読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ブエルタ・ア・エスパーニャ 2016 第3ステージ

本日は山のステージです。早速山頂ゴール。ただし3級山岳です。
平均勾配10パーセント超えてる3級山岳です。
3級ってなんだろうって思います。

今日は、冒頭7人の逃げが決まっていました。

そこから、一人。本日の、スターが出てくるのです。
イアム・サイクリングのサイモン・ペロー!
残り60km地点手前くらいで、他の選手と二人で逃げ集団からアタックをしかけ、そこからさらに抜けて一人で山岳ポイントを取りに行きます。

そして、そこから、ずぅぅぅぅっと一人で逃げ続けるのです!
残り25km地点で、集団とのタイム差が5分くらい。


しかし、本日の山岳賞のキーポイントである2級山岳の山頂近くで、最初の逃げ7人のうちの2人である、エフデジのアレクサンドル・ジェニエと、エティックス・クイックステップのピーター・シェリーが追いかけてきます。


ペロー、ここまで一人で頑張ってきたから、なんとか今日の2級ポイントとってほしい……!

しかし、登りでは後ろの二人に部があるのか、みるみる差が詰まってきます。
がんばれー!もうちょっとだから。

でも、結局山頂にたどり着く前に追いつかれてしまいます。
2位通過だペロー!そしたら、今日の山岳賞とれるかもしれないから!


ってあああ!
一瞬だけ3人で走るのですが、サイモン・ペロー遅れてしまった!



今度は、ジェニエがずっと先頭をひくかたちで、ジェニエとシェリーの二人で山頂を目指していきます。ペローは、どんどん引き離されていきます。
ぴったりと後ろについて、絶対に前に出ないシェリー。
もはや先頭交代を要求もしない、ジェニエ。


そして山頂が見えた直前!
ここでシャリーが外から動きます。ここまで溜めていた力で、目指せ山岳賞。
しかし、ジェニエはダンシングで続き、うちから刺す!



どっち!!?

さあ、結果は!!?



…………。
でない。


待っている私をほっぽいて、レースはすすんでいきます。

トップの二人は、逃げ切り勝利めがけて、強調しながらどんどん下っていきます。
一方、メイン集団では、ステージ勝利に向けて、どんどんタイム差縮め出しました。



しかし、ここで、ドラマが。
残り13km地点で、先頭の二人の背後に突如としてあわられる白い影!!

ペロー復活!!!

山頂付近は完全に離されていたのに、たぶん下りで猛追して追いかけてきたんだ!!
かっこいい!!!!


ここで、やっと山岳通過順位の表示。
さっきの山岳とったのは……ジェニエ!!



そして、3人で協調して逃げます。
ペロー、ずっと一人で独走して、とっても足使っていたはずなのに、
他の二人に劣らず、ちゃんと先頭でひいて、平等にまわります。

嗚呼、なんだろう、この気持ち。
どんな賞でもいいから、とにかくペロー何か報われてほしい……!!


先頭3人が、残り6kmを切った時点で、集団との差は約3分くらいです。
逃げ切れるかなー。山岳のきつさ次第かなー。


残り3km。
集団との差は2分40秒。
まだ平坦ですが、もうすぐゴールに向けて3級山岳に入ります。
メイン集団は、モビスターの牽引。速度がどんどんあがってきます。
ペロー!ペローがんばって!


残り1.8km。
差は2分10秒。
さあ、登りに入ります。
シェリエが先頭。ジェニエ、ペローの順です。

しかし、山岳に入ってすぐに、ペローが遅れてしまいます。


メイン集団は、順々にチームが先頭を入れ替わり、がんがんスピードがあがります。
マイヨ・ロホを着たクヴィアトコウスキーがひくと、スピードがさらに上がります。


先頭は、現在、ジェニエとシェリー。
もうペローの姿は見えません……。


先頭残り1.2km。
ランプレのデュラセックが集団からちょっとだけ抜け出し、モビスターがそれを追います。

一方、先頭ではジェニエが出ます!!シェリー、ついていけません。


ジェニエ、ゴールまで残り800m。
さあ、いよいよラストです。ここから、斜度が20パーセントを超えます。
半分、ロッククライミングみたいな、すごい坂。
私見、ほぼ、崖。


一方、メイン集団の先頭は10人くらいになりました。もうそれほどタイム差はありません。
モビスターが3人。
他に、チャベス、ブランビッラ、コンタドール……。
あれ!?フルームがいない!!?
ちょっと離されてる!!
クライスバイク、そのさらに後ろです!



残り600m。
1位のジェニエと2位のシェリーとの差は51秒。

ペローが、追いついてきたキンタナらに抜かされていきます。
モビスターが3人、フェルナンデス、キンタナ、バルベルデ。それと、チャベス。4人だけです。コンタドール、置いて行かれた……?

そこから、チャベスがちょっと飛び出しました!
そして、シェリーを抜いていきます。


キンタナがチャベスの隣に並び、キンタナとチャベス、コロンビア対決!
そのキンタナの後ろにフェルナンデスとバルベルデ

すると、ここで誰かが、チャベスたち4人に追いついてきます。
あれは誰?
鳥だ。飛行機だ。いや、フルームだ!!!
すごい、追いついてきた。



山頂ゴールまで、残り300m。
ジェニエ、逃げ切れるか……?


モビスター、ここでフェルナンデスがアタックをかけます。
すごいスピード。
でもジェニエには、追いつきません。


残り50m。
ステージ優勝は、ジェニエ!!


そこから、21秒遅れて、2位は、モビスターのルーベン・フェルナンデス!明日のマイヨ・ロホは彼になりました!!

3番手はバルベルデ
フルーム4位、5位がチャベス
次いでキンタナ、アントン、サンチェス、コンタドールは9位です。10位がブランビッラ。
クライスバイクは、かなり遅れてしまったみたい……。




昨日の感じから、もうちょっと追いついたステージになるかなと思っていたのですが、特にラストの1kmで、ものすごくハラハラどきどきしたステージでした。


それと、
ペローは、敢闘賞をとりました!!
よかった!!

Amazon.co.jpアソシエイト