コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジロ・デ・イタリア 2017 第2ステージ

ジロ二日目!
今日は、3級山岳、2級山岳があるレースです。
でも、ゴール前最後の10kmくらいが平坦のため、ある程度登れるスプリンターに有利なステージ。
となると、グライペルとか、体の軽いユアンが勝利する可能性が高いか……?

逃げは、5人です。
その中に、今日も入ったディメンション・データのテクレハイマノ!!

現在マリア・アッズーラ(山岳ジャージ)を着ているベネデッティがメイン集団に残っているので、普通に考えて、この逃げの中から、本日の山岳賞をとる選手が出てくるはず。
と、なると、昨日も逃げていて、なおかつ山岳得意なテクレハイマノが有利か?

3級山岳は、逃げの中からバルディアーニのアンドレッタがとりにいき、逃げはこの5人のまま、2級山岳へと向かっていきます。
途中、なんどか先頭の逃げ集団でアタックがかかり、残り60kmを切ってから、逃げは4人に減ります。

一方その頃メイン集団。
ボーラ・ハンスグローエのスプリンター、サム・ベネットがこの2級山岳で、集団から遅れます。
それでもずっと、ずっと、集団牽引を続けるボーラ・ハンスゴーエの選手たち。
ってことは、今マリア・ローザ着てるペストルベルガーで、今日のステージは勝負する予定なのでしょうか。


残り50km。
先頭は3人になります。
ガスプロムのエフゲニー・シャルノフ、ディメンションデータのテクレハイマノ、ウィリエールのイリア・コシェヴォイ。


残り48km。
山頂まで残り1km。ここでメイン集団とは20秒差!
どんどんメイン集団が追ってきてます。
この2級山岳1位通過すれば、本日の山岳賞ジャージは決まったも同然。

と、ここで、逃げの3人グループの中から、テクレハイマノが抜け出した!!

そのまま山頂ポイント通過!
テクレハイマノ、本日のマリア・アッズーラをゲットしました!!
テクレハイマノは、2015年にも何日か山岳ジャージを着用しましたが、そのとき確か母国のエリトリアでパレードか何かが行われた映像を見た記憶があります。
今回も終わってからパレードするのかな。どきどき。


ほぼこの時点で逃げ集団は吸収されました。
バーレーンメリダがメイン集団の前に出始めましたが、ここで下りのスピードを生かして、二人の選手が飛び出します。
クイックステップ・フロアーズのマルティネッリと、ディメンションデータのネイサン・ハース!


残り40km。
タイム差は17秒です。
しかし、逃げの二人のうち、先頭で引いているのは、ハースだけ。
マルティネッリは、おそらくガビリアのスプリントの為に、抑えでついていった模様。先頭交代をしません。


残り35km。
逃げの二人が吸収されます。

ここからは逃げができず、バーレーンが中心になってメイン集団を引いていきます。
……ということは、おそらく今日はスプリント勝負。

ちなみに、去年ポイント賞ジャージをとったトレック・セガフレードのニッツォーロは、さっきの2級山岳で遅れてしまったようで、集団からは50秒近く遅れている為、今日の勝敗に絡むのは難しそうです。

他に、今日のステージ勝利の可能性が高そうなスプリンターでいうと、最初に名前をあげたロット・ソウダルのアンドレ・グライペルとオリカ・スコットのカレイブ・ユアン
さっきのマルティネッリの動きからして、クイックステップのフェルナンド・ガビリアも狙ってきているはず。
あと、たぶんずっと守ってもらってた、ボーラのペストルベルガーもステージ勝利をしてマリア・ローザのキープを目指すと思われます。ただ、純粋なスプリントとしては、ペストルベルガーの実力はどうなんだろう……?


残り10kmを切りました。
まだまだずっと集団を牽引し続けるバーレーンメリダ
だんだんオリカが集団の前方にあがってきました。ボーラも位置取りを開始。
そんな中、アシストも連れず、単騎で先頭に乗り込むグライペル
……あれ?このパターンは、勝利モードのグライペル


残り8km。
オリカが集団の前に出ました!
ロットのアシストも増えてきた。


残り7km。
ああっと!!集団後方で、カチューシャのエース、ザッカリンが遅れました!!
カチューシャのアシストが集まって、必死でザッカリンを戻そうとしてます!こんなところで総合タイム差をもらいたくない為、全力のトレイン!!
タイム差は28秒。
先頭ももうスプリントのための位置取りが始まっているので、なかなか追いつくのは厳しい気配!


残り5km。
メイン集団前方に、クイックステップも上がってきました!
カチューシャ率いる第二集団は、その24秒後ろです。

残り4km。
先頭はモビスターと、ロット・ソウダルの2車線。グライペルの前に3人、アシスト選手がそろいました!
カチューシャはまだ追走中。タイム差約20秒。

残り3km。
先頭集団では、まだモビスターが残っています。
カチューシャグループは、その12秒後ろ。

残り2km。
モビスターが離れました。ロット・ソウダル、オリカの2車線。
カチューシャは、アシスト選手が全員離れて、ザカリン一人で追ってます。ギリギリ集団後方に入れそうです!
さあ、あとは先頭のスプリント!

残り1km。
ボーラもきた!!ペストロベルガーが先頭!昨日みたいにここでアタックをかけようとしますが、オリカがその前に入ります!
オリカ、ロットのアシスト選手が前方に出て、順々に抜けていきます!

さあ、リードアウト役のアシストはあとオリカ一人!!
後ろにグライペルユアン、ガリビアの順。

リビアユアンの隣に並び、そのままガリビアユアンが並んだままスプリントに入ります!
グライペルもいった!ユアン、ガリビアが隣に並ぶ。しかしユアンが突然踏むのをやめた!!ペダルかチェーンがはずれた!?

残ったのはグライペルとガリビアグライペルがどんどん引き離していく!
UAEのロベルト・フェラーリが、グライペルの後ろからあがってきてますが、全然とどかない。
そのままゴール!!

ロット・ソウダルのアンドレ・グライペル、ステージ優勝!!
やっぱりね!!
単騎で、アシストほっぽって先に集団前に現れるときのグライペルは強いんだ!!

2位はUAEエミレーツフェラーリ。3位は、トレック・セガフレードのジャスパー・ストゥイベン!
リビアは、4位でした。

グライペルは、総合リーダージャージのマリア・ローザも、ポイント賞のマリア・チクラミーノもゲット!!
ボーナスタイムとかの関係で、2位のペスロトベルガーに4秒差をつけました。
そして、山岳賞のマリア・アッズーラは、ディメンションデータのテクレハイマノ!!
新人賞のマリア・ビアンカは、昨日に引き続きペストロベルガーがとりました。

ユアンは結局、ステージ9位でした。不運。

あと、何気にスカイのゲラント・トーマスがステージ8位でした。
フルームのアシストか、もしくはトーマス本人がエースで走っているイメージが強いから、どっちかっていうと山岳系寄りのイメージだったのですが、スプリントも強いのですね。
ちょっとびっくりしました。

あと、ザッカリンは、結局集団に戻れなかったのか、タイム差が集団と20秒くらいついてしまったようです。
アシスト選手の、ものすごい追いあげ方見てるだけに、残念。

Amazon.co.jpアソシエイト