読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2016 第9ステージ

今日の感想。

デヘントぉぉぉぉぉぉ!!!



もうなにこれ今日本当に感動した!!
ステージ優勝とか総合争いとか全部横においておいて、今日はデヘントが私の心をさらっていきました!!


えー。


今日は、山岳ステージで、2級、3級、3級、3級、で最後2級山頂ゴールのステージだったんですね。

で、最初の3つ目までの山と、途中のスプリントポイントを、逃げにのっていたロット・ソウダルのデヘントがとっていました。

で、いつものことですが、やっぱり逃げの中でアタックがあるとデヘントがチェックに行くシーンとかが多く、
「あー、足を使わされてしまっているな」って思うところがちょくちょくありました。
そして、その結果というかなんというか、
残り15kmくらいの地点、最後の3級山岳の登りで、デヘントが逃げ集団から完全にちぎれてしまっていたのです。


だけど、私は信じてました。
ことしのツールの第12ステージでも、一回たしか脱落して、でもまた先頭に戻ってきたのですよ。

だから、デヘントは絶対に、絶対に戻ってくる!!
ここで脱落してしまうような選手じゃない!!



2級の下りあたりから、逃げ集団からは、エティックスのデラクルスとイアムのデーヴェニィンスが逃げからさらに飛び出してトップを二人でまわっていて、それを最初逃げにのっていた選手たちの追走集団が、20秒差くらいで追っていました。


そしたら。
残り7kmくらいで。
デヘント、追走集団に追いついてきたのです!!

そして、そのまま追走集団に合流することなく、びゅーんって、びゅーんって!!!
他の追走集団の選手を残して、先頭を追って最後の登りを走って行きました。


奇跡じゃない。
これは、ガッツだ。
トマス・デヘントのガッツだ。




結局、先頭の2人に追いつくことはできず、また最後の登りで一度抜かした追走集団の選手たちに追いつかれてしまい、結局デヘントはステージ8位でした。
ただ、今日の3級山岳でちょっとずつ山岳ポイント貯めたので、デヘントが山岳ジャージとりました!

……おそらく、来年のブエルタの頃には、今日のデヘントが追走集団に戻ってきたところを覚えている人って、いなくなると思うんですよね。私も、覚えていられる自信はないです。
ステージ優勝してないし、ステージ2位とか3位じゃなくて、8位だから、これから数時間の間に書かれる、各種サイトの今日のレースレポートや、おそらく次に発売されるチクリッシモとかの自転車雑誌にも、果たしてこのデヘントが戻ってきたシーンが書かれるかは、微妙なんじゃないかなって思いますし。


だけど、どうなるかわからない中「絶対に戻ってくる」って信じて画面見ていて、
本当に戻ってきてくれた走りを見たときの嬉しさっていうのは、
あとから結果知ってDVDとか動画を見たのでは、絶対に味わえない気持ちだったと思うのですよ。

とっても嬉しかった。

信じて、それが叶うって、たった数分の間の気持ちでも、こんなにも嬉しいものなのですね。
改めて、世界的な大きなレースで活躍する選手って、すごいなあと思いました。



ちなみに、今日の優勝は、エティックス・クイックステップのスペイン人選手、デラクルスでした。
今大会初のスペイン人選手の優勝かつ、
なんとキンタナから22秒タイム差をつけてマイヨ・ロホを奪い
さらにバルベルデから複合賞まで奪い
さらに敢闘賞もとりました


こっちの凄さも半端ないです。

Amazon.co.jpアソシエイト