読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

パリ〜ニース 2017 第2ステージ

やっぱりっていうかなんていうか、バルデは昨日魔法の絨毯(チームカーに捕まって速度をあげること)を審判の目の前で使いまくったので、失格になりました。

バルデだけじゃなくって、監督も失格なので、アーゼードゥーゼルは残りの日数を、チームカー1台だけで戦うことになりました。普通は2台いるので、たとえばアタックにいってる選手の近くと、プロトンの後ろ、とかにつけるのですが、それが1台だけしか使えないそうです。
めっちゃくちゃ不利だよね。
フランスチームは他にもいっぱい出ているけど、それぞれの仲ってどうなのかな。
もし近くにチームカーがいない選手がいたら、補給食をわけてあげたりとかするのかな。

まあ、それはともかく。

パリ〜ニース、二日目です!

今日は、風が追い風よりだったのか、開始2時間の平均速度が約時速49kmとかいう爆走ステージ。
はやっ!!

ですので、中継がはじまった時点で、ゴールまでの距離は残り40kmを切っていました。


この時点で、逃げが5人。
この中に、ロット・ソウダルのギャロパンや、エティックス・フロアーズのジルベールが入っています。
追走集団が、そこから1分差で追いかけています。
今日優勝を狙うスプリンターは、この追走集団にいっぱいいる感じです。

雨が結構ふっていて、見ているだけでも寒そう……。


残り30km地点。
タイム差は、46秒。

この分だと、15km地点くらいで、吸収されるんじゃないかなぁ。
ただ、がちがちのスプリントになると、この天候だと滑って落車が発生しやすいから、スプリントの位置取り合戦がちょっと怖い気がします。
怪我して欲しくないから、残り4kmくらいで2人くらいのアタックが決まって、そこからさらにアタックしてゴール、とかになんないかな。
でも、スプリントはスプリントで、見るの好きなんだよな。


残り20km地点。
タイム差は約30秒。

ここで、先頭集団からジルベールがアタック!!
一人、先頭集団にいたロットNLユンボのベルギー選手、ワイナンツだけが食らいついて来ましたが、もう一踏ん張りして後ろを引き離し、単独の逃げになります!

取り残された3人は、追走に吸収されます。
ワイナンツはまだ一人でがんばってジルベールを追っています。


残り16km
タイム差は40秒くらい。
引き離しているぞジルベール
一方、一人で追いつこうとがんばっていたワイナンツが集団に吸収されます。

と、ここで、速報が。
コフィディスの、ナセル・ブアニがリタイア。
うおう。


残り14km。
タイム差45秒。
ジルベール、単独逃げ!そしてタイム差が縮まっていません。
さすが、ベルギーの選手。悪天候に強い!


残り12km。
タイム差44秒。
舌を出しながら走るジルベール
苦しそう……!

メイン集団は……なんか、あんまり先頭交代とか回ってない感じです。
横風強いときって、ばんばん先頭交代するイメージあるのですが……うーん。なんでだろう。


残り10km。
タイム差は41秒差。
ううー。逃げ切り、にはまだちょっと足りないか。


残り9km
タイム差33秒。
一気に縮まった!!

ジルベールの勢いがおとろえたようには見えないけれど、これだけ縮まったってことは、集団が下りに入ったのか、ジルベールが登りなのか。
あ、ジルベール登っている。
登りだ登り。仕方がない。


残り8km。
タイム差25秒。
ここで、ジルベールが思いっきり時間とって後ろをみました!
……諦めたのかな、なんか、勢いが全然、変わってしまいました。

一気に詰まるタイム差。
ああ!なんか、切ない!


残り7km。
ジルベール、集団に吸収……。
でも、かっこよかった!!かっこよかったよ!!

さあ、もうゴールまで10kmを切っています。
一気に集団もスプリントモードになるはず……!

残り5km。
もうスプリント合戦のばちばちな感じになっておかしくないのですが、
……なんかいつもと雰囲気が違います。

とにもかくにも、見ていて浮かぶ言葉が、
「みんな寒そう」
これに尽きる。



残り4km。
ここで集団から一人アタック!
アスタナの選手です。
だれだろう。ウィンドブレーカーで背番号が見えない。

でも、誰もおいかけません。
かといって、引き離すほど勢いのある大きなアタックではありません。


残り3km。
アスタナの選手、ここで吸収されます。
と、その吸収のタイミングで、アスタナの選手と反対側から、今度はキャノンデールの選手がアタック!!
スロバキアクリスティアン・コレンです!
こっちはどんどん勢いにのって、引き離しにかかります。


集団は、まだ追いません。


残り2km。
ここで集団が動き出しました!
やっと位置取り開始!
でもやっぱり、どこかのたのたしています。……本当に寒いんだな。そんな感想しか浮かばない。


残り1.5km。
メイン集団で大きく集団のスピードをあげたのは、カチューシャ・アルペシン。
一気に集団を牽引し、コレンを吸収!

そして残り1kmを切ると同時に、オリカ・スコットの選手がアタックをかけます!
エフデジが、集団の先頭にたって、これを追って吸収!!

さあ、いよいよです!
最後のカーブを曲がって、エフデジのアシスト選手がデマールの前から右によけると同時に、デマールを左からぬく形で、バーレーンメリダのコロブレッリが集団の先頭をとります。
そして、コロブレッリを先頭に、スプリント開始!!
デマールはコロブレッリの後ろをとり、徐々に右側からあがります。
さらに、そのデマールの右から前に来たのは、トレック・セガフレードのデゲンコルブ!

コロブレッリの勢いはまだ落ちません。
デマール、デゲンコルブがスピードをあげますが、さらにコロブレッリが勢いを増します!
デマールはここから伸びない!だがデゲンコルブはのびている!
しかし、コロブレッリの勢いがまだ落ちない!!

バーレーンメリダのコロブレッリ、ステージ優勝!!


あのタイミングで出てきたら、最後までもたないんじゃないかと思いましたが、
粘った!強かった!!

2位がデゲンコルブ。3位がデマールでした。

スプリントでタイム差がつかなかったので、
昨日に続いて、エフデジのデマールが未だリーダージャージキープです。


一方、総合ではリッチー・ポートが、先頭から大幅に遅れ、14分遅れでゴールした模様。

そういや今日、全然総合系の選手気にしてなかったや。
コンタドールダニエル・マーティンは、どこにいたんだろう。
平坦ステージの定石だと、だいたいメイン集団でゴールしていたはずだから、大きく話題に出てないってことはみんな一緒にいたのでしょうか。


明日あたりから、パリ〜ニースは徐々に登っていきます。
ちょっとずつ、総合順位も変わっていくでしょう。

明日はもうちょっと、あったかい気候の中のレースだといいな!
もう今日は、見てるこっちが寒かった。
せめて、雨が降りませんように!

Amazon.co.jpアソシエイト