読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2016 第8ステージ

今日は、最初の山岳が超級山岳からはじまり、ゴールは1級山岳を下った先にある、下りの多い山岳ステージです。


本日、中間ポイントを過ぎてから形成された、逃げグループの選手は、こちらの三名。

ラファウ・マイカ(ティンコフ)
ティボ・ピノ(エフデジ)
トニー・マルティン(エティックス・クイックステップ

豪華!!
登るときはマイカとピノがメインでひきます。
まあ、この二人とトニー・マルティンだったら、上りではマイカとピノに軍配があがりますからね。
下りでは、マルティンもひきます。

どっちかっていうと、今日は見晴らしのいい下りが多いコースだったので、上空からプロトンを映している映像が好きでした。
だいたい同じくらいの間隔あけて、たくさんの選手が速いスピードでどんどん下っていくんです!ときめく!!

超級山岳、2級山岳と、ピノが1位通過をして行きます。

集団とのタイム差は、だいたい2分20秒くらいかな、そのくらいをキープしていたのですが、段々とスカイのコントロールで、メイン集団が差をつめていきます。


残り43km。
ほぼ後ろに集団が見えてきたところで、マイカがスピードをあげます。
ついていけず、トニー・マルティンとティボ・ピノが遅れます。

すぐ後ろに迫るメイン集団。
あっという間に、トニー・マルティンとティボ・ピノーが吸収されます。
結局マイカも、残り42kmぐらいのところで集団に飲み込まれてしまいました。


あ。
ピノがメイン集団についていけない。

せっかく今日がんばっていたのに、これでは他の総合の選手たちと、タイム差がついてしまいそうです。
やっぱり、調子が悪くて、うまくペース配分できずに疲れちゃったとか?
でも、逃げのとき山頂ではアタックとかかけていたしな。
……う〜ん、よくわからない。

メイン集団は前方集団となり、スカイのコントロールですすんでいきます。


ちょうど先頭が残り40km地点にさしかかった頃、悲しいお知らせが入ります。
カチューシャのモロコフが、本日リタイアしてしまいました。
実は、今日、この第8ステージまで、今年のツールはまだ誰もリタイアしていなかったのです。6ステージ以降、全員でスタートしたのは、ツール史上初のことだったそうで、どこまでこの記録が更新されるか、密かに期待していました。
モロコフは第1ステージで、ゴール直前の大きな落車で、道路の端から端までふっとんだ大きな落車をしていた選手です。
全員で今日ゴールできなかったのは、ちょっと悲しいのですが、
でもあの落車の映像を思い出すと、今日まで走ってたことがすごいことだと思いました。


次の1級山岳の頂上では、ティンコフのクロイツィゲルが山岳ポイントをとりにいきますが、
フルームがなぜかそれを防ぎにかかります。
クロイツィゲルの前にでて、先に山頂を通過し、クロイツィゲルのポイントをワンランクさげます。

フルームは今年も、山岳賞を狙っているのでしょうか。
それとも「昨日集団コントロールしてないのに、山岳ポイントだけもらおうなんて、問屋はおろさないぜ!!」ってことなんでしょうか。


残り30km地点あたりで、ロットNLユンボのエース、ケルデルマンが落車!
幸い大きな怪我はなさそうで、すぐに走り出しますが、下りなので差がついてしまいます。


残り22km。
先頭集団は、30人います。
一番たくさんのこっているスカイが、依然ずっとコントロールをしています。


マイカ、残り21km地点で、先頭集団から脱落。
カンゲルトも脱落。スカイのコントロールは、いつもシビアです。

残り18km。
先頭にいる、スカイのエナオモントーヤがペースアップします!
バルベルデがチェック。


残り17km。
今度はチーム・スカイのエースのクリス・フルームがアタックに行きます!!
すぐにチェックされますが、今度はエティックス・クイックステップダニエル・マーティンが攻撃!
すぐさまフルームがチェックに向かいます。
次は再び、エナオモントーヤのアタック!
これは、モビスターのエース、昨年のツール総合2位のキンタナがチェック!

一瞬目をはなすと、攻防が入れ替わる激しい展開です。
しかし、攻防であがったスピードについていけず、コンタドールが遅れます。
嗚呼、今日もまた、タイム差がでついてしまう……。


先頭では、今度はアーゼードューゼルのバルデがアタック!
キンタナがチェックします。
そのまま続けてキンタナのアタック!
エナオモントーヤのチェックが入ります。


山頂まで残り200m。
集団の人数は、14人に減りました。
ここでフルームが山頂ポイントを取りに先頭にたちます。すぐ後ろはキンタナ。

残り15km。
フルームは、トップで山頂に達すると同時に、そのまま下りでアタックをしかけます!

真後ろにいたキンタナが慌ててチェックに向かいますが、追いつけません!
そのままキンタナとバルベルデが二人で先頭交代をしながらフルームを追いかけに行きますが、
フルームはTTも強いだけあって、ほぼずっとクラウチングポジションで長い下り道を全力で逃げ続けます。


残り3km。
追走集団、先頭独走中のフルームに追いつけません。
ここまで、ずっとモビスターだけが交代しながら追っていたのですが、BMCもモビスターに協力しはじめます。


残り1.2km。
追走集団から、アスタナのエース、アルーがアタックをしかけます!
キンタナがそれを追いかけます!


フルーム、フラム・ルージュを通過!ゴールまで残り1km。
20秒差で追走集団。

フルームは最後の最後まで全力で走り続け、1位でゴール!
見事な独走勝利だったのに、速度を緩めずに、ゴール直前でガッツポーズをしたため、一瞬でガッツポーズが通り過ぎていきました。
でも姿勢は綺麗でした!!
それから15秒差くらいで、追走集団がゴール。
2位は、ダニエル・マーティンでした。
そのあとホアキン、バルデの順位です。

コンタドールやケルデルマンがいる、追走から脱落した選手で構成された三番目の集団は、フルームから1分40秒遅れてのゴールとなりました。



いよいよ総合系の選手が動き出し、本日、マイヨ・ジョーヌはフルームの手に渡りました!
やっぱりフルームが、他の選手に抜きん出て強い印象がありますが、なんとなく今年はキンタナが昨年よりも動いている印象があるので、モビスターの動向も気になるところです。


明日は1級山岳で始まり、超級山岳の山頂ゴールで終わる、ものすごいステージです。
第9ステージのあとは休息日なので、結構激しい争いになるかなって思っています。


あ!明日は、Jsportsさんの中継開始時間がいつもより早く、18:35からのスタートする模様です。
時間注意しなきゃ!


あ。
そういや明日は参議院選挙の日。
私、なんだかんだでいつも選挙日当日の19:00くらいとかに投票所に行くんだけど(20:00まで投票できるから)、明日は先にツール中継が始まってしまう。
早めに選挙行って、心置きなくツール見るぞ!


そして、明日のレースが終われば休息日。
そろそろ私の睡眠不足も大変なことになってきているので(これを書きながら目が半分閉じかけてる)、休息日はしっかり寝ようと思います。

Amazon.co.jpアソシエイト