チームのエースが揃い踏み!

その中で、たった2チームだけが、アシストを一人ずつ残していて、最後はその2チームのアシストとスプリンターが、先頭で二列で横並び状態になる展開!

1チームは、ボーラ・ハンスグローエ。
スプリンターはサム・ベネット
そしてもう1チームは、オリカ・スコット。
スプリンターは、カレイブ・ユアン

その後ろに、ロット・ソウダルのグライペルクイックステップ・フロアーズのガビリアの順番。

そして、かなり早めに段階で、ユアンがじわじわと先に飛び出す!
ワンテンポ遅れて反応するベネット。
グライペルは遅れる!
そのまま最後のカーブへむかうスプリンターたち。

そのとき、後ろから、ものすごい勢いであがってくるガビリア!

カーブを抜けて、一歩前にでているのはユアン
アウト側から上がってきたのがベネット。
イン側から猛加速をしたのがガリビア

ほぼ三者ならんだ状態で、そのままハンドルを前に投げ出して、ゴール!

誰も手をあげない中、判定の結果勝ったのは、オリカ・スコットのカレイブ・ユアン!!

ああ!これこそスプリンターの日!
最後の10kmくらい、ハラハラしてとっても楽しかった!

ちなみに、4賞ジャージは変わらず。



でも、最近思うのは、逃げって本当に、目立つっていう意味があるんだってこと
なんでかっていうと、最近、ウィリエールの自転車もいいなあと思い始めてきたからです。

GWに、プレミアムバイクインプレッションっていう、都内でやってた自転車試乗会に行ったんですよ。

と、いうのも、ある日自転車屋さんでうらやましそうにロードバイクを眺めていたら(手が小さいのでブレーキが怖くて、ロードバイクは乗れないので)哀れに思った店員さんが試乗会の案内をくれたのです。
「ここで、試しに何台か乗ってみれば?」って。

そこで数台乗ってみたところ、そこそこ上のグレードのブレーキついているモデルなら、とりあえずはブレーキかけられて乗れたのです!

また、試乗した中でも、トレックのエモンダのレディース用のバイクと、キャノンデールのCAAD12っていうのが、結構走りやすくて、というか、とっても楽しくて、ロードバイクもいいなあ、欲しいなあって気持ちが強くなってきたのです。
あと、とっても軽い!!こんなに私のクロスバイクと違うの!?っていうくらい、軽かった!

そんなことがGWにあったので、ジロで逃げにはっているウィリエールの自転車が目に入ることはいること。
ジロに出てなかったら、たぶん全然気に留めてなかった気がすることを考えると
、ジロで逃げることの宣伝効果ってすごいなあと思うようになったのです。

ただ、もしロードを買うとなったら、今持っているクロスバイクを手放さないと、保管場所がないんですよね。
だから、まだそんなに現実味のある感じではなくて、「いいなあ」くらいなのですが。

何はともあれ。
今日はすごいスプリントの日でした!終わり!


あ。
そいえば、今日優勝したユアンチームのスポンサーであるスコットのバイクは、試乗してなかったや。

Amazon.co.jpアソシエイト