コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2016 第19ステージ

今日は、天気の悪い山道でした。

今日は、逃げてステージ優勝を目指す山岳系の選手や、山岳ポイントが欲しいマイカやデヘントなど、20人くらいで逃げていました。
マイカは着実にポイントをため、また今日最初は頑張って山岳1位通過をかしていたデヘントが遅れたため、山岳賞はかなり確実にちかいものにしていきます。

そんな中……。
デュムランが……落車でリタイアしました。

特にカーブとかのない、登りの途中で、前方の選手がバランスを崩したのに巻き込まれたようです。
落車し、一度自転車に乗り直したものの、リタイア。
救急車で運ばれました。
手首を痛めたらしいです。オリンピック……大丈夫かなぁ……。


残り46km地点で、
ピエール・ローランとルイ・コスタが、逃げ集団から飛び出します!!

だた、このへんから、雨の影響がじわじわと。

しかし、残り41km。
ピエール・ローランが下りで落車します!!
コスタの単独先頭になります。


残り20km。
追走集団はメイン集団に吸収されていき、コスタとプロトンとの差は、約1分です。
プロトンは、アスタナとオリカがひいています。


ただ、この前後から、みんなぞくぞくと転び始めます。
ポート、モレマ、ケルデルマン、ナバロ……。
雨の下り坂は、本当に危険です……。


残り11km。
下りが得意なバルデが、チームメイトとシェレルとふたり、集団から抜け出しました!

このとき、メイン集団でフルームが落車!!後ろからニバリも滑って落車!
二人とも、下りの道路のど真ん中の白線ですべりました。

フルームは、ゲラント・トーマスからバイクを借りて走り始めます。



残り9km
依然、1位はルイ・コスタ
40秒ほど遅れて、シェレルとバルデ。
そこから約1分差で、メイン集団においついたフルームたち。
モレマは、それからさらに後ろです。まだ落車の遅れを取り戻していません。


残り8.4km。
先頭ルイ・コスタ
バルデが一人で、25秒差のところを走っています。
そこからやく55秒差くらいで、フルームがいるメイン集団。


残り7.8km。
バルデがルイ・コスタに追いつきました!!二人で走り出します。
っていうか、バルデに頑張ってコスタがついていきます。コスタ、まわりません。
いいや、たぶん、まわれません。
集団との差は、1分20秒くらいです。


残り7km。
メイン集団で、アスタナのディエゴ・ローザがペースをあげて引き始めました。
あっという間に、先頭との差が50秒に縮まっていきます。


残り6km。
先頭の二人と集団との差は、40秒です。
ディエゴ・ローザ、はやい……!!

総合2位だったモレマは、途中落車した影響で、たった一人で集団のさらに後ろから登っていきます。集団からは、約1分差……。

残り5km。
まだ、バルデ&コスタとメイン集団との差は40秒差です。
今度はBMCのカルーゾが集団の先頭にたち、ペースをあげていきます。

残り4km。
ここで、BMCのカルーゾのアタック!!すぐにスカイのエナオモントーヤがチェック。
けれど、フルームの横からキンタナがあがってきます!
アタック合戦がはじまるか……!?ってことは、やっぱり前に来た、ダニエル・マーティン!勝負所でかならずアタックをしにくる男!!

先頭との差は、約30秒。



残り3.5km。
いよいよポートのアタック!エナオがチェック。
その隙をつき、ダニエル・マーティンがアタック!
マーティンは集団からちょっと抜け出します。


そして前方では、バルデがアタックをしかけました!!
一瞬で、ルイ・コスタを引き離します。



残り3km。
BMCのリッチー・ポートと、モビスターのナイロ・キンタナのダブルアタック!!
ああ、でも全然引き離せません。すぐに吸収されてしまいます。
今度はホアキンがアタック!集団の前に出ます。



残り2.3km。
メイン集団を率いる形になっていたホアキンダニエル・マーティンに追いつきました。
先頭は依然バルデ、集団との差は、30秒です!!


残り1.7km。
集団が2km地点を通過したところで、またリッチー・ポートとキンタナのダブルアタック!!
ポエルスがチェックに行くけれど、フルームが遅れそうな雰囲気を醸し出してきた、っていうところで、
アスタナのアルーがでてきて、そこで大きくアタック!!

先頭との差は、40秒。
バルデ〜!!勝てるよこれ!!


バルデ、残り1km。
メイン集団では、バルベルデがキンタナを連れてアタックをかけ、アルーに追いつきます。
フルームが遅れだします。
ポートは、完全に遅れました。
あ、ホアキンがアタックしている!


そして、その少し前の方で、笑顔で勾配9パーセントの坂を登っているバルデ!!
ゴールまで、残り200mです。


残り100m。
勾配11パーセント。きつい坂を登りながら、小さくガッツポーズするバルデ。

そして、大きく両手を握りしめ、
アーゼードゥーゼルのロメン・バルデ、ステージ優勝!!
今ツール、フランス人初勝利です!!


さあ、間をおかず、後ろでメイン集団の攻防です。
先ほどホアキンのアタックが効いていて、ホアキンが2位、3位がバルベルデです。そのすぐ後ろが、ランプレメリダのメインチェス、ナイロ・キンタナの順番でした。

フルームは、アシストのポエルスに連れられ、バルデから36秒遅れてゴールしました。
ゴールのボーナスタイムがあるので、バルデは46秒、フルームとのタイム差を縮めたことになります。
また、現在総合2位だったモレマが最終的に4分ちかく遅れていて、なおかつアダム・イェーツもフルームより後ろでゴールだったため、
ロメン・バルデ、本日総合2位に浮上しました!!
総合3位はキンタナです。


よかったねえフランス。
やっぱり、フランスのレースだから、だれかフランス人に一つくらいステージを取って欲しいと思っていたのですよ。


フルームの落車の影響は心配ですが、骨までとどくような大変な怪我はなさそうなのが不幸中の幸いでした。
フルームに限らず、ここまでみんながんばってきたんだから、なんとか最後まで走りきってほしいです。

Amazon.co.jpアソシエイト