読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロロン 〜孤独な自転車レース好き〜

2015年2月まで「ツール・ド・フランス」を「ロマンス街道ツアー」みたいな人気旅行企画と勘違いするくらいロードレースに興味がなかった筆者が、一瞬ではハマった自転車レースのことやレース観戦仲間ができるまで(希望)を記すブログ(注:私はレース走りません)

ツール・ド・フランス 2016 第2ステージ

今日は、一応平坦ステージらしいのですが、ラスト3.4kmに厳しい坂があって、そのあと一瞬平坦があり、そして残り700m地点にもう一回きつい坂がある、というステージです。

平坦っての言葉の意味を!もっと!大事に!!

サガンや、マイケル・マシューズのような、登れるスプリンター、というか、パンチャーというか、そういった選手向けのコースだと思われていましたが、どうやら思ったよりも上りがきつく、もしかしたら山岳スペシャリスト有利かも、とかも言われていました。



今日は早々に逃げが決まり、ボーラ・アルゴンのベネデッティとポール・ヴォス、フォルテュネオ・ヴィタルコンセプトのブリーン、そして、トレックセガフレードのストゥイヴェンの4人が逃げていました。それを集団が追う、というのが、本日の基本的な流れ。


……今日とて、残り120km地点あたりで、集団落車がありました。
ホアキンとか、フルームとか、ルイ・コスタが、巻き込まれたようでしたが、
幸い、大きな怪我はなさそうでした。


途中で横風を意識して集団のスピードがあがったりしながらも、概ね大きな変化なくレースは進みます。
前方では、残り25km地点で、ベネデッティが遅れます。
逃げは、ヴォス、ブリーン、そしてストゥイヴェンの3人に。
そのまま3人で逃げ続けます。


残り10km地点。
まだ逃げています。
約2分25秒差。

……おや?
これ、逃げ切りも視野にいれるレベルになってきているのでは……?


そして、残り8.6km地点で、トレックセガフレードのストゥイヴェンがアタックを仕掛けます!
そのまま単独で先頭へ!
一気に逃げ切り勝利に王手をかけていきます。


追いかけるメイン集団。メインでひくのはBMC!


先頭、残り5km。
ここで、リッチー・ポート、パンク。
うわああ!せっかくBMCがメインでひいていたのに!
なんて、ついてない……。


残り3.4km。
ストゥイヴェンが、上りに入りました。
ストゥイヴェンとメイン集団との差は、約1分20秒。


残り2km。
差は40秒。


ついにフラム・ルージュ。残り1kmです。
でも、スティヴェンのすぐ後ろに、ティンコフ率いるメイン集団が迫っています。
集団をひいている、あのナショナルジャージは……。
チェコ王者の、ロマン・クロイツィゲルだ!

そして、最後の700m。
ラストの上りへ!
まだストゥイヴェンが先頭!

残り500m。
ついに、ストゥイヴェン吸収……!

ああ!でもがんばった!超がんばった!
今日は文句無しであなたが敢闘賞だよ!!



さあ。最後の戦いです。
集団先頭はティンコフ。
ここまでひいてきたロマン・クロイツゥゲルが役目を終え、先頭からはずれます。
そして、ペーター・サガンが集団の先頭へ!
徐々に様子を見ながら、スプリントに入ります。

すると、サガンの真後ろにつけていた、エティックス・クイックステップのアラフィリップがサガンの右側から前に躍り出ます!
ああ!またサガンはステージ獲れないのか……!?

しかし、抜かされたサガンは、すぐさまアラフィリップの真後ろにつき、
そして、そこから再び加速!
アラフィリップのさらに右側から、一気にスパートをかけて、
見事、アラフィリップを振り切り、サガンの勝利!!!
アラフィリップは2位でした。


うわああ!すごい!!
前方からの映像で見ると、一旦サガンはスプリント集団の中に沈んだかのように見えたのですが、
そこから、ぐぐぐ!と再び先頭にあがってくるサガンの速いことかっこいいこと!


あ。何気にモビスターのバルベルデが、3位にいた。

4位は、これまたエティックス・クイックステップダニエル・マーティン
登れるスプリンターのマイケル・マシューズは5位でした。


最後の最後で、一気にもりあがったレースでしたね!
ストゥイヴェンの逃げ切り勝利になるかって思って、どきどきしていましたが、
最終的に、前評判通りにサガンが勝ちました!


……あ。

昨日、サガン3位だったから、
サガン、明日、マイヨ・ジョーヌ着るんだ!!?



ちなみに、サガンは今日、どうやら前に逃げていた選手を自分たちの集団が吸収したことに気づかず、自分は3位争いをしていたと思っていた模様。
どうりで、ゴールしたときにガッツポーズをしなかったわけですね。
インタビューでも、「自分が優勝したと聞いて驚いた」って言っていました。

あの走りが3位争いのつもりだったなんて。
こっちもびっくりしました。
それだけ今年も、マイヨ・ヴェール狙っているってことですかね。


ストゥイヴェンは、新人賞と、あとちゃんと敢闘賞ももらっていました。
悔しかったとは思うけど、ちゃんとあの果敢な走りが評価されて、よかったよかった。

あと、新城選手は166位で、本日も無事にゴールしたそうです。
よかったよかった。

Amazon.co.jpアソシエイト