読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2016 第18ステージ

今日は山岳TTの日です。
山ん中一人でがんばって登る日です。

なので、平地のTTが得意なカンチェラーラは、走りませんでした。リタイアです。
朝、Twitterの投稿で知ったんで、夜までにショックはなくなっていた。
オリンピックあるもんね。スイスステージも終わったしね!

わかっちゃいるけど、やっぱりちょっと、切ないですね。
こういう形で、カンチェラーラの最後のツール、終わっちゃうんだなあ……。



今日は、レース序盤は、シカールとか、ヨン・イサギレとかが好調な感じで走っていました。
イサギレが、一時暫定1位になります。


こないだ第12ステージを制したロット・ソウダルのデヘントも好調で、スタートから約10km地点にある第2計測では暫定1位です。
そんでもってゴールでは、イサギレのタイムを1秒上回りました!この時点で1位!!


ただ、やっぱり本命はこの方.
ジャイアント・アルペシンのトム・デュムラン。
もうデヘントのゴール時点では第2計測も終わっていたデュムラン。
その時点で第2計測暫定1位だったデヘントのタイムを、約30秒上回ります。

最終的に、デュムランはデヘントのタイムを40秒も上回って、ゴール!!

ダントツ暫定1位。
デュムランはこの時点で各中間計測地点も、全部1位のタイムを叩き出しています。

いやあ、こりゃもうデュムランで優勝決まりじゃん!!
……って思っていました。



しかし。本日は、山岳TT。
いわゆる、総合系の選手が、ステージ優勝争いにからんでくる日です。

アスタナの、アルー、BMCのリッチー・ポートなどが、TT好調!!
ポートは、第1計測だけなら、デュムランよりも速かったです!!

デュムランのタイムから、それぞれ12秒遅れでのゴールでした。
暫定的に、アルーが2位、ポート3位になります。


反対に、キンタナが、得意な山岳を生かせず、暫定9位。
ホアキンも、途中でバイクを変えるって戦法をとって、チームをあげてがんばっていたのですが、振るわず。



そんでもって、ラスト走者はクリス・フルーム
(ステージレースのライムトライアルは、第1ステージとかでなければ、基本的に総合順位の低い順に走りますので、総合暫定1位のフルームは、最終走者になるのです)
第2計測が機械の故障で、正しいタイム出ていなかったせいで、速かったのに、認識が遅れました。

なんと、フルーム、
デュムランのタイムを、21秒塗り替えて1位でゴール!!

思わず、「嘘でしょ!!?」って声が出てしまいました。



あとから、Twitterであがっていた、区間別タイム差のデュムランとフルームの比較表みたいなのを見たのですが、特にラストの下りが、もうフルームが圧倒的でした。

どうやら、その下りに入る前のきつい坂のところでデュムランが失速したようなのですよね。(そんなデュムランのコメントが出ていたって、実況・解説で話が出ていました)
下りに入るとき初速度の時点で、ちゃんと踏んでいたフルームと失速したデュムランで、かなり勢いが違い、こんなに差がついたのではないかな……、とか思っています。
やっぱり、下り坂、大事。



デュムランのタイムですら、完全に別格だったの、それをさらに21秒上回ってくるなんて……。
フルーム、本っっっ当にすごい!


本日のタイムトライアルの結果、総合争いで、またもやフルームは2位以下の選手たちからタイム差を広げました。
代わりに、昨日よりも2位以下の選手が団子状態です。

2位バウケ・モレマ、3位アダム・イェーツ、4位ナイロ・キンタナ、5位ロメン・バルデ、6位リッチー・ポート。

1位のフルームと、2位モレマの差は、3分52秒あるのですが、
2位のモレマと、6位ポートのタイム差、たったの1分8秒。



マイヨ・ジョーヌ(総合1位)は、落車などのトラブルがなければ、フルームがほぼ確定な感じがしますが、2位以下は本当にわかりません。
マイヨ・ヴェール(ポイント賞)はサガンが圧倒的なポイントを稼いでいますし、
マイヨ・ブラン(新人賞:25歳以下の選手の中で一番総合順位が高い選手)も、アダム・イェーツで決まりな感じです。
マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(山岳賞)は、今の所マイカが173ポイント、2位のデへントが90ポイントで、かなりポイント差はついていて、デゲントががんばってことごとくこの後の山岳1位通過して、マイカが全然振るわなければ、覆るかなっていう差なので、かなりマイカ有利です。もう超級山岳ゴールが残っていないからね。あれとると、50ポイントもらえるし。

残りのツールは、「総合1位はだれ!?」じゃなくて、「表彰台に登る、あと二人(2位と3位)はだれ!?」ってとこに注目してみると、面白いかもしれないです。
あとは、総合敢闘賞を予想するのは、楽しいかも。


ちなみに私の注目は、
20ステージのラストのダウンヒルを制するのは、誰!?
ってとこです。
最後の大幅な下りゴール!どきどき。


明日は、スタートから中継の日なので、レース中継開始時間がちょっと早めです。
……もしできたら、明日はどっかのお店で、ライブビューイングでレースを見てみようかな、なんて思っています。

ただ、どっかの時点で切り上げないと、終わりまで見てたら0時半とかすぎちゃいますから、そこんとこが難しい。
終わりまで見ちゃったら、慣れない夜道一人で帰るの怖いし……。
でも、レースの盛り上がるとこで帰るのやだし……。
グランツールとかを、バーとかのライブビューイング見ている人って、そこんとこどうしているのでしょうか。


あ。そっか。
友達と行って、最後まで見るのか。
で、友達とタクシーとかで途中まで一緒に帰るんだ。

……くすん。

いいもん。
レース盛り上がってるときにお店でても、オンデマンドだから携帯で電車の中で続きみるもん。

Amazon.co.jpアソシエイト