読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

パリ〜ニース 2017 第3ステージ

パリ〜ニース 2017

今日は晴れた!よかった!
選手は昨日よりもずっと走りやすそうだし、見ててこっちも気持ちいいし!!

中継がはじまった時点で、3人が逃げていました。。
メンバーは、
コンボー(デルコ・マルセイユプロヴァンス・カデエム)
キング(ディメンションデータ)
ラトゥール(アーゼードゥーゼル)
の3人です。

先頭が、残り50km地点で、集団とは約3分くらいのタイム差。
それが40kmで約2分、35kmで約1分30秒と、
れいに10km1分ペースで詰まっていきます。


残り27.5km
先頭の3人が、2級山岳に入りました!
さあ、ここで追走との差がどうかわるか。

残り26km
コンボーが、アタック!!
すぐにキングが後ろにつきます。
すると、今度はラトゥールがアタック!
あっという間に他の2人を引き離します!
ラトゥール速い!!コンボーやキングとは、走りの軽さが全然違います。

そのまま単独で、2級山岳をトップ通過します。


単独先頭で、下りに入るラトゥール。
この時点で、集団とのタイム差は45秒くらいです。

そこに、先ほど引き離されたコンボーが一人でおいついてきました。
2人で、まだ逃げ続けます。

遅れたキングは、集団から山岳ポイント目指して飛び出したまま戻らなかったコフィディスの選手と合流。こっちも2人でくだっていきます。


残り21km。
先頭2人と、集団とのタイム差は約50秒です。
その間に、キングとコフィディスの選手のペアがいます。
さっきよりも、逃げと集団とのタイム差が開いているのですが、引き離したっていうよりも、先頭の二人が全力で下ってるのと、集団が追走スピードをゆるめている感じです。


残り19km。
ここで、キングと、コフィディスの選手が、集団に吸収。
よって、逃げ2人と、それを追いかけるメイン集団という図になりました。


残り17km。
タイム差は35秒。


残り15km。
タイム差は、約30秒です。


残り14km。
タイム差は25秒!
ロット・ソウダルが、集団先頭にあがってきました。
すんなりプロトンが2級山岳をこなしていったので、今日は普通のスプリント勝負になりそうですね。

と、なると、
ロット・ソウダルは、グライペル勝負。
エフデジは、現在リーダージャージ着用中のデマールがくるでしょう。
エティックス・フロアーズはキッテルが、
トレック・セガフレードは、デゲンコルブが出てくるだろうし、
カチューシャ・アルペシンは、クリストフの見せ場ですね。
あと、ディレクトエネルジーのブライアン・コカールも注目。


残り10km。
タイム差は32秒。
あれ?タイム差開いてる……。
メイン集団は、まだそんなにスピードを出している感じがしません。
でも逃げの二人は、協調しながら全力で逃げいます。

……もう10km切っているのに。
大丈夫だろうか。


残り8km。
タイム差35秒。
ここにきて、逃げ切りの可能性が見えてきた……?
うしろが、この大集団で、牽制みたいになっているのかスピードがあがりきらないでいる……。


残り6km。
タイム差30秒。
アスタナが集団の前にでて、全力で引き始め、あっという間に集団は一列棒状。
一気に追走スピードがあがっていきます。


残り5km。
タイム差25秒。
こ、これは。逃げ切りになるか、それともスプリント勝負か、ものすごく微妙。

残り4km。
タイム差25秒。
集団は、今度はカチューシャが前にでます。ってことは、ここで赤い彗星ことマルティンの牽引……!?


残り3km。
タイム差、22秒!
ジリジリ追いついてきています!


残り2.5km。
タイム差、16秒!
集団は、まだカチューシャが引いています。


残り2km。
タイム差、13秒!
先頭の2人は、最後のカーブをまがって、直線へ!!


残り1.5km。
タイム差10秒。ああ!!もうすぐ近くに迫ってる!!

残り1km。
フラムルージュで、逃げの二人が吸収!
休む間も無くスプリントの準備!集団は最後の位置取りです!

集団の先頭は、エティックス・フロアーズ!三人目がキッテル。
その後ろにつけているのがカチューシャです!


さあ、スプリントが始まります。

ゴール向かって左側から、まずキッテルがスタート!
キッテルよりもさらに左はしから、デゲンコルブもあがってきます。
同時に、反対側でクリストフもスプリントを開始!!
しかし、そのクリストフの後ろから、コース中央に向かって飛び出したのが、ボーラ・ハンスグローエのサム・ベネット

そのままベネットがいろんな意味でセンターをつっぱしる!!
クリストフ、キッテル、デゲンコルブが、横一線でその後ろに並ぶが、それより前に出られない……!!

ボーラ・ハンスグローエのサム・ベネット、ステージ勝利!!


うわー!!
こんだけの名だたるスプリンター選手をおさえて、ベネット勝利!
強かったー。
頭ひとつ分速かったです。
2位がクリストフ、3位がデゲンコルブ、4位がキッテルでした。


明日は、14.5kmの個人タイムトライアルです。
わーい、TT だー!!

ずーっと平坦で、最後の3kmくらいでぐぐっと登ります。
最後の1kmは、平均勾配9.3パーセント。

んー。TTも強い、山岳選手むけ?

ここ二日間の様子をみると、私がそこまで名前を知らない選手が、ばんばん活躍しているので、
明日もまた、「おお!!」って人が活躍するかも!

明日も楽しみ!

Amazon.co.jpアソシエイト