コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

イル・ロンバルディア 2016

本日、2016ラストモニュメントです。
イルなのか、ジロ、なのか、もうよくわかんないけど、とにもかくにもロンバルディアです!

なんか、昔はジロ・ロンバルディアっていってたけど、イル・ロンバルディアにレース名が変わったらしいですね。
イル(il)は、英語でいうtheみたいな、単数の男性名詞につく定冠詞です。日本語にはない概念ですね。
ジロは、一周って意味です。
……ロンバルディアを一周しなくなったのかな?

まあそんなことよりも、くだりー!くだりのクラシック〜!!

下るってことは、当然一旦登るので、アタッカーとか、山岳系の選手向けのコースです。
今年は特に高低差が激しかったらしく、登りが得意なオールラウンダーが優勝候補にあがっていました。

今日は、4人の逃げがありましたが、途中で2人脱落し、
最終的に、BMCのカルーゾがトップで逃げ、それをコフィディスのモラールが追い、後ろにメイン集団みたいな展開になります。


残り58kmくらいで、もうメイン集団でアタック合戦が始まり、アーゼードゥーゼルのバルデ、モビスターのバルベルデ、オリカのチャベス、エティックス・クイックステップのブランビッラあたりが飛び出し、ランプレのウリッシとか、スカイのランダとかが遅れてしまいます。

で、ここで前に飛び出していった選手が追走(こっちがメインか?)集団になって、先頭を追いかけていくのです。

残り45kmくらいで、このメインどころがいっぱい入った集団にカルーゾが吸収され、先頭は16人になります。

一回しばらく長い下りがあるのですが、それが終わって登りに切り替わったときに、自然に前に3人のグループができます。
残り34km前後のところ。
前に出たのは、オリカのチャベス、アーゼードゥーゼルのバルデ。キャノンデールウラン
その後ろにアスタナのローザがいるのですが、エースのアルーが遅れたので、気にして速度を落とし、3人が前にいったような形です。

ローザはちょっと様子を見て、一人で先頭の4人を追いかけ始めました。


残り32km。
一旦ローザは戻って、アルーを引き出します。
でもやっぱりうまくいかなかったのか、結局また一人で追走集団から飛び出しました。


残り30km。
先頭3人から6秒後ろにローザ。
その30秒後ろが追走集団です。モビスターのヴィスコンティが引いています。
追走集団には、バルベルデ、バルギル、ブランブッラ、アルーなどが、取り残されたような形です。
この集団に2人いるのがモビスターだけなので、ヴィスコンティしか、牽引する人がいないようです。


残り29km。
ローザが、先頭のチャベスウラン、バルデに追いつきました!
追走集団とは、約35秒差。

チャベスウランが一緒の集団で走っていると、コロンビアラインを組んでいたジロの20ステージが思い出されます。一瞬でしたけどね、あの引き。
でもワンデイレースだから、今日コロンビアラインが結成されるかっていうと……うん、ない気がします。

残り27km。
追走集団では、プロコンチネンタルの、アンドローニジョカットリ・シデルメクのトレスがアタック。すぐに追走の先頭を担っているヴィスコンティが追っていきます。
先頭の4人とのタイム差は、40秒くらいあります。

しかし、このあたり、ものすごい下りです。
ジグザクジグザク、葛折りのくだりです。
そこもかしこもヘアピンカーブばかり!!
一瞬、ラルプ・ディエズかと思った……。


残り20km。
先頭のバルデ、ウランチャベス、ローザと、追走集団との差は、42秒。
追走集団をずっとひいていたヴィスコンティが、後ろに下がりました。
そして、バルベルデが追走集団の先頭になって、先頭4人を追いかけます。

残り19km。
タイム差38秒。
バルベルデがひくことで、追走集団のスピードが上がって来たのでしょうか!!?


残り17km。
先頭4人は、ローザが引きます。
気のせいでしょうか。ずっとウランが最後尾にいる気がします。体力温存したいのか、それとも下りがちょっと苦手なのか。
追走集団は、43秒差!
バルベルデが引いていますが、あれ!?タイム差がまた戻ってしまっています!


残り15.5km。
下りが終わり、先頭4人が、順々に先頭交代を始めました。


残り12km。
先頭4人と、追走集団との差は、53秒。
後ろでは、またトレスがアタックです!調子いいのかな。
アルーが追います。


残り10km。
1分差になりました。これはもう、優勝は先頭4人の中で決まりそうです。


残り6.4km。
追走から、トレスがまた飛び出しました!
先頭とは、まだ1分差。
先頭4人は、まだきれいにまわっています。まだ牽制の気配はありません。


残り5km。
最後の登りがやってきました!
ここからちょっと登って、そっから下ってのゴールになります。


残り4.2km。
ディエゴ・ローザのアタック!!
あ、でもチャベスがすぐに追いつきました。
ちょっとそこから石畳があり、コース路面が落ちついたところで、今度はチャベスがアタック!
バルデがチェックに向かいます。


残り3.6km。
先頭はチャベス
二番手を走っていたバルデが、いきなりがくっとスピードが落ちます。
何!?どうしたの!?
その隙に、ウランがさっと前に抜けます。

チャベスウランが、前に飛び出した形です。
ちょっと離れてローザ。
バルデは、足つったのか?離されてしまいます。

さあ、下りに入ります!


残り2.5km。
一瞬離されたかに見えたローザ、先頭の2人に追いつきました!先頭は、ウランチャベス、ローザの順です。
バルデが後ろから、全力で追っています。


残り1.6km。
またローザがアタック!!
ウランがすぐにチェック!


残り1km。
バルデがだんだん近づいてきています!
牽制したら、おそらく一気にくるでしょう。
ここからはもう頭脳戦!


残り300m。
ローザがアタック!!
一瞬二人を引き離しますが、最後のカーブをまがったところで、ウランチャベスの順に追いかけてきます。
ローザが先頭の状態で、スプリント開始!
ローザの右手側からウラン!が、伸びない……。
しかし、ローザの左手側から、チャベスが一気にあがってきます……!

最後の数十メートルで、チャベスが追いつき、そして抜いた!!
エステバン・チャベスが優勝です!!

ヨーロッパ以外の国籍の選手による、ロンバルディア初勝利!!

2位は、繰り返しアタックを見せてもりあげてくれた、ディエゴ・ローザ!
3位はウランでした。


下り多かったですけど、今日は登りでだんだん優勝候補が絞られていくのが印象的でしたね。
勝負所は、全部登りだったように思います。

ウランが力を温存しているように見えましたが、チャベスが強かったですね!チャベスは、今年ずっと強かったなって思います。
それと、最後に負けてしまったけれど、今日のローザの走りは好きでした!
ピンクのサングラスが欲しくなってしまうくらいには!



……………………。
なぜでしょうか。
なんだか、まだ、パリ〜トゥールとか、ジャパンカップとか、さいたまクリテとか残っているのに、
シーズン終わっちゃったー!って感じがして、ロンバルディアのレース終わった直後から微妙に寂しいです。

さみしいー。
眠れない日々は大変なのに、しかもジャパンカップとかさいたまクリテとか見に行く予定なのに、さみしいよー。
ふしぎなきもち。

Amazon.co.jpアソシエイト