コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジロ・デ・イタリア 2017 第3ステージ

今日は、4級山岳が一つだけある、平坦ステージです。
距離も148kmと短め。

最初、4人の逃げができますが、最初の中間スプリントポイントでアタックして1位通過したディメンションデータのズバラーリが、あっさり集団に戻り、プロコン選手3名の逃げになります。
ウィリエール・トリエスティーナのズパ、ガスプロム・ルスヴェロのロフニー、CCCのヤン・トラトニク。
ズパは初日に引き続き、今大会のジロ二回目の逃げですね。
平坦の逃げ屋なのかな。


メイン集団は、現在マリア・ローザをキープしている、ロット・ソウダルが中心で率いていきます。
距離が短いので、逃げとのタイム差も短めでキープ。

ずっとキープ。
ずっとずっとキープ。

本日ジャージが動くとしたら、ゴールスプリントでの総合と、ポイント賞。
と、いうわけで、各チームは最後の勝負の為に、中盤ではほっとんどレースが動きません。

逃げと、メイン集団の構図が、タイム差最大3分半くらいの状態で、ずぅぅっとキープ。


残り35kmを切ってから、ようやく集団と逃げとの差が1分を切り出し、ちょっとずつ集団が逃げとの差をつめ始めました。

と、残り33kmあたりで、昨日に引き続きカチューシャのザッカリンが遅れる!!
昨日に引き続き、ついてない!

残り30km。
ここで、逃げとの差が30秒を切りました。
が、メイン集団がペースを押さえる。
……ロット・ソウダル、吸収したくないんだな。

この時点で逃げを吸収をすると、メイン集団にいた別の選手がアタックをかけて新しい逃げが形成される可能性が高いです。
そうなると、最初から逃げていた選手よりも、ここまで力を温存していたそのアタックをかけた選手の新しい逃げの方が、逃げ切る力は持っていますし、さらに、そういう逃げる選手が複数いると、メイン集団を率いている選手たちは、その新しくできた逃げ集団に追いつくのが大変になってしまいます。
ですので、このまま最後のスプリントの位置取りが始まるくらいの距離になるまでは、この「最初からある逃げと、追いかけるメイン集団」の構図を、比較的壊したくないという思惑が出てきたりするのだと思われます。


そんなわけで、後ろがあんまりおいかけてこない、という様子を見るや否や、逃げ集団からCCCのトラトニクがアタックをかけます!

そして、独走で逃げ続ける!
残りの逃げの二人も、最初はおいかけようとしたのですが、結局諦め、集団に吸収されていきます。

一人で逃げいてたトラトニク。
でも、最終的に残り26km地点でメイン集団に吸収されました。

そこからは逃げができることもなく、集団のままレースが進んでいきます。


残り20km。
コースによっては、ここくらいから位置取りが始まって集団のスピードがぐんぐんあがることもあるのですが、まだそこまでピリピリした位置取り合戦ではない感じです。
風が強くて、スピードがまだ出ないのかな。
ただ、徐々に各チームのトレインができていきます。

残り17km。
スピードがあがってきました!
なかなかメイン集団の先頭のチームっていうのができません。みんな前に行きたい。
ただその中でも、BMCが比較的集団先頭に位置取りしはじめました。

トレックのニッツォーロやグライペルが、単騎で前にあがってきています。
ニッツォーロ、今日の中盤調子悪そうに見えたのですが、ここでちゃんといい位置に自分であがってくるってことは、今日はいい感じで勝負できそうってことでしょうか。

残り14km。
道幅がものすごく広いので、6チームくらいのトレインがメイン集団先頭に出来ています。
そこから矢印ができるように集団の先頭ができ、でもそれがまたどんどん入れ替わっていきます。
なんだか、小魚が集まって、大きな魚に見えるように集団で泳ぐっていう習性を思い出す動きです。スイミー


残り12km。
ここからが、遮るものが何もない、ものすごい強風区間です。
木が。倒れそうだよ。

集団が崩れだしました。少しずつ人数が絞れてきます。


残り10km。
メイン集団が1列になってきました。
先頭を引くのはクイックステップ・フロアーズ!さすが!横風に強いベルギーチーム!!
この猛烈な引きで、大きな分断が起きます!!
先頭はほぼ15人前後の小さなグループに!
クイックステップがかなり多いですが、中にグライペル、ニッツォーロが入っています。


残り9km。
ここでグライペルがメカトラで遅れた!?
立ち止まることはないですが、完全に先頭集団からは遅れてしまいました。


残り8km。
先頭グループとグライペルのグループとの差が、約10秒。
先頭に残ったクイックステップ、がんがんスピードをあげていきます。
先頭グループは、10人。
うち、クイックステップは6人くらいでしょうか。かなり有利です。


残り6km。
先頭グループとグライペルグループとの差は、20秒。

残り5km。
先頭グループがガンガンスピードをあげています。
クイックステップでは、ガビリアやユンゲルス、リケーゼたちが残っています。
他チームで残っているのは、ディメンションデータのネイサン・ハース、トレック・セガフレードのニッツォーロ、バーレーンメリダのカンスタンティン・シウツォウ、ボーラ・ハンスグローエのリュディガー・ゼーリッヒの4人だけみたいです。


残り4km。
先頭グループとグライペルグループとの差は、約20秒。


残り2.5km。
先頭グループとグライペルグループのタイム差は15秒。ちょっと詰まった!


残り2km。
タイム差16秒。
グライペルユアンは同じグループにいる模様です。
他チームの総合系の選手もほぼ一緒かな?

残り1.2km。
先頭グループでは、ここまで全力で逃げていたアシストのクイックステップの選手が減り、7人になりました。

残り1km
7人でユンゲルスがひきながら、一列でゴールに向かっていく先頭集団。

と、ここでハースが飛び出した!
すかさず合わせてついていくクイックステップのマキシミリアーノ・リケーゼ。
ハース、リケーゼ、ニッツォーロ、ガビリア、ゼーリッヒの順!
そしてそのままスピードをあげていく!

リケーゼとガビリアがほぼ同時に飛び出し、一瞬遅れてニッツォーロもスピードをあげます。
ゴール向かって左から、ハース、ニッツォーロ、リケーゼ。そして大外にガビリア。その後ろにゼーリッヒ!
外から来たガリビア、大幅にスピードアップ!
クイックステップ・フロアーズのフェルナンド・ガビリアがステージ優勝!
2位はボーラのゼーリッヒ。3位がニッツォーロでした。

遅れたグライペルは、13秒差でゴール。
ボーナスタイムの関係で、マリア・ローザはガビリアの手に!
それと、新人賞ジャージもガビリアがとりました!


まさに、横風を大きく利用した、クイックステップ大勝利!!クラシックシーズンの好調さを、そのまま作戦に活かしたかのうような、見事な戦いでした。


山岳賞ジャージは、昨日と変わらずテクレハイマノがキープ。

ポイント賞ジャージは、今日最終的にステージ10位に入ったグライペルがキープしました。
でも、なんだか悲しそうなグライペル……。
もしあのタイミングでメカトラが起こらなければ、マリア・ローザを守れていた可能性はとても高かったと思われるだけに……。

そのあと、グライペルへのインタビューがありました。
「マリア・ローザ失ってがっかりしてる?」みたいな質問。

グライペルの答え。
「そりゃ、もちろん。でも、運がいいときもあるし、悪いときもある。それがスポーツを面白いものにしているんだ」
そして、ちょこっとだけ微笑んだグライペルさん。

素敵だ。

Amazon.co.jpアソシエイト