コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2016 第12ステージ

今日は、逃げにスカイが二人入っていました。
逃げって、やっぱり逃げ切り優勝を狙うっていうのが一番の目的かなって思う時多いのですが、今日は、集団コントロールをしている、モビスターを疲れさせようとしている逃げって目的も入ってる逃げになってました。

ただ、逃げ集団の中では、特にエティックス・クイックステップのブランビッラの頑張りが目立っていました。
なんで特にブランビッラの名前があがるかというと、残り20kmくらいからずっと、逃げ集団が捕まりそうで捕まらなくて、いややっぱり捕まりそうか、と思ったらまだ捕まらない、え、とうとう捕まるか、と思ったらまだ逃げてる。っていうくらい、頑張って頑張って頑張って逃げてました。

戦術的に意味があるのかはわかりませんでした、「もしかしたら逃げ切れ、あ、でも捕ま…らない、ってことは逃げ……あっれない?」みたいに、そこで勝敗決まるわけでもないのに、ちょっとわくわくしました。

でも、そんなブランビッラの走りの努力もむなしく、とうとう最後の登りに入るところで集団に吸収されました。

残り17km地点。
登り始めて、すぐに一人の選手が飛び出します。
イアム・サイクリングのデーヴィニンス!
このアタックが決まり、そのまま独走で走っていきます。

残り15.6km。
デーヴィニンスがタイム差をつけ出したので、ステージ集団から、アスタナのゼイツがアタックします!
ロットNLユンボジョージ・ベネットが追いつき、二人でデーヴィニンスを追いかけていきます。
先頭のデーヴィニエンスと集団との差は、約35秒でした。


残り14km。
続々と集団から追走にへのアタックがかかるなか、集団からコンタドールがアタック!
前にいったメンバーを一気に抜いていきます。
コンタドールに後ろにチェックについたのは、モビスターのバルベルデ!その後ろが、本日マイヨ・ロホのキンタナ。
この攻防でBMCのヴァンガーデレンが遅れました。

一旦踏み止める、コンタドール
その瞬間、カウンターで行ったのはカチューシャの選手!!だれだ!わかんない!

残り13km。
また集団からアスタナが飛び出して、追走に合流しました!!
ルイス・レオン・サンチェスだ!!


先頭は、依然単独でイアムのデーヴィニエンス。
第二グループである追走は、サンチェス、バークランツ、マティアス・フランク、ダニエル・モレーノ、フォルモロ、ベネットあたりがいます。
うう、ちゃんとレース見てるのに、誰がどのタイミングで集団から前にあがったのかわからないくらい、入れ替わり立ち代り選手が出てきています!
今日、レースの攻防把握するの難しい!!


残り9km。
集団が追走に追いついてきました。
でもまだ諦めない、ベネット!諦めずに踏み続けています!


残り8km。
先頭はデーヴィニエンス。25秒差で、単独追走のベネット。ベネット、諦めなかったら一人だけ吸収されずに、追走になりました!その後ろが集団です。


残り5km。
メイン集団からアスタナの選手が飛び出し、ベネットに追いつきます。
そこから、バークランツ、サイモン・イェーツ、なども一緒にベネットに追いついてきます。
デーヴィニエンスとの差は、18秒!
そこから、メイン集団は入れ替わり立ちかわり集団をひき、デーヴェニエンスを追いかけていきます。
でも、これは多分協調って感じじゃないです。
みんなそれぞれアタックしてる結果、速いって感じです。


残り2km。
先頭と集団との差は、もはや6秒。


残り1.2km。
ついに、デーヴィニエンスが捕まりました!
ってことは、今日のゴールは、集団スプリントだ!!
最後の大きなカーブを抜けて、ほぼそのまま一直線です!

車道いっぱいになって、スプリント開始です!
ゴール向かって右側からサイモン・イエーツが最初に先頭をきってスプリントを開始しました!
しかし、反対側から、オリカのケウ・ケレールが先頭に立ってスプリントを始めます。イエーツ埋もれた。
っていうか、広い道いっぱいに広がっているから、スプリント参加人数多い!どこ見ていいかわからない!
ただ、ケレールが下がりません!下がらないっていうか、他の選手が追いつけない!!

もうほぼ完全に勝てそうな距離を2位の選手とあけつつ、でもガッツポーズをすることもなく、ペダル踏みながらケレールがゴール!
オリカ・バイクエクスチェンジのケレール、グランツール初勝利です!


今日は、特に最後の20kmくらい、選手の入りかわりが激しくて、それがしかも先頭じゃなくて追走の入れ替わりが激しかったので、攻防を把握するのが非常に難しかったです。
いつのまに前にいたの!!?って選手が多かったように思います。
最初がんばって誰がどこ走っててって把握しようとワタワタしながら見てましたが、途中から「わかった。とにかくみんな前にいきたいんだね!がんばれ!」って見てました。
楽しく見るのが、一番!!

なお、総合上位の選手はまとまってゴールしたので、タイム差は動かなかった模様。
まあ平坦ですしね。
昨日のフルームとキンタナの一騎打ちとか、総合争いも楽しみな今日この頃なので、明日以降に期待します!

Amazon.co.jpアソシエイト