コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2016 第11ステージ

どうしてなのでしょうか。
今日は、ずっと、ぴりぴりぴりぴりしているレースです。
追い風と横風の猛風の日だからですかね。
それとも、山火事見ながら走るレースだったからですか?
よくわかんないですが。とにかく、ぴりぴりぴりぴり、ってしてました。

ちっちゃい落車が多発して、
90km地点から、ティンコフが横風作戦。
75km地点では、トレックの横風作戦。
60km地点ではスカイのスピードあげあげ作戦。

15か!?15の倍数が好きなのか!!?

がんばっておいつく、横風が吹く、遅れる、追いつく、落車する、遅れる、追いつく、横風がふく、の繰り返しです。
ずっとぴりぴり!!

んーむ。
今日は平坦だから、昨日のプロトン同様、おとなしい感じになるかと思っていたのですが、
なんというか、過激なレースです。
横風ないとき追い風で、全体のスピードが速いのでしょうか?


二人組の逃げもいたけど、スカイが牽引してすぐに吸収。
吸収してからは、ブルドーザみたいに、みんなで道いっぱいで走っていました。
でもやっぱり横風は強くて、落車もしていました。

このまま最後までピリピリしながらいくのかなー。



と。思いきや。

残り12kmを切ったときに、ティンコフのサガンが、チームメイトのボドナールにひいてもらう形で一緒にアタックをしかけます!普通のスプリントバトルにしないつもりなんだ、サガン
そのアタックに乗っかったのは、なんと現在総合1位のスカイのフルームとゲラント・トーマス!


メイン集団はトレックカンチェラーラが中心になって、四人を追いかけます!



残り10km。
先頭の4人と、集団との差は10秒あります!
前の四人は協調してどんどん差を広げていきます。
サガンのステージ優勝を狙うティンコフと、他の総合優勝を狙う選手からタイム差を広げたいフルーム。

プロトンは、エティックス・クイックステップディレクトエネルジーらが中心で、先頭の4人を追っていきます。
エティックスはキッテルのため、ディレクトエネルジーはコカールのため、それぞれ前を吸収して集団スプリントに持ち込みたいチームなのです。

残り6km。
あ!集団の先頭、ロット・ソウダルのアダム・ハンセンだ!ハンドルが狭い鉄人アダム・ハンセンだ!
クリストフの勝利が欲しいカチューシャや、キンタナとフルームのタイム差をつけたうないモビスターも順々に集団を牽き出します。


残り4km。
先頭と集団とのタイム差は、約20秒!


残り3km。
まだ20秒差からかわらず!
この先頭4人、めちゃくちゃチームワークがいいです。
とにかく速い!!


残り2km。
15秒!ちょっとだけ詰まってきました。
集団はジャイアント・アルペシンが引いています。

ほぼ完全に、ティンコフ&スカイVSその他のチーム。

残り1km!フラム・ルージュはボドナールが先頭で入ります。

残り800m
ゲラント・トーマスが先頭。
残り500m。
トーマスの仕事は終わり!フルームがいきます!
残り400m
フルーム、サガン、ボドナールの順番。フルームとサガンは後ろとの差を確認します。
残り300m。
ボドナールが先頭!その次がサガン、後ろがフルーム。
残り150m。
フルームが腰をあげてスパートをかけます。
それをちらりと見たサガン
さっと腰をあげて、慌てず騒がず冷静にダンシング。
残り100m。
たった3秒くらいののゆったりとしたダンシングで、サガンはフルームの前にでます。
サガン、体が一切ぶれず、自転車だけが左右に揺れてます。
スプリンターの体の使い方って、本当にすごいんだな……。

そのまま余裕をもって、サガンが優勝!
普通のガッツポーズじゃなくて、まるで存在しないゴールテープを切るかのように、胸からゴールしていました。
ゴール切った瞬間の、振り向いて後ろを確認していたフルームは2位。
サガンよりもちゃんとしたガッツポーズをしたボドナールは3位でした。
集団先頭のクリストフは、4位です。


最後の最後で、すさまじい盛り上がり方をしたレースでした。

実は今日、仕事とは別に個人的に目指しているもののコンテストの結果がでて、それが自分の思ったような結果ではなかったので、かなりテンション低い状態で観戦をし始めていました。

でも、サガンのアタックが決まったときには、一瞬何もかも忘れて、見入ってしまいました。
誰かが、本当に全力で戦っている姿って、他のどんなものよりも説得力がありますよね。
わたしも、がんばろう。


でもとりあえず今日はもう寝て、明日にそなえるのです。
おやすみなさい!

Amazon.co.jpアソシエイト