読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2016 第20ステージ

決戦の日です。
山のあとに、下りのステージ。
そして、また雨のステージです。


逃げ集団がつくられますが、もうティンコフのマイカはいきません。昨日ポイントを貯めまくったので、ゴールさえすれば、山岳賞は確実だからです。

でもティンコフのサガンは、逃げにのります。
そんで、途中の登りとかで、チームメイトのクロイツィゲルのアシストとかします。
不思議なサガン


そして、もう山岳賞はたぶん難しいロット・ソウダルのデヘントは、それでも今日、逃げに乗って山岳ポイントを1位通過していきます。
あと今日も今日とて、イアム・サイクリングのパンタノも逃げにのっています。

そして、キャノンデールのピエール・ローラン。
昨日、ステージを狙っていたレースの勝負所で落車ししまい、「……ローラン、明日走るのかな……?」って思うくらい、気持ちが切れちゃっていたのですが、今日、逃げにのって走っていました。
偉いな。プロだな。かっこいいな。


残り、56km地点。
モレマがポロトンから遅れます。
現在総合10位なので、そこからも脱落してしまいそう……。
やはり、昨日の落車の影響でしょうか。


一方そのころ先頭集団では、同じく56km地点くらいから、デヘントが先頭集団の中でアタックをして、単独先頭にたちます。それを、ランプレ・メリダルイ・コスタが追っていきます。
ちょっとして、ピエール・ローランがそこに追いついて、コスタに合流。
デヘント、ちょっと距離があって、コスタとローラン、そこからさらに後ろに追走集団、という位置関係。
そして、そこから3〜4分後ろにメイン集団って感じの状態で、今日三つ目の山岳である、1級山岳を目指していきます。

1級山岳、デヘントがとりました。
33秒おくれて、コスタとローランが通過します。

下りにはいります。大雨の下りです。
あ、やっぱりパンタナが追いついてきました。クロイツィゲルも追いついてきます。
ローランが、ちょっとビビってる感じです。昨日下りで落車したばっかりでだから、きっと怖いんだろうなあ。



残り45km地点。
まだ下っています。パンタノがデヘントに追いついて、あっという間に抜かしてしまいます。
この雨のなかで、あの下りをできるガッツに乾杯!!

ローラン、完全に置いていかれます。


残り43km。
先頭のパンタノに、これまたもともと逃げ集団にいたエティックス・クイックステップのアラフィリップが追いつき、先頭は二人に!
まだ下っていきます。


残り35km地点。
先頭、パンタノとアラフィリップのまま。
追走集団とは、40秒差くらいです。
映らないからわからないけど、レースの流れからして、クロイツィゲルとかコスタとか、デヘントがこの追走集団にいるはずです。



残り28km
先頭は、まだアラフィリップとパンタノの二人です。
その二人を、1分10秒差で追っている追走集団は、7人。
クロイツィゲルルイ・コスタ、そしてアスタナのニバリ、モビスターのヨン・イサギレ、スカイのエナオモントーヤ、あとロットNLユンボのケルデルマンです。
ローランは、追走集団のさらに15秒くらい後ろにいます。ザカリンと一緒です。

残り25km
追走集団に、ローランとザカリンが追いついて、9人になります。


残り23km
先頭の二人が、最後の登りに入っていきます。
これを登りきって、下りたところがゴールです。
追走集団との差は、1分39秒です。メイン集団とは、6分くらい。
ものすごい雨です。


残り21km
先頭と追走集団との差は、1分45秒です。
こちらも登りに入ったメイン集団が、ペースを上げてきました。オリカが中心で引いています。
先頭のパンタノとアラフィリップとの差は、5分35秒です。
しかし、このペースについていけず、アスタナのエース、アルーが遅れます。
どうやら、このタイミングでハンガーノックになってしまったみたいです……。
ええと、ハンガーノックってのは、一言でいうと「お腹すいて力でない」みたいな状態です。
糖がたりないんだったかな?この状態で走りつづけると、真面目に危険なんです。


残り20km。
レックの誰かが、がメイン集団でアタックをかけます。
……って、あれ、モレマ!!?
追いついたんだ。メイン集団に追いついてたんだ……!!ちょっと感動。涙でそう。

残り19km
今度は、追走集団の中から、ニバリがアタックをかけました!!
誰も追いかけません。
アスタナの監督が、アルーの失速をニバリに伝え「もう行っていいよ!」って伝えたそうです。
いけいけニバリー!!


残り18km。
先頭のパンタノ&アラフィリップと、ニバリとの差は45秒。追走集団はその20秒後ろです。
モレマは飛び出したまま、集団と20秒差くらいです。


残り17km。
まだ登り。
パンタノが遅れそうです。でもまだがんばってアラフィリップについて行きます。
ニバリは、約30秒後ろにいます。差が縮まっています。
速い……!

一方、追走集団ではクロイツィゲルとローランが遅れました。
メイン集団では、ホアキンが飛び出しました!モレマに追いつき、すぐに抜かしていきます。
モレマは、メイン集団に吸収されてしまいました…。もう雨!いい加減降るのやめてあげて!!


残り16km
パンタナが遅れた!
そして、ニバリがパンタナの背中をとらえました。

って、ここでパンタノのアタック!?
アラフィリップを抜かしました。
アラフィリップが「へ?」って顔をして、慌ててパンタノの後ろにつきます。
……ニバリがそんなに怖いのか?

一方、メイン集団では、モレマが遅れていきます……。


残り15.5km
ニバリが!!追いつきました!!!
ちょっとすごい、ニバリすごい……!
ニバリが先頭で、3人で登っていきます。

残り15.5km。
山頂まで、残り3.2km。
ニバリ、ペースを上げて突き放します。

ニバリ、単独先頭!!

残り14.5km。
ニバリがシッティングで登っていきます。
アラフィリップとパンタノとは、もう20秒差をつけました。
ここで、モビスターのイサギレが、アラフィリップとパンタノに追いついてきました!
イサギレ、二人をかわしていきます。
ついていくパンタノ!遅れるアラフィリップ!

一方。メイン集団から抜け出したホアキンは、前から下りてきたザカリンと合流して、二人で登っています。

残り13km。
山頂まで残り1.1kmのところで、イサギレとパンタノが、ニバリに追いついていきました!
アラフィリップは、この3人の45秒後ろです。離されてしまいました……。

残り12km。
先頭グループ、山頂通過!!パンタノ、ニバリ、イサギレの順です。
でも、すぐに下りません。
平坦が少しあって、もっかいちょっと登って、それから下りです。
ちなみに、この時点で、メイン集団と先頭の差は3分を切っていました。
いつの間に……!

残り9km。
きました!ラストの下り!!雨の中の下り!!
イサギレを先頭に、3人並んで下っていきます。
うわ、急カーブ。あああああ!パンタノ、そっち崖、崖!!!
あ、あぶなかった。パンタノが崖から落ちかけていました。
でも、下りといったらニバリの代名詞ですし、またパンタナは今ツールで下りの名手として一躍有名になったので、これはこの二人の争いでほぼ間違いな……。


……って、あれ?イサギレ。ものすごく速い……。
イサギレ、あっとう間に、単独先頭になりました。


総合勢では、ホアキンがメイン集団より20秒はやく下りに入りました。
ザカリンは仕事を終えて後ろにさがったので、ホアキンは一人です。


残り3km。
イサギレ先頭。25秒差でニバリ。
パンタノは、どうやらイサギレとニバリの間?タイムが出ないのでわかりません。

残り1km。
イサギレ、下りの勢いのままフラムルージュを通過しました!
大雨の中、ゴールに向かいます。

残り500m。
なんども後ろを振り返るイサギレ。
後ろから、誰もこない!

振り返るごとに、笑顔になっていくイサギレ。
そして、両手をあげて、大雨の中、笑顔でゴール!!
ステージ優勝は、ニバリとパンタノ相手に下りを制した、モビスターのヨン・イサギレ・インサウスティー!!

2位は、パンタノ。悔しそうにゴールを通過していきました。でも、今日の敢闘賞はパンタノだから!!
3位は、下りがふるわなかったニバリ。昨日の落車の影響かな……。でも、ニバリのおかげで登りはとっても盛り上がりました!
4位は、かなり差を縮めてきたアラフィリップ!ニバリのほんの数秒後ろでした。
5位は、ルイ・コスタ!一緒の強調してゴールまできたクロイツィゲルは6位です。
7位は、ロットNLユンボのエース、ケルデルマン。途中怪我をしたみたいで、血がでてました。
8位は、ホアキン・ロドリゲス!大きく息をついて、スピードを緩めずにゴール!!
ああ、明日は、ホアキンの最後のツールのレースなんですね……。


やがて、メイン集団がやってきます。
スピードをげてゴールしていく、ダニエル・マーティン、バルデ、キンタナ。
1秒くらい遅れて、バルベルデ、アダム・イェーツ、ランプレ・メリダのメインチェス。

そして、そのほんの数秒後ろから、
アシストに守られたクリス・フルームが、小さく微笑みを浮かべて、ゴール!!
ほぼ、これで、決まりです。


そして、アルーは、アシストと一緒に先頭から17分以上遅れてのゴール。
……ここまで遅れるとは……。
ハンガーノックってこんなに影響あるものなんだ……。


ツールは、最終日では総合順位は争わないはず、なので、総合順位は、もう今日でほぼ確定となります。

1位は、チームSKYのクリス・フルーム
2位バルデ、3位キンタナ。
4位は、マイヨ・ブランもほぼ確定の、アダム・イェーツ。5位はリッチー・ポートです。
6位は、バルベルデ。アシストなのに6位のバルベルデ
7位は、今日の走りで順位をあげたホアキン・ロドリゲス
8位は、ランプレ・メリダの若手、メインチェス。9位、勝負勘の良さが光る、ダニエル・マーティン。そして、10位がクロイツィゲルです。


そして今日、本年のツールの総合敢闘賞が決まりました!!
今年は、お客さんの投票と、審査員の投票が組み合わさって決まったらしいのですが、
総合敢闘賞は、ティンコフのピーター・サガンです!!
ちなみに、お客さん投票の1位は、パンタノだったそうです。

うん。どっちの主張も分かる!!



いよいよ、明日でツールは終わりです。
今年は、テロの影響もあって、もしかしたら最終日はレースをやらない、もしくは場所を変更する、などの話が出ていたそうなのですが、
最終的に、今まで通り、パリで最終ステージをやることが発表されました。
このまま、何事もなく、無事にツール・ド・フランスが終わりますように!!


そういえば、今日は下りが勝負どころだったので、ずっとうきうきだったのですが、勝負どころの前に、私の心を鷲掴みにした素晴らしい下りがありました。

ツールのレース中継中、時折はさまれる、「レジェンド特集」。
その日走っているコース場所で、過去にレースが行われた際に活躍した選手をピックアップした、短い特集コーナーが時折流れるのですが、本日、目を剥くレジェンドがいました。
リシャール・ヴィランク
彼の、下りのカーブ。
猛スピードで走ってきて、ものすっごい角度で体一気に傾けて、インコースで曲がっていくんです。
大げさでなく、本当に部屋で「えええええ!!?うそぉぉぉ!!」って叫びました。
なんじゃあれ!!?なにあの角度!信じられない。あそこまで体を傾けて曲がれるんだ。

いろんなすごい選手が、過去にもたくさんいたんですね。
私が名前を知っている選手なんて、その中の、ほんのちょっとなんだろうな。

Amazon.co.jpアソシエイト