読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ 2017

アルデンヌクラシックの最後のレースがやってきました。
最古参のモニュメント、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
中継の最初は、スカルポーニへの追悼特集でした。

すんなりレースを見られる気持ちじゃなかったから、
追悼の時間を作ってくれたJsportsさん、ありがとうございます。


実際にレースの中継が始まりました。

逃げは8人。

最大で13分くらいの差があったようですが、
ほんのすこしずつモビスターの率いるメイン集団が差を詰めている、という感じでした。

ただ正直、いつもみたいにわくわくした気持ちで見ることができなくて。
だって、スカルポーニが亡くなったのは、昨日なんです。
どんな気持ちで、みんな走っているんだろうって思ったら、
レースを見るのが、辛くて……。


でも、辛くても、ちゃんと見ようって思いました。

私は、プロのスポーツ選手っていうのは、そのスポーツを通して、誰かに思いを届けることができる人たちだと思っています。
だから、ちゃんとレースを見て、走りを見ることが、ただのサイクルロードレースファンである私にできる、追悼だと思ったのです。



レースは、逃げに入っていたコフィディスのペレスが残り36kmくらいのところで、一人飛び出していて、単独先頭になります。
そこから、一緒に逃げいたグループがあり、メイン集団から飛び出したグループがいくつかあって、5番目がメイン集団で、ペレスとは3分40秒差です。

メイン集団は、クイックステップが引いています。

残り25km。
メイン集団が小さなグループを吸収し、タイム差をつめてきました。
先頭は、まだペレスが一人。
追いかけている5人の、元逃げグループ。
そのうしろがメイン集団で、約2分40秒差です。

残り20km。
まだ先頭はペレスです。
約30秒遅れて、5名の追走グループ。
メイン集団は、そこからさらに約1分30秒離れています。

そのとき、追走グループにいた、コフィディスのロセットが飛び出しました。
チームメイトで、単独先頭を走るペレスのところを目指します。
他の追走グループの選手は追えません。

メイン集団では、BMCが積極的に集団のペースを上げ始めました。


ペレスはペースを落とします。
ロセットを待っているのか。

残り19.5km。
メイン集団から、スカイのエナオモントーヤが飛び出しました。
一緒に、サンウェブのトム・ドゥムランが追いかけます。

残り19km。
今度はオリカ・スコットのクロイツィゲルが行きます。先頭のペレスとの差は、50秒まで縮まりました。

残り18km。
ロセットが、先頭のペレスのところに追いつきました。
ただ、メイン集団とのタイム差は、40秒になりました。


残り17km。
先頭を走っていたペレスが、やめました。
メイン集団に吸収されます。ただ、分断が起きていて、メイン集団の先頭が飛び出した形になりました。
ロセットは、一人で先頭で走っています。
タイム差、約20秒。

残り16km。
ロセットが、まだ単独先頭。
そしてその後ろに、集団から飛び出した。8人の追走グループができています。こことロセットとのタイム差は、約10秒。
追走に、クロイツィゲルキャノンデールのヴィレッラ、アーゼードゥーゼルのヴイエルモーズなどがいます。
バルベルデがいるメイン集団は、さらにその後ろ10秒くらいのところにいます。

残り12km。
まだ一人で耐えているロセット。
追走とは約12秒差です。
その、約10秒後ろに、メイン集団。

残り10km。
ロット・ソウダルのティム・ウェレンスがメイン集団から抜け出しました。
一気に追走を抜き、ロセットのところまでやってきます。
この間に、追走グループはメイン集団に吸収されました。
この時点で、先頭のウェレンス&ロセットと、メイン集団との差は、約10秒です。

残り7km。
先頭はまだ2人。協調しているというよりは、ウェレンスに必死でロセットが遅れまいとついていっている感じです。
メイン集団とのタイム差は、約12秒。

残り6km。
メイン集団からキャノンデールのヴィレッラが飛び出しました。
ロセット、続いてウェレンスがメイン集団に吸収されます。

エナオモントーヤが、メイン集団からアタックしました。
オリカのアルバジーニがついていきます。

後ろからバーレーンメリダのヨン・イサギレメイン集団を率いて、追いつきました。

残り5.5km。
今度はキャノンデールのフォルモロが飛び出しました!


残り4.5km。
先頭はフォルモロ一人。
そのあとを、メイン集団が一列縦に伸びて追っていきます。
メイン集団の先頭で追うのは、スカイのエナオ


残り3.5km。
フォルモロとメイン集団との差は、8秒。
メイン集団は、クロイツィゲルがひいています。

残り2km。
ディメンションデータのオマール・フライレがメイン集団でアタックをかけますが、吸収されます。

残り1kmを切りました。
まだ、まだ、フォルモロが逃げている。

ここで、クイックステップダニエル・マーティンがメイン集団から飛び出しました。
後ろに差をつけて、大きくアタックです。

フォルモロが腰をあげます。
最後のペースアップ。
でも、マーティンがおいつく。抜く。

後ろからバルベルデが迫ってきます。
マーティンの後ろに追いつきました。最後のカーブを抜けて、バルベルデが先頭に立ちました。

そしてそのままスプリントに入り、マーティンの追随を許さず、両手の人差し指で天を指差し、ゴール。

バルベルデの勝利です。
2位がマーティン。3位が、クィアトコウスキーでした。


バルベルデ、途中の展開で今日はもう厳しいのでは、と思っていたのですが、さすがに強かったです。

勝利インタビューで、バルベルデが涙をこらえながらスカルポーニのことを話していました。
スカルポーニのために勝ちたかった」

レース前に「もし勝ったら、賞金はスカルポーニの家族へ」と話していたバルベルデ
チームも、国も違うけど、大事な仲間だったんですね。



コフィディスの作戦も、ダニエル・マーティンの最後の追い上げも、ラストのバルベルデの強さもすごかったけど、
今日のレースで、私の心に一番残ったのは、
キャノンデールのイタリア人選手、フォルモロのアタックでした。

昨日ね。
フォルモロは、自分のツイッターのアイコンを、スカルポーニの写真にしていたんです。そして、スカルポーニの写真とともに、ただただ、スカルポーニの名前を連呼するような、そんなツイートをあげていたのです。

だから、残り6km切って、一人キャノンデールから飛び出したのが、フォルモロだって気づいたとき、ああ、やるんだって、思いました。
フォルモロの横顔が、なんだか泣きそうな顔に見えました。
がんばれって思いました。

結局、負けちゃったけど、トップ10にも入らなかったけど、だけど、一番のアタックでした。


まだ、涙が止まらないです。

Amazon.co.jpアソシエイト