読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2016 第15ステージ

登って下って登って下って登って下るステージ!
1級山岳も2級山岳も3級山岳も超級山岳もあるステージ!

アクチュアルスタートから、ぴりぴりしたアタック合戦だったのですが、最初の1級山岳手前でマイカとザカリンが抜けて、1級山岳はマイカが1位通過。

その二人をニバリ率いる追走集団が追いかけ、結局30人くらいの逃げ集団ができます。
登りで、20秒くらい差をつけていたのに、ニバリはあっという間に追いつきました。
やっぱりニバリの下りは強し。

しかし、現在山岳ジャージ着用中のデヘントはこの追走には入っておらず、遅れてしまいます。
なので、ティンコフのマイカはここぞとばかりに山岳ポイントを取りに行きます!

最初の1級は、前述の通り1位通過、次の2級はなぜか山頂直前で加速しポイントをとりにいったディレクトエネルジーのヴォクレールに続き、2位通過。次の3級山岳も、ディメンションデータのパウエルスに続き2位通過しました。




残り71km地点。
ここで、先頭集団からキャノンデール・ドラパックのファンバーレがアタックします。
続いて、ジャイアント・アルペシンのトム・デュムランも追走集団から抜け出します。

あっという間にファンバーレに追いつき、一緒にいくのかと思いきやふと気づいたら一人で行ってしまいます。

追いかけたのは、ニバリ(アスタナ)、パンタノ(イアムサイクリング)、ポッツォヴィーボ(アーゼードゥーゼル)です。
この3人、そのうちデュムランに追いつき、四人で回り出すのですが、追走集団ががんばって追いかけてきて、結局吸収されます。

そして、みんなで超級山岳へ向かいます。

残り56kmくらいで追走集団がばらけてきて、今度は、そこから、マイカとザッカリンが抜け、二人で協力して超級山岳を超えていきます。

後ろからおいかけてきたのは、エティックス・クイックステップのジュリアン・アラフィリップと、パンタノです。


ここで。
…………寝落ちしました。


目が覚めたら、マイカを後ろにつけたパンタノが、ゴールする直前でした。


下りだったのに!!
大好きな、下りが勝負所のステージだったのに!!


とにもかくにも、下りが得意なパンタノが、最後の1級山岳山頂を一人で越えていったマイカに下りで追いつき、最後の平坦も二人で逃げ、パンタノがスプリントを制し優勝した模様。
山岳ポイントを取りまくったマイカは、本日山岳ジャージをとりもどしたそうです。



……今から、残り50kmあたりから見直します。
くすん。今日まで頑張ってたのに、落車(寝落ち)した。悔しい。







そういえば、寝落ちしている最中に、夢を見ました。


夢の中で、私は高校生だったのですが、
なぜかクラスメートにトーマス・デヘントがいる夢でした。

練習の成果が出ずにグレかけているデヘントに、「あなたはすごい選手になれる!ツールで敢闘賞もステージ優勝もとって、山岳ジャージだって着ちゃうような選手になれる!絶対に大丈夫!!」って励ましている夢でした。


なんでだ。



観戦後追記。


見ました。
あのね!
パンタノが超絶速かったです!!
マイカの後ろにつけているバイクの横を、びゅーんって、びゅーんって、飛ぶように抜き去っていきました!!
すっごくかっこいい。

マイカに追いついたあと、ゴール手前2kmくらいから、マイカはほとんどひいてくれないのですが、パンタノはがんばってひいて、ゴール手前300mくらいでマイカがスプリントしかけてもそれも制して、見事に勝ちました!!


アラフィリップも下り速くて、超級山岳後の下りで、マイカもパンタノも置き去りそうになったシーンがあったようなのですが、機材トラブルとかで途中で止まってしまい、22秒遅れの5位でした。
たしかそこで1分以上ロスしていたはずだから、もしそのトラブルなかったら、アラフィリップが独走勝利していたかもしれません。

レース後、アラフィリップは泣いていたそうです……。
まだ若いからチャンスまだまだあるはずだから、くじけないでアラフィリップ!!

Amazon.co.jpアソシエイト