コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジロ・デ・イタリア 2017 第1ステージ

DAZNで見る、サイクルロードレース
聞き慣れた別府始さんの声に、ちょっとだけホッとしたり。

いやあもう何はともあれ、ジロです!!
しかも100回目!すごいね!グッズほしいね!


今日は逃げ集団が早めにきまって、レース全体は落ち着いた雰囲気ですすみます。
逃げは6人。
うちワールドチームの選手が、ディメンションデータのテクレハイマノと、ボーラ・ハンスグローエのベネデッティ。

今日は、グランツールの初日です。
初日の逃げ。
つまり、何かしらのジャージを狙っている選手たち。
今日中間スプリントが二箇所ありますが、両方をとっても、ステージ優勝のポイントには届かないので、ステージ優勝しないとポイント賞ジャージは着られません。
つまり、今日逃げに乗っている選手が狙っているのは、山岳ジャージ!!
特に、テクレハイマノは山のイメージ強いので、山岳ジャージ狙いかなあという感じがします。
不思議と若干、体が斜めに重心かかっている感じで走るのが特徴。山の逃げが多いイメージです。
ベネデッティは、ごめんなさい。あんまりイメージないです。


一つ目の山岳ポイントは、手前で飛び出したベネデッティが獲っていきます。
二つ目の山岳ポイントは、数km前でテクレハイマノが一人独走体制に入っていたのですが、残り200mくらいのところで一気に加速したベネデッティに抜かれます。

この山岳争いで逃げ集団が崩れ、5人に減ります。

そのまんま、タイム差だけが3分くらいに抑えられた状態で、ずっとずーっと続きます。


残り70kmくらいのところにある中間スプリントは、ウィリエール・トリエスティーナのズッパがとりました。
テクレハイマノ、ここでもまた前に出てたんだけど、追いつけず。
なんか、調子悪い……というより、ちょっと噛み合ってない感じ。

しかし、残り32km地点にあった中間スプリントではテクレハイマノがとった!


ここで、メイン集団と逃げ集団との差は、1分30秒くらいです。

残り26km
タイム差、1分20秒。

残り23km。
残り1分5秒。
あと2kmくらいで、本日最後の山岳ポイントです。
ここで逃げから一人CCCの選手が脱落。
逃げは4人になりました。


残り21km。
ベネデッティが飛び出した!
テクレハイマノが追うけど、ベネデッティ余裕!
ベネデッティ、本日の山岳ポイントすべて1位通過!
今日の山岳ジャージはほぼ決まりです。ゴールさえすれば、ベネデッティが本日の山岳賞になります。

残り18km。
逃げ集団とメイン集団との差は、約30秒。
まだメイン集団内の位置取り合戦はそこまでじゃないです。道が狭いのもあるようですが。

残り13.5km。
タイム差40秒。ちょっと離れましたね。
メイン集団が調整してるのかな。ギリギリまで捕まえないつもりか。

残り10km。
道が大きくなるに従って、メイン集団でちょっとずつ位置取りの動きが大きくなってきました。
タイム差は、35秒くらい。
メイン集団では、隊列が5つくらいありますが、明確な集団の先頭がいないし、またまだ争ってもいない雰囲気です。
サンウェブ、モビスター、バーレーンメリダ、スカイ……。たぶん、総合系のチームばっかり前にいるからだと思います。


残り7km。
タイム差20秒。
道が一回細くなり、先頭に残ったのはバーレーンメリダとモビスター。
集団の先頭はバーレーンになりました。

残り6.3km。
クイックステップとロット・ソウダルが前にあがってきました!
クイックステップは、ガリビア、ロットはグライペルのための動きです。スプリンターのための位置取り!バチバチし始めました。

残り5km。
逃げとメイン集団のタイム差12秒。

残り4km。
タイム差9秒。

残り3.7km。
カーブで逃げを吸収!!
そのすぐあとに現れる、ほぼ直角のものすごく狭いコーナー!
ここで集団が縦に伸びた!!
曲がり終わって、集団の先頭に出たのはUAEエミレーツ!後ろにCCC、その後ろがボーラ!

残り2km。
前方の15人くらいに残っているのは、オリカ・スコットのユワン、グライペル、去年のジロのポイント賞のトレック・セガフレードのニッツォーロ!
位置取りが激しくなってきた中、後ろ確認し忘れたのか、ボーラのアシスト選手が一人飛び出た形に。
ボーラのアシスト選手は、おそらくサム・ベネットのために動いていた選手なんだと思うのですが、後ろ見て「あ。いない」みたいな感じになってます。


残り1km。
さっき飛び出したボーラの選手が、一人でつっぱしった感じになっています。戻るに戻れない……?
ちょっと差がついて、後ろにUAE迫ってる。
そのあと、カーブが続いて、曲がって、曲がって……。

って、ええ?!あれ、集団が、追いつけない?
ぜ、全然届かない!
スプリンター勢だれも追いつけない!!

飛び出したボーラの選手が、そのまんま、そのまんま両手を上げてゴールしちゃった!!?
ええええ!!?
誰!!?あれ一体、だれ!!?

えっと、38番。えっと、つまり、
ボーラ・ハンスグローエのルーカス・ペストルベルガーがステージ優勝!!

2位が、オリカのユアン、3位はグライペル、4位がニッツォーロでした。


ペストルベルガーは、25歳。初グランツール出場の選手です。

と、いうことは。
グランツールで、100回記念のジロの、第1ステージのステージ優勝して、
そんで、総合リーダージャージのマリア・ローザと、
ヤングライダー賞のマリア・ビアンカと、
今日はゴールスプリントとった人がポイント賞だから、マリア・チクラミーノの、
三賞分ジャージとったの!!?すごくない!!?

そんで、山岳賞のマリア・アッズーラが、ボーラのベネデッティだから、ボーラ・ハンスゴーエ、ジロ初日の四勝ジャージ全部取り!!?

チーム的にこの上もなく大勝利。



しっかし、あるんだね。こんな勝ち方。
圧勝っていうのも、ロングスプリントっていうのも、なんか、なんか違う気がする。
無理やり言葉にするなら、突拍子もない勝ち方だった気がする。
とにかく、びっくりした。びっくりしすぎて思わず笑っちゃった。
なんか楽しくなってきた。

グランツールはじまったなあって感じがします。

Amazon.co.jpアソシエイト