読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2016 第7ステージ

昨日といい、今日といい。
ブエルタは、スプリントポイントをどうしたいのか甚だ疑問な今日この頃、いかがおすごしでしょうか。

ちなみに、昨日の第6ステージはこれね。

www.jsports.co.jp

このスプリントポイント、2級山岳の頂上2km手間です。
その2kmにどんな意味が込められているのかわかりません。
奥が深いぜ、ブエルタ

今日は、これね。

www.jsports.co.jp

二日連続でこれだと、逆に明日のスプリントポイントが楽しみですね


今日はねー。スカイのクヴィアトコウスキーやトレックのボニファチオや、リタイアが多いのです。
クライスバイクも第5レースの落車の影響でリタイアしてしまったし、なんか、ツールが今年リタイアが起きないステージが続いてすばらしいってなっていた反面、ブエルタはリタイアが多い気がします……。

それともこのくらいの数の選手がリタイアするのは、例年のことなんですかね……。





今日の第7ステージは、比較的はやく逃げが捕まりました。
6人の逃げ集団があったのですが、残り45kmくらいのところで吸収されてしまいました。

アスタナが、なんだかものすごい勢いで、「逃さん……!!」とばかりに捕まえに来たのですね。
んーむ。
スプリンター系のチームを、おいてきぼりにしたいのかな。


残り、38km地点。
カチューシャのタラマエがリタイア。
うう……。


集団は、ずっとアスタナが全力で走り続けています。
30km地点までゼイツがひいていたのですが、そこで仕事をおえて、カタルドの番です。

って、あれ、ねえちょっと。
集団おいてってるよ。

あの、ねえ、ちょっと、待って、これ。
アタック!!?

何これ、フェイント、フェイントアタックなの!!ちょっと面白い。


「うわあ、俺もいかなきゃ!!」と、思ったかどうかわかりませんが、集団から区間優勝を狙った選手が、カタルドを追いかけて追走集団を作ります。
アスタナのルイスレオン・サンチェスキャノンデール・ドラパックのサイモン・クラーク、あとコフィディスのマテ・マルドネス、そして、エティックス・クイックステップの、ブランビッラ!
マルドネス、今日最初の逃げの6人にも入っていたので、今日ずっと前の方で走り続けてます。
ガッツだね!すてき!


そしたら今度は、それをさらに追いかける、追走の追走集団ができあがります。
でも、追走の追走集団は、残り26km地点で、吸収されます。

サンチェスのグループはカタルドと合流しました。
先頭5人に、アスタナ二人!!
もしチーム敢闘賞ってのがあったら、今日はアスタナですね!ないけど!


残り25km地点で、カチューシャのラグティンが抜けて、追走をはじめます。
それを見て、さらに集団から数人合流。
また増える。
増える。
わかめちゃん。


増えてきたので、そこからトレックのベルナールとカチューシャのマミキンが追走から抜け出しました。
だから、いままで追走だったグループは、追走の追走になります。

集団が追走の追走に追いつきそうなところで、追走に追走の追走が追いついて、でもさらにそこで集団から追走の追走の追走が追走の追走にだあああ!!わけわからん!!
とにかくみんな頑張って前めがけて走ってます!!


残り20kmで、先頭と次の追走だか集団だか(←もう諦めた)の差は、30秒くらいです。

残り19kmくらいで、先頭の5人は、3級山岳ポイントを通過します。


残り17km。
下りの真っ最中、いきました。サンチェスのアタック!!
でも、吸収されてしまい、また5人になります。


残り13km。
先頭と集団(みんなまとまったので、迷うことなく集団!)との差は、20秒まで縮まりました。
これは、逃げ切るの難しいかな……。アスタナが二人、前に出た時点で、もうサンチェスで確定かなって思ったのですが、そう簡単にはいかない気配です。


残り12km
先頭と集団との差は12秒。集団をひいているのは、モビスター。


残り9km。
ルイスレオンサンチェスと、サイモン・クラークが二人でアタックしました!
現在まだ12秒差。

集団は縦1列です。スピードがあがっている証拠です!
さっきサンチェスたちと一緒に逃げていた3人は、集団に吸収されました。


残り6km。
ブランビッラが吸収されてしまったエティックスは、今度は集団を引き出します。ロットソウダルやモビスターもひきます。
まだ、先頭と集団の差は10秒あります。


残り5km。
先頭の二人と、先頭との差は、18秒。
ちょっとだけタイム差が開き始めた……。

残り4km。
タイム差、変化なし!18秒!

残り3km。
タイム差は、16秒、くらいかな。

残り2km。
タイム差、10秒。


嗚呼、はらはらする……!!
先頭の二人は、強調しながら全力で逃げて、ゴールを目指しています!牽制したら一発で追いつかれるので、必死です。

残り1km地点を通過しました!
タイム差、残り10秒切った!!

残り500m。
カーブで、集団の真ん中で落車!

でもそのすぐ最後の最後に集団が追いついてきました。
クラークとサンチェスがあきらめた!
最後にカーブ曲がったらすぐゴール!

イアムの選手が先頭で入り、後ろからティンコフの選手が追い上げようとしますが、その前にもうゴールポイントが……!!

イアムの優勝!ヨナス・ヴァンヘネヒテン!
2位で追いかけてきていたのは、ティンコフのベンナーティでした!横風職人ベンナーティ、惜しかった!!
3位は、今回のブエルタ、ほぼ毎回前にいる気がするモビスターのバルベルデ


でも、ベンナーティがここにいるってことは、コンタドールもすぐ近くにいたはず……。
と、ここで、遅れてコンタドールがゴールしてきました。
落車して、ジャージが破れたぼろぼろの姿で……。


実は、ゴール手前500m地点での落車、一番最初に転んでしまったのが、コンタドールだったのです。
カーブを曲がるとき、となりでインコースをまがっていた他のチームの選手がアウトコースを走っていたコンタドールにぶつかって、はじき出されて転んでしまった感じでした。

なんかもう。なんかもう。なんかもう!!
まあ遠い異国で私がうにゃうにゃしていても仕方ないですね!!
落車に負けないでコンタドール


そういえば、
表彰式でヴァンヘネヒテンが、きれいなお姉さんに促されてリサイクルボックスに入れたシャンパンを、名残惜しげに舞台上手のすみで振り返っているように見えて、なんだか可愛かったです。

敢闘賞は、逃げて、吸収されて、また逃げた、マテ・マルドネスです!
文句なし!報われてよかった!!



そういえば。明日は。
第8ステージ。

我らワールドサイクルロードレース塾で、サッシャさんが紹介していた、あのステージです。

これ。
www.jsports.co.jp


ねえ、嘘みたいでしょ。
平坦ステージなんだよ、これ。

そして、見て下さい。私の期待をまったく裏切らない、スプリントポイント。

なんで、コースプロフィールだと、最後以外ずっとこんなにまっすぐな場所走るのに、
スプリントポイントが最後の山岳の登り途中にあるの!!?

爆笑してしまった。

ぶえるた。
楽しいね。

Amazon.co.jpアソシエイト