読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2016 第5ステージ

今日は、マシャドがグレました(笑)
レース冒頭、カチューシャのマシャドと、ディレクトエネルジーのモリスの二人が逃げていたのですが、
馬が合わなかったのか何なのか、モリスが補給をうけたときになぜかマシャドがスピードあっぷ。

ねえ、マシャド。
まだあと、70km以上あるんだけど、これ一人で行くつもりかい……。

今日は、一つ3級山岳があったのですが、そこはまず逃げのマシャドが通り、集団ではデヘントが2位通過して、デヘントが本日の山岳賞をゲットします。


そのままデヘントがちょっとだけアタックします。
でも、2kmくらいで諦めて集団に帰りました。

そして、ここから、ずっとずっとマシャドの単独の逃げが続きます。
ひとりきりで、行くつもり、だったんだね……。

ずっとずっと一人で走り続け、残り14kmくらいで、ようやく集団がマシャドを吸収します。



本日は、スプリンターの争いになることが予想された、一応平坦ステージなのですが、
残り4kmくらいから、子供がふざけてつくったあみだくじみたいに、ガッタガッタ道が曲がるのです。


落車多発しないかな……。ちょっと心配です。

残り6kmくらいで大きなカーブがあり、ここまで横に広がっていた集団が縦にのびます。

残り2.5km、BMCのジルベールがアタックをするのですが、それを利用してキャノンデールのサイモン・クラークが前にでます!
慌ててそれを追いかけ、サイモン・クラークの後ろにつくジルベール

ここで、メイン集団で落車が起き、ちょっと追走の手がゆるまります。
落車したのは、ロットNLの選手です。
あれ、ヘーシングが、足を止めて待ってる。ってことは、これはクライスバイク……!?
でも、起き上がれない……。


残り1.1km
ここで集団がクラークとジルベールに追いつきました!
集団は縦に細長くなってます。
クラーク、ジルバール、アスタナのサンチェス、その後ろがバルベルデか。

残り500mくらいのところで、またまた落車!!
ここで、落車の発生した位置より後ろを走っていた多くの選手が止められてしまいます。

前にいた、残った15人くらいの人数で、スプリントになります。
この時点で前をひいているのは、エティックスです!
アシストが残っていて、メールスマンをひいています!

最後のカーブ、先頭で入ってきたのはエティックスのメールスマン!
そのまま集団トップでスプリントを狙います。
後ろから、メールスマンの左側に上がってくるのは、トレックのディディエ!
猛追しますが、メールスマン速い!

エティックス・クイックステップ、メールスマン2勝目!!


ちなみに、この最後のスプリントバトルにバルベルデ参戦していました。
ステージ6位。

本当なら、「すわ、明日のマイヨ・ロホか!?」ってアタプマを探してタイム差を計算しなければならないはずなのですが、
ただ、本日ゴール前で落車が起きてしまいました。
平坦ステージで、ゴール手前3km以内とかで落車が起きると、ゴールした選手みんな同タイム扱いになるっていうルールがあるのですね。

もともと今日のマイヨ・ロホのアタプマがどこを走っていたのかはわからなかったのですが、
これで今日のタイム差はすべてなかったことになったので、マイヨ・ロホはBMCアタプマから動かず!




やっぱり、落車多発しましたね……。
そりゃこのカーブで、位置取りしながらハイスピードで走っていたら、転ぶよなあ……。

クライスバイク……。
さっきの落車のあと、起き上がることもできてなかった……。
ジロで落車に泣いたから、ブエルタは頑張ってほしかったのだけれど。心配です。

Amazon.co.jpアソシエイト