読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

パリ〜ニース 2017 第5ステージ

今日は、これぞ、スプリントステージっていう感じの展開でした。

逃げと、追いかけるプロトンの構図。
それが残り12kmくらいで吸収されます。

吸収前後から、各チームが位置取りを気にしだしたのですが、

グライペルが、なぜかほぼずっと単騎。


グライペルって、きれいなトレインを組んで勝ってたイメージが強いのですが、なぜか今日は、一人でいるところが目立ちました。


この時点で、
「あ、今日はグライペルの日だな」
って思いました。


個人的なイメージですけど、グライペルってクレバーなイメージがあるというか、
何も考えずに変なことをしちゃうようなイメージって、まったくないのですよ。


何かしかけていて、私がまったくその意図が読めないことはもちろんあるし、
今日もまさしくそうだったんですけど、
「今日はレース展開からすると、普通のスプリトステージに見えるけど、何かあるんだ」ってグライペルを見て思ったのです。


ゴール前3kmくらいから、大きなロータリーが三つもあって、
位置取りがかなり大変そうになってました。
どのチームも、うまくトレインが組めてるとこはなかったように思います。

ですので、最後は各チームのエーススプリンターの、ガチンコ勝負になりました。


最初はロット・NLユンボのフルーネウェーフェンが先頭で、スプリントになります。
その後ろについたのが、エフデジのデマール。
グライペルは、そのデマールの後ろでした。

デマールがフルーネウェーフェンのすぐとなりに並び出したのに対して、
グライペルはぐぐっと大きく外に出て、並ぶ二人とは反対側にいきます。

そのまま大きく速度をあげ一気に引き離し、余裕を持って勝利のガッツポーズ。
ロット・ソウダルのグライペル、ステージ勝利です!


いつもみたいに「さあ誰が勝つんだ!!」って気持ちより、
グライペルの動向を見よう」ってレースを見てたので、
グライペルの勝利が決まったときも、
なんだか、最初にエンディングを見てから、ファーストシーンに巻き戻して映画を見だしたときみたいな、そんな気持ちになるレースでした。

「ああ、この場面でのこの展開が、あのラストにつながるんだ」みたいな、そんな印象。



グライペル、今年はクラシックを狙うっていうような文章を、チクリッシモで読んだ気がするのですが、
今日のレースを見ていると、「ああ、なるほど」って思いました。

Amazon.co.jpアソシエイト