コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

パリ〜トゥール 2016

今日は、カタールでの世界選手権を来週に控えた、パリ〜トゥールです!
今年はほぼ全面平坦!来週のカタールのコースに激似!
なので、「来週のカタールのリハーサル、このレースでできるよー!」と、世界戦走る選手を呼び込むイメージで、開催されておりますこのレース。

Jsportsの中継は、残り43kmでスタート。

ちょ、み、短っ!!
2010年のパリ〜ルーベだったらもうカンチェラーラの独走決まってたよ!!(笑)


平坦だし、逃げのスピードも追いかける集団のスピードも速かったのでしょうね。

逃げは、この時点で、7人くらいかな?
でも、40km切ったら集団との差が48秒なので、たぶん20kmくらいでつかまるだろうなーという感じ。



去年優勝したトレンティンがいるのが、エティックス・クイックステップ
8人中7人が来週の世界選手権の出場選手で構成されています。
ちなみにこの中で、ガリビアとか、ボーネンとか、来週のエースが3〜4人います。
えと、この場合エース誰なんだろう。
背番号の1番は、去年の優勝者であるトレンティンがつけているので、あてにならないのでわからない……。


あとは、今日の優勝候補としては、エフデジのデマール、ディメンションデータのカヴェンディッシュコフィディスのブアニ、あとBMCだとヴァンアーヴェルマートとかかな。
あと、オリカのユアンとか、スカイはヴィヴィアーニとか、ディレクトエネルジーのコカールとか!
スプリンター揃い踏みって感じですね。


世界戦の行方を占う上で、今日の結果も気になりますが、
今日は、グライペルとかキッテルとかサガンは出てないので、そこは来週のレース展開が楽しみなとこです!



そうこうしているうちにレースはすすんで、
残り20km。
で、タイム差は15秒くらいです。
逃げは、現在5人。

残り17km、逃げ4人になりました。
残り15kmで、吸収されました!!


となると、ここからはスプリントに向けての位置取り合戦っていうことになるのかな……?

残り13km切ったところで、カチューシャのラグティンがアタックをかけました!
すぐさま、ジャイアント・アルペシンのデバッケルが一緒についていって、二人でまわりだします。

残り8km。
逃げの二人と、手段との差は、15秒くらいです。
うーむ。これは、残り5kmくらいで吸収かなー。

残り5.8kmで、集団に逃げの二人が吸収されました!
ここから本気の位置取り合戦が始まります。

ロット・ソウダル、イアム・サイクリングあたりが集団前方で、一列棒状になります。

徐々に自分のトレインを組んでいるのが、エフデジや、スカイ。


残り3km。
オリカやコフィディスジャイアント・アルペシンも綺麗なトレインを作っています。
一番人数をあつめたのは、コフィディスかな!

残り2km。
コフィディス、ロットソウダルが前方で綺麗なトレインを作っています。赤だから混じってちょっとわかりにき。

残り1.6km。
スカイが一気に上がって、先頭へ!きました!あれ、そういやエティックスは?

残り1km。
先頭スカイ2名。次コフィディス2名。その後ろから一人で来ているトレンティンや、カヴェンディッシュ

残り800m。最後のカーブを曲がります。
と、曲がり終わって残り500mあたりから、
前から10〜20番目くらいにしたエティックスクイックステップのガリビアがアタック!
コース中央あたりから飛び出し、コース右側からアタックしました!

ええ!!?ここで!?
なんという早駆け!!こっからスプリント合戦はじまるのに?!!

すぐさまロット・ソウダルの選手が追いますがとどかず、続いてカチューシャの選手が先頭を交代して追います!
でもまだ届かず、その横からスプリントを開始したデマールがスピードをあげ、またそのデマールのとなりからイアムのヴァンヘネヒテンが後ろから迫ります!
でもそれでも届かない!!
リビア、はっやい!!
結局他のスプリンターは誰もとどかず、エティックス・クイックステップのガリビア勝利!!


お見事!!
一人早めにアタック、っていうかスプリントを開始してから、全然スピードが緩まず、そのままゴールまで走りきりました。

というか、ラスト2kmくらいのとき、一体どこにいたんだろう。全然わかんなかった。
ラストのカーブ曲がった直後に突然現れて、スプリント一人で開始して、そのままゴールまで突っ切っていきました。

うん。おもしろかった!


2位は、エフデジのデマール。
3位は、チームとして、最後のレースだったのかな。イアム・サイクリングのヴァンヘネヒテン。
4位が、昨年の優勝者のトレンティン。5位が、コカールでした。


ちなみに今回優勝したガリビアは、来週の世界選手権でコロンビアのエースになる予定の選手です。
スプリンターの勝利って、トレインの組み方とか、位置どりとかかけひきのバランスが、結構重要な要素だと思うのですが、
しかし今日、ガリビアはトレインもなく、一人で長距離スプリントでぶっちぎって勝利してしまいました。

リビアアルカンシェルとるの可能性、低くないですね。


世界戦どうなるのかなー。気になるなー。
ただ、Jsportsでは中継しないんですよね……。どうするか。

Amazon.co.jpアソシエイト