読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

明日はリオの男子ロード!

暑さにばてていたら、あっという間に四年に一度のレースがやってきてしまいましたね!
まだ!湾岸クリテのこと書ききれてないのに!ないのに!!

そんなことを言っていても、レースは待ってくれないので、今日は、明日のリオのレースのことを書くのです!


テレビでの中継はないようなのですが、ネットでは中継してくれるそうなので、それで見るしかありません。でも、あくまでも現地映像。日本語解説はないそうです。
解説ないのは寂しいけど、自分のロードレースの知識総動員して根性いれて見る!


日本のいろんな新聞社や放送局のホームページの選手一覧を見ても、海外の選手誰が出るかの一覧とかは見られないみたいで、どうしようって思っていたのですが、
「ロードレース 五輪 選手一覧」とかでぐぐったら、グーグルは全部載せてくれてた。さすが。


リオのコースは237.5kmなので、こないだのツールの最長ステージである第4ステージと一緒です。
長っ!
今回のコースは、山はきついし石畳はあるし距離は長いしっていう、「よし!有名レースの有名どころ集めてみよう!」ってやったらおそろしくきついコースができた、って認識しています。

最初、2kmの石畳や2kmくらいの登りが2つあるところを4周して、そっから今度は山岳を3周するステージです。山を周回するので、当然下り含みます。
最後は、平坦区間ゴール、なのかな……?
ちなみに、この最初の周回区間は、TTのコースでもあるそうです。


そういえば今、本当に今気づいたんですけど、
……ブラジルって今、冬?


冬って、基本、サイクルロードレース、オフシーズン……。
どういうコースになってるのか、まったくもって想像ができない。

ただ、コースからして、登り下りと、あと石畳が得意な選手が強いってことだと思っています。あ、そういや風の情報がない……。海岸沿い走るからな、海風って強いもんな……。

う〜ん。
本当に、日本語解説欲しかったです。
レース観戦一年未満の初心者には厳しいレースだぞ!!



五輪は、最大でも一国5人までなので、戦略もかわるそうです。いつもみたいなトレインは組めないですしね。
ちなみに、5人の国は、スペイン、コロンビア、イタリア、イギリス、ベルギー。
4人出場が、オランダ、フランス、スイス、チェコ、ドイツ、などなど。


ただ、キンタナ(コロンビア)は、ツールで出たアレルギー症状治療のために出場を辞退。
コンタドール(スペイン)は、ツールでの落車の捻挫の影響、ティボ・ピノー(フランス)も、欠場。
うう、残念だな。みんな優勝の可能性がある選手だと思っていたのに。


スペインがね、全員名前知っている選手だったので(ホアキンバルベルデ、エルビーティー、ヨン・イサギレ、カストロビエホ)選手層の厚さすごいなと思ったのですが、逆にこうスター選手ばっかりだと、誰をエースにするかとかでもめないのかなってちょっと心配です。

チームワークと人数で考えると、コロンビア(ウランチャベス、パンタノ、エナオ、ロペス)とイギリス(フルーム、ゲラント・トーマス、アダム・イェーツ、イアン・スタナード、カミングス)が期待値高いなあって個人的には思っています。
両国の有力選手、自分のチームじゃなくても同郷の選手が勝つと、かならずコメントやインタビューで「おめでとう」とか「後輩が(先輩が)勝ってくれてうれしい」みたいな発言があるので、みんなそういう仲間意識強く持っているのかなあと思っていたので。

ツールでイェーツの走りをフルームはほめていたし、パンタノの勝利をキンタナは喜んでいたのが印象に残っているのですね。
ただ、キンタナが急に出られなくなったから、ちょっとコロンビアは混乱があるのかなあ……。

それと、山と下りと石畳ってことで、イタリアのニバリも有利かなって思っています!
フランス(バルデ、アラフィリップ、バルギル、ヴュイエルモーズ)は、みんな可能性ありそうで、逆にだれか一人を選べない……。

また。
そりゃ、私も日本人ですので、新城幸也の活躍はとっっっっっても期待してます。


いろんな意味で予想ができないレースなのですが、とにかく私は、いつもと違うウェアの選手を見分けることに、全力を尽くそうと思います!!




あとタイムトライアルレースの方は、石畳があるのでラストシーズンのカンチェラーラ(スイス)に活躍してほしいところなのですが、結構登りが大変なので、フルームも有利だなあと思っています。
ツールで骨折したデュムラン(オランダ)が勝ったらすごいけど、骨折……痛いだろうなあ……。
トニー・マルティン(ドイツ)は、ツール最終日、足の痛みで棄権していて、リオに入ってからも恐る恐る練習しているような感じなので、ちょっと心配です。



なにはともあれ!
明日の夜!いよいよ、リオ五輪サイクルロードレース、男子のレースです!!

Amazon.co.jpアソシエイト