読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジロ・デ・イタリア 2017 第6ステージ

今日は、風が強くて細かいアップダウンが多い、タフなステージです。
パンチャー向け?……というより、逃げ切り向け?

今日の逃げは5人で決まります。うち、ワールドチームが4人。
第1ステージで衝撃的な勝利をした、ボーラ・ハンスグローエのルーカス・ペストルベルガー、BMCのシルヴァン・ディリエ、バルディアーニCSFのシモーネ・アンドレッタ。
そして、ちょっとびっくり。トレック・セガフレードが二人!
マッズ・ペデルセンと、ジャスパー・ストゥイヴェン。

トレック、仕掛けるつもりってことだよね。
どんな展開にしていくつもりなんだろう。
わくわく。


メイン集団では、キャノンデールと、ウィリエール・トリエスティーナが中心で牽引します。
……なんでだろう。



後半に至るまでのレース展開を書こうとすると、
「逃げ集団を、集団はある程度のタイム差を離したままそれを追っていきました」っていう、
一文で終わっちゃうんですけど、
ただいかんせん風が強いので、なんでもなさそうなところで集団から遅れるたくさんのアシスト選手がいたり、強風の中パンクで遅れる選手が多発したりして、展開は落ち着いているのに、レースは落ち着いてないレース展開。


残り15km時点で、逃げとメイン集団のタイム差が、約3分。
うん。逃げ切り向け。

残り13km。
まだタイム差は約3分。
メイン集団のスピードはがんがんあがってきていますが、まだ位置取り合戦、っていう感じではありません。
平坦じゃないからかな。

残り12km。
タイム差2分55秒。

残り10km。
2分40秒差。

残り9km。
タイム差2分30秒。
メイン集団が、速くなって、というか迫力がでてきました。
位置取りモード、なんだけど、位置取りに集中してないというか、位置取りもしなきゃいけないけどスピードあげなきゃ、あ、でも位置もとらなきゃ、みたいな、あっちこっち気もそぞろな感じが抜けません。
スピードがあがったと思ったら、位置取りのばちばちの雰囲気が勝って、あれ、でもまたスピード重視になった、みたいな感じに見えました。


残り8km。
タイム差2分10秒。


残り7km。
逃げ集団にいた、トレックのペデルセン、ここでオールアウト!
全力でひいてひいて、力を出し切って、もう走れない状態。
残りの4人がペデルセンを置いて、登っていきます。
ペデルセンはもう、漕いでるんだか漕いでないんだかわからないくらいのスピード。
でもこのペデルセンの引きあってこそ!もう逃げ切りが決まったも同然!

残り6km。
ストゥイヴェンのアタック!!
ディリエがついていく。その後ろがペストルベルガー!
アンドレッタはついていけない!!


残り5km。
先頭は、追いついたディリエとペストルベルガーとストゥイヴェンの3人で、また協調して進んでいきます。

残り4km。
あ、ストゥイヴェン、ボトルを捨てた!!
メイン集団とのタイム差は1分40秒くらい!


残り3km。
なんかもう先頭もメイン集団もみんなアップダウンとつづらおりで揉まれてて、見てて忙しい!


残り2km。
タイム差1分30秒!
逃げの3人は、最後の登りに入っていきます。
メイン集団は一列棒状で下ってる!


残り1km!
逃げの3人は牽制しつつ、後ろも気にしつつ、協調しつつ、どこで誰がいくかを様子を見合っています。
ここからなんとなく、ペストルベルガーが先頭に。


残り250m!
まだ様子見!

しかしメイン集団はものすごい勢いで迫ってきている。

と、ここで、真ん中からディリエがいった!
ストゥイヴェンがついていく!
ペストルベルガーも一瞬追おうとするけど、離されていく!

ストゥイヴェンがディリエに並んだ!!
ペダルを踏むリズム、体の揺らし方すらほぼ同じダンシングで、登っていく!

そして、ゴール!
その瞬間、二人同時に手をあげる。
右手でハンドルを叩くストゥイヴェン。
両手を掲げるディリエ。

BMCレーシング、シルヴァン・ディリエの勝利!!
見事!ストゥイヴェンは惜しかった!

4勝ジャージは、まったく変わらず。
総合と新人賞がユンゲルス、ポイント賞がガビリア、山岳賞がポランツェです。


全体的に、そこまで激しいわけじゃないけど気の抜けないレースでした。
何か起こりそうで、起きない、でも起こりそう、みたいな。
それだけ複雑なコースだったのかな。

Amazon.co.jpアソシエイト