コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2016 第4ステージ

こんばんは。
今日、よく行くラーメン屋さんのTwitterに、店員さんたちの休日ライドの写真があがっていて、しかもジャイアントとかスカイのジャージ着た写真で「こんな身近にサイクルロードレースファンが!!?」ってテンションがあがりまくったコロロンです。
Twitterを見てテンションがあがって、そのラーメン屋さんに夜ご飯を食べに行きました。
でも「自転車好きなんですねラーメン屋さん!」とか、突然話しかけたらとっても怪しいので、黙々とラーメンだけ食べていつものように静かに帰りました。
ラーメンは美味しかったです。

まあ、それはさておき!!
今日はブエルタ、第4ステージ。


今日の逃げは、20人くらいの逃げ集団でした。
多っ!
キャノンデールのピエール・ローランとか、ロット・ソウダルのトマス・デヘント、BMCのアタプマなどがこの集団に含まれます。

今日は、3級山岳が2つあって、ラストが約11kmの登りの山頂ゴールステージです。


前半の2つの山岳は、どちらもデヘントが1位通過して山岳ポイントをとりました!
うん。逃げ集団のメンツ聞いたとき、絶対山岳ポイントはデヘントがとっていっただろうなって思ってました。


メイン集団は、マイヨ・ロホを擁するモビスターがずっとひいています。


さてさて。
この逃げ集団が、残り30km地点でも、メイン集団と5分の差をもったまんま、ずっと逃げ続けていました。


残り25km。逃げ集団とメイン集団との差は、5分20秒。
逆に、差が開いています。
ここで、逃げ集団の中からアタックがでます。
やっぱり来た、デヘント!!
しかし、すぐに追走が追いついてきてしまいます。


残り23km。
今度は、下りでエティックス・クイックステップのシュティバルがアタックです。
キャノンデールのキングがチェックに行き、そのまま逃げ集団の前に出ます。
続いて、アーデードューゼルのアクセル・ドモンがアタックし、ランプレのグルネイが追いかけます。

20人もいるから、みんなそれぞれ順にアタックしてチェックしてって、代わる代わる出てきます。


残り20km。
逃げ集団とメイン集団との差は、5分30秒です。
逃げ集団では、カハルラル・セグロスエレヘアー(プロコンチネンタル)のマドラソルイスがアタックをしかけます。
他の選手たちの中で牽制が入ってしまい、ちょっと差が開きますが、デヘントが残りを引き連れてマドラソを追いかけます。
そして、マドラサを捕まえて、今度は自分が前に出ます。
あ、でも捕まった。

今度は、ランプレのグルネイのアタック!追いかけているのは、イアムの選手。
そしてそのちょっと後ろから、またみんなを引き連れておいかけてくるデヘント。
気づくと「うりゃぁぁぁ」って追いかけている感じで、見ていてとっても楽しいですデヘント。


残り15km。
キャノンデールのキングがアタック。またデヘントがチェックします!
スプリントポイントの争いみたいですが、横からシュティバルが来てスプリントをとったみたいです。

……ブエルタ、山岳もスプリントも、道路にラインないからよくわかんない……。



残り14km。
またまたアクセル・ドモンが前にでました!
このアタック、決まります!!

一方そのころ、若干忘れかけてたメイン集団では、ここまでずっと先頭を引いていたモビスターにかわり、オリカ・バイクエクスチェンジの引きにかわりました。
ペースをじりじりあげてきています。


残り12km。
先頭のドモンとメイン集団の差が、5分を切りました。
メイン集団では、今度はティンコフのベンナーティが出てきて、がんがんペースをあげていきます。
いけいけ横風職人ベンナーティ!!

残り11km。
ドモンが、ラストの登りの入り口に差し掛かりました。
メイン集団はティンコフが先頭で、スピードをあげています。

うう。デヘントやローランがいる追走集団の動向がわからない……。
ドモンとの差はどのくらいなのかな……。
でも、映像で別に映らないってことは、ドモンの近く……?


残り10km。
メイン集団、ティンコフのベンナーティが仕事を終え、今度はスカイが先頭です!
先頭のドモンとは、4分15秒差。
ドモンは依然独走中です。


残り9.2km。
いつのまにか、追いついてきていた追走集団。
ドモン、追いつかれて吸収されます。
追いついた中から、次はディレクトエネルジーのカルメジャーヌがアタックをして、単独先頭!

メイン集団はモビスターがまた主導権を握っています。
先頭とのタイム差は、3分40秒。


残り7km。
だんだん、まわりの森の木が低く、そして少なくなってきました。
森林限界が近づいているのかな……?

先頭は依然、カルメジャーヌ。
それを一人で追いかけているのは、ローランです!
そして、追走の中から、BMCアタプマが行きました!!
アタプマは、現在、総合1位から約1分35秒遅れの総合14位なので、今日、集団にタイム差をつけてゴールすれば、明日マイヨ・ロホを着られる可能性があるのです。



残り6km。
先頭はカルメジャーヌ。
ちょっと離れて、2番手はローラン。
そこからさらに離れて、追走集団。
先頭とメイン集団との差は、3分30秒くらいで止まっています。
……本当にタイム差に動きがないのか、それとも不具合かが気になるところ。


残り5km。
ここで、一旦1kmくらいの短い下りが来ます。

2位のローラン、差が詰まらない……。
むしろ、差が開いています。


残り3km地点。
カルメジャーヌが通った、35秒くらいあとに、ローランが来ますが、ちょうどそこで追走集団に吸収されます。
ここで、BMCアタプマがアタック!!
マイヨ・ロホを狙っています!!


残り2km地点。
カルメジャーヌが先頭で通過!
35秒後、アタプマが通過です。
ステージ優勝はカルメジャーヌか、アタプマか!
もう木が本当にないです!風の影響がどう出るか……。!


残り1km地点!
カルメジャーヌが通過!ここから、さらに登りがきつくなります。
30秒後、アタプマが通過。
アタプマのすぐ後ろには、アスタナのゼイツと、キャノンデールのキングが来ています。


残り500m。
もんのすごい坂を、ダンシングで登っていくカルメジャーヌ。
しかし後ろから、アスタナのゼイツを先頭に、キングとアタプマがやってきているのが、もう見えます!


残り200m。
カルメジャーヌ、後ろを振り返って勝利を確信!
ジャージの前をしっかりの締めます。
そしてディレクトエネルジーのカルメジャーヌ、逃げ切り勝利!!

2位アタプマ、3位キング、4位がゼイツでした。


さあ、ここからは、アタプマと総合勢のタイム差が気になるところです。
モビスターのバルベルデを先頭に、各チームのエースがゴールしていきます。


そして。
表彰式。

総合は、BMCアタプマ!!
総合2位は、バルベルデ。アタプマとは、29秒差でした。
総合3位がフルーム、コンタドールは、現在総合13位で、アタプマとは1分53秒差です。



今日は、カルメジャーヌが強かった!!でも、ラストのゼイツの追い上げもすごくて、ハラハラしました。


ちなみに、デヘントは、敢闘賞をもらっていました!
連日、私が「報われてほしい!」って思う選手が敢闘賞をとっているので、
敢闘賞予想が、密かな楽しみになってきています。

Amazon.co.jpアソシエイト