コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ジャパンカップサイクルロードレースにいくのよさ!!

サイクルロードレースファンの皆様、もうジャパンカップのホテルの予約はしましたか?

私はまだしていませんでした。(爆)


おそらく、長年サイクルロードレースファンをされている方からすると
「え、まだ?遅すぎない?」
とか思われるかもしませんが、今回初観戦予定の私は正直、あとまだ2ヶ月余裕あるから、全然楽勝だと思っていました。

「よーし。そろそろ8月も終わるし、そろそろジャパンカップのホテルでも探そうかな〜」
って、ネットで宇都宮駅周辺の、10/22泊のホテルを探しましたが、ほっとんどヒットしない。


ぷちパニック。

「こんなに!!?こんなに人があつまるの!!?みんな泊まるの!?」


もともと旅行は好きでよく行く方だと思いますが、季節とか時期とかイベントとか関係なく「よし、いこう」って、勢いだけで旅行に行くので、なんとなく空いているオフシーズンに、行き当たりばったりで動くことが多かったのです。


数年前、屋久島の縄文杉見に行ったことがあります。
夏がシーズンとかそういうことを一切何も調べずに、「そうだ、今年旅行行ってないから、年末屋久島行こう」って屋久島で年越す宿とって、
屋久島に着いてから「あした、縄文杉見に行こう!」って決めて、ガイドさん頼んで、年末も年末、12月30日に縄文杉を見に山を登ったことがあります。
完全なる雪山登山でした。
一面銀世界の山、半泣き状態で滑り転び登りながら(←運動神経皆無)「私、ここで死ぬんだね」って突如草薮からやってきた鹿に向かって心の中で語りかけたことも、今となってはいい思い出です。

(実際には無事でしたし、雪に埋もれたウィルソン株とかちょいと希少なものを見ることもできましたが、プロのガイドさんに道案内を頼んで、前日に決めたにもかかわらず現地レンタル駆使して完璧な装備をしていったからこそなんとかなっただけので、万が一もしこのブログ読んで「私も雪の中の縄文杉見たい!」とか思っても、勢いで行動せずに事前準備はきっちりした方が身のためだと思います)




話が逸れましたが、そんな行き当たりばったりな旅行したしたことないので、
2ヶ月前でこんなにホテル埋まってるなんて考えてなかったのです!


どうしよう。レース、見られないのかな……。

ロードレースだけなら、当日朝早く東京から出発しても見られるかもしれませんが、クリテリウムも観戦したいなら、断然泊まった方がいい。


悩みながら、ジャパンカップのホームページをのぞいてみると、やっぱりちゃんとあるのですね、公式ツアー!!
一泊二日朝食付き、東京駅からのバスと、日曜日には、宿泊ホテルからロードレース会場への送迎つき!
そして何より、一人様むけのシングルルームのプランがある!!?

もちろん、ツイン向けのプランよりも一人あたりの料金は高いですが、1000円しか違わないので、微々たるものです!
そして、これなら、クリテリウム会場のコース沿いのホテルに、今からでも泊まれる!!!

調べてみたら、ツインのプランはほぼ埋まってましたが、シングルルームプランはまだ空きがありました!
やったぁぁぁぁ!


と、いうわけで、
思いっきり出遅れていたジャパンカップサイクルロードレス、無事、見に行くことができそうです。


……ふと思ったのですが、この分だと、クリテリウムは、きっとこないだの湾岸よりもずっと人多いですよね……。
前の方で見たかったら、やっぱり数時間まえからコース脇とかで、一人でじいっと立って待ってないといけないのかな……。

Amazon.co.jpアソシエイト